クラウド

 

  • ARMアーキテクチャのプロセッサーにこだわるホスティングサービスのScalewayがサーバーの仕様をアップ

    ARMアーキテクチャのプロセッサーにこだわるホスティングサービスのScalewayがサーバーの仕様をアップ

    Iliadのクラウドホスティング部門Scalewayはここ数年、ARMのチップセットを強く推している。ホスティングの未来はARMのプロセッサーアーキテクチャがベースになる、と信じているからだ。今日(米国時間6/22)同社は、より強力なARMv8オプションをローンチし、そしていちばん安いオプションのコア数を増やした。 続きを読む

  • Spotifyからショーン・パーカーが去る――上場を控えて取締役会を一新

    Spotifyからショーン・パーカーが去る――上場を控えて取締役会を一新

    今やユーザー1億4000万人を擁する音楽ストリーミングの有力企業Spotifyは上場に向けて準備を進めているところだ。ここで取締役会に大きな変化があった。初期からの投資家でありデジタル音楽サービスのパイオニア、NapsterのファウンダーでFacebookの立ち上げにも大きな役割を果たしたショーン・パーカーがSpotifyの取締役会から離れた。もうひとりの初期からの投資家でヨーロッパを代表するエン… 続きを読む

  • Dropbox、独自ネットワークの運用開始――パフォーマンス向上とコスト半減を期待

    Dropbox、独自ネットワークの運用開始――パフォーマンス向上とコスト半減を期待

    昨年、DropboxがAWSから離れ、独自のデータセンターを建設する計画を明らかにしたとき、Dropboxのネットワーク自体も大幅に改革されるはずだ推測された。今日(米国時間6/19)、Dropboxは世界のネットワークの大きなアップデート計画を発表した。これによりユーザーは同期速度が大きくアップし、Dropboxにとってはコストが節減されるという。 続きを読む

  • Cloud Foundryの企業採用が進む

    Cloud Foundryの企業採用が進む

    今や、最新のソフトウェアの開発、展開、管理の方法を主導していくために、オープンソースプロジェクトがこれまで以上に大きな役割を果たすようになっている。例えばコンテナのためにはKubernetesがあり、エンタープライズ規模のインフラ運用のためにはOpenStackがあるといった具合だ。しかしここ数年の間に、Cluod Fooundryという名のまた別のプラットフォームが、企業が内外のサービスを開発する… 続きを読む

  • Dropbox Businessのアドミンダッシュボードがデザイン一新、時間制限など機能を増強

    Dropbox Businessのアドミンダッシュボードがデザイン一新、時間制限など機能を増強

    Dropboxは消費者市場でスタートしたが、最近では企業ユーザーにとって使いやすいサービスにするための多大なる努力を傾注している。今やDropbox Businessのユーザー企業は20万社を超え、彼らはそのクラウドストレージサービスの上で社員たちが機密性のあるファイルや情報にアクセスするときのための、より高度でより細かい管理機能とセキュリティをますます求めるようになっている。 今日(米国時間6/13… 続きを読む

  • MicrosoftがオープンソースのPaaSプロジェクトを支えるCloud Foundry Foundation に参加

    MicrosoftがオープンソースのPaaSプロジェクトを支えるCloud Foundry Foundation に参加

    Microsoftが今日(米国時間6/13)、Cloud Foundry Foundationに参加する、と発表した。この団体が運営するオープンソースで非営利のPaaSプロジェクトCloud Foundryは今や、Fortune 500社の約半数が利用している。 Microsoftは同団体に、Google, Huawei, Ford, GE Digital, NTT, Philips, Swisscomなどと同じくGol… 続きを読む

  • 脱クラウドして自前のインターネット・インフラストラクチャを構築する企業を助けるInflect…難しい買い物の最適解を提供

    脱クラウドして自前のインターネット・インフラストラクチャを構築する企業を助けるInflect…難しい買い物の最適解を提供

    AWSのような快適安全なパブリッククラウドから、自前のインフラに移ることになると、面倒なことがたくさんある。たとえばデータセンターやネットワークやエクスチェンジ・プロバイダーを選ばなければならない。でも、これらのインフラストラクチャサービスを迅速に買い整える能力の持ち主が、チームにいないことのほうが、むしろふつうだろう。 今日プレビューでローンチしたInflectは、その全過程を容易にしてくれる。… 続きを読む

  • MicrosoftのDraftはコンテナ化の面倒を引き受けるクラウドサービス、デベロッパーはアプリケーションのコードをローカルに書くだけ

    MicrosoftのDraftはコンテナ化の面倒を引き受けるクラウドサービス、デベロッパーはアプリケーションのコードをローカルに書くだけ

    Microsoftが今日(米国時間5/31)、Kubernetesのクラスターの上で動くコンテナベースのアプリケーションを、より簡単に作れるオープンソースのツールDraftをローンチした。簡単というのは、デベロッパーは自分のアプリケーションにだけ集中すればよくて、DockerやKubernetesについては関知しなくてよい、という意味だ。というか、そもそも、コンテナという技術を支えるこれらのツール… 続きを読む

  • CoreOSがコンテナプラットホームTectonicをアップデート、Kubernetesの最新バージョンとetcdデータストアをサポート

    CoreOSがコンテナプラットホームTectonicをアップデート、Kubernetesの最新バージョンとetcdデータストアをサポート

    CoreOSが今日(米国時間5/31)、サンフランシスコで同社のユーザーカンファレンスを開催している。当然ながらそのイベントでは、同社のあれやこれやがたくさん発表された。そしてその多くは、Kubernetesベースのコンテナインフラストラクチャを管理するTectonicプラットホームに関連している。 続きを読む

  • GoogleのCompute EngineはCPUの種類を自由に選べるようになった、メモリは455GBまで使える

    GoogleのCompute EngineはCPUの種類を自由に選べるようになった、メモリは455GBまで使える

    GoogleのクラウドコンピューティングサービスCompute Engineが今日(米国時間5/31)アップデートされ、数々の新しい機能が導入されるが、それらはとくに、もっと高性能なプロセッサーを使いたいとか、大量のメモリがほしい、と願っていたユーザーにとって朗報だ。 続きを読む