クラウドソーシング

 

  • 1度は退場した犯罪報告アプリVigilanteがCitizenとして復活、「事件報告」ボタンは削除予定

    1度は退場した犯罪報告アプリVigilanteがCitizenとして復活、「事件報告」ボタンは削除予定

    Vigilante(自警団員)アプリを覚えているだろうか?この論争を呼んだ犯罪報告アプリは、リリース後間もない昨年の11月にAppleStoreから追い出された。Appleが、このアプリは一般市民を所謂…自警主義(vigilantism)に巻き込むと判断したからだ。そのアプリが、異なるブランドとして戻ってきた。ニューヨークで運営が始まった新しい”Citizen”… 続きを読む

  • 自動運転車のためのリアルタイム道路状況地図技術でHereとMobileyeが協働

    自動運転車のためのリアルタイム道路状況地図技術でHereとMobileyeが協働

    自動運転の分野ではこのところ、複数の企業による共同開発という傾向が多く見られるようになった。Nokiaからスピンアウトした地図スタートアップHereは、コンピューターヴィジョン用のチップやカメラなどを作っているMobileyeと協働し、自動運転技術の重要な要素であるマッピングサービスのサポートで、コラボレーションしていくことになった。 続きを読む

  • Netflixの挑戦にヒントを得て、クラウドソーシングに乗り出すべき5つの業界

    Netflixの挑戦にヒントを得て、クラウドソーシングに乗り出すべき5つの業界

    Netflix Prizeという名前で知られるようになったその挑戦は、初のこの種の大規模なクラウドソースコンペティションだった。 私がNetflix Prizeの賞金100万ドルを手渡してから、およそ10年が過ぎようとしている今、私は新たに5つの業界が、自らの「Netflix Prize」を募るべきときだと考えている(著者は2009年4月から2010年4月にかけてNetflix Prize担当者だった)。こ… 続きを読む

  • Google Mapsのクラウドソースの地図エディティングツールMap Makerが閉鎖、Local Guidesへ移行

    Google Mapsのクラウドソースの地図エディティングツールMap Makerが閉鎖、Local Guidesへ移行

    【抄訳】
    2008年以降、Google Mapsには、世界中の誰もが地図データを寄与貢献できるツールMap Makerがあった。そのツールが、閉鎖される。Googleはこのプロジェクトのフォーラムで今日(米国時間11/8)、独立のプロダクトとしてのGoogle Map Makerは2017年3月に撤退する、と発表した。しかしGoogle Mapsへのクラウドソースの寄与貢献が終わるわけではなく、それらはGo… 続きを読む

  • Crowdsourceはユーザーが無償でグーグルサービスの向上に貢献できる新アプリ

    Crowdsourceはユーザーが無償でグーグルサービスの向上に貢献できる新アプリ

    Crowdsourceという名の新しいアプリがグーグルプレイにひっそり登場した。ユーザーはこのアプリを使って、グーグルのサービスの質を向上させるためのちょっとした仕事をするが、それは地図や翻訳、画像中の文字を起こす作業などだ。驚いたことには、このアプリにはユーザーの仕事に対するちょっとした報酬・対価といったものが全くない。しかしながらこのことは、このアプリが、例えばアマゾンのMechanical T… 続きを読む

  • ZTEは今度発売するスマートフォンの仕様とデザインをクラウドソーシングする

    ZTEは今度発売するスマートフォンの仕様とデザインをクラウドソーシングする

    スマートフォン市場で目立つことは難しい。ZTEの場合、最近の主な戦略は価格だった。この前はついに、お値段99ドルのAndroidファブレットまで出した。でも、そんな値下げ合戦は、山の頂上を目指す競争というより、山から転がり落ちて誰がまっさきに谷底まで落ちるか、の競争になってしまう。 そこで、この中国のスマートフォンメーカーはこのたび、外部からお知恵をいただく、という戦法に出た。今日同社がローンチを発… 続きを読む

  • Google Mapsが各種の場所情報を一般ユーザーからクラウドソーシング、10億人の編集者がいる地図出版事業だ

    Google Mapsが各種の場所情報を一般ユーザーからクラウドソーシング、10億人の編集者がいる地図出版事業だ

    Googleの今朝(米国時間7/21)の発表によると同社は、ユーザーの力を借りてGoogle Mapsを改良しようとする動きを、さらに強めていく。それは、いくつかの新しい機能によってユーザーがもっと容易に詳しい位置情報を共有できるようにしたり、ほかの人が提案した編集の正否を確認できたり、というものだ。すでにこれらの変化を経験しているユーザーも多いが、今日Googleはそれらをオフィシャルにして、より… 続きを読む

  • Q&Aの答よりもやや長くて詳しい情報を、創立10周年近いStackOverflowがドキュメンテーションのクラウドソース化に挑戦

    Q&Aの答よりもやや長くて詳しい情報を、創立10周年近いStackOverflowがドキュメンテーションのクラウドソース化に挑戦

    Stack Overflowは2008年の発足から今日までに、プログラミング関連の質問をする場所の定番のようなサイトに育ってきた。そして今回同サービスは、そのコミュニティの力を利用する新しいプロダクトを立ち上げようとしている。それはピアレビューされる技術的ドキュメンテーションの貯蔵庫(リポジトリ)だ。Stack Overflow Documentationと名付けられたこの新しいプロダクトは、各システム… 続きを読む

  • 問い合わせ対応からクリーニングまで、民泊提供者向けサービスを展開するSQUEEZEが総額約4.2億円を調達

    問い合わせ対応からクリーニングまで、民泊提供者向けサービスを展開するSQUEEZEが総額約4.2億円を調達

    Airbnbなどの民泊マッチングサービスの普及、そして2016年4月から旅館業法が一部緩和されたことにより民泊運営が始めやすくなった。それに伴い、空室や空き家を有効活用する方法として民泊運営に関心が集まっているが、民泊運営に民泊予約サービスへの物件登録、ゲストの問い合わせ対応、チェックアウト後のクリーニングなど運用するには手間も多くかかる。海外からのゲストに英語で対応しなければならないのもオーナー… 続きを読む

  • ネット上のブラ・コンサルタントBrayolaが$2.5Mを調達、提案品を実際に買えるようにマーケットプレースを開設

    ネット上のブラ・コンサルタントBrayolaが$2.5Mを調達、提案品を実際に買えるようにマーケットプレースを開設

    自分にぴったり合ったブラを見つけたい女性のためのサービスBrayolaが今日(米国時間4/21)、シリーズAで250万ドルを調達したことを発表した。投資家はHDS CapitalのHaim DabahとFirstTime CapitalのJonathan Benartziだ。 併せて同社は、同社自身のマーケットプレースを披露した。パートナー企業の在庫を利用して、女性が正しいブラを見つけられるだけでなく、それ… 続きを読む