デジタル通貨

 

  • Bitcoin、初の2000ドル台に――流通総額329億ドル

    Bitcoin、初の2000ドル台に――流通総額329億ドル

    世界最大の暗号通貨、bitcoinが単位あたり2000ドルを記録した。 これはCoinbaseやKrakenなどいくつかの大規模な交換所を通じての記録だ。この価格をベースに流通しているbitcoinの総額を計算すると、329.2億ドルとなる。 Coindeskのグラフでも明らかなように、今年に入ってbitcoinは強い上げ調子だった。 続きを読む

  • Blockchain―昨年は「幻滅の谷間」に落ちたが2017年の展望は明るい

    Blockchain―昨年は「幻滅の谷間」に落ちたが2017年の展望は明るい

    2017年のデジタル資産、またそれを支えるブロックチェーン・テクノロジーの展望は? これは重要な質問だ。ことにフィンテック・ビジネスにとっては最近気がかりなニュースがあった。Goldman SachsとSantanderがR3 CEVを脱退し、 ブロックチェーンををプロトコロルとして採用する唯一の現実的デジタル通貨であるbitcoinは終わったのではないかという観測が流れた。 続きを読む

  • 東京銀行などから投資を受けたCoinbaseがシンガポールに次いで日本進出をねらう

    東京銀行などから投資を受けたCoinbaseがシンガポールに次いで日本進出をねらう

    世界最大のbitcoin企業のひとつであるCoinbaseが、東京銀行やTwitterの日本進出を助けた企業など日本の一連の投資家たちから資金を獲得し、同社の市場としての日本にも焦点を定めた。 アメリカの企業であるCoinbaseは、 Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ(BTMU)とのパートナーシップを発表し、“その長期的な国際展開努力を支援していく”ことになった。つまり同社から見れば、サービスを日本に拡張する、という意味だ。Coinbaseはさらに、BTMU, Mitsubishi UFJ Capita… 続きを読む

  • Mt. Goxの管財人が失われたbitcoinに対する請求の調査を終了…結果発表はもうすぐ

    Mt. Goxの管財人が失われたbitcoinに対する請求の調査を終了…結果発表はもうすぐ

    bitcoin取引所Mt. Gox(マウント・ゴックス)が破綻してから2年経つが、元ユーザーの一部はやっと、彼らのbitcoinを取り戻せるかもしれない。Mt. Goxの調査で東京の裁判所が指定した管財人が、失われたbitcoinに関するすべての請求を、ようやく調べ終えた。この調査では、Krakenが管財人に協力した。 Mt. Goxが2014年に閉鎖したとき、多くのユーザーがまだbitcoinをこのプラットホーム上に保有していた。Mt. Goxは回復不能のハックに遭ったか、または単純に、CEOがきわめて怠慢な人物だった。数百万ドル相当のbit… 続きを読む

  • Bitcoinの約束は無に帰したのか?

    Bitcoinの約束は無に帰したのか?

    ついこないだまで、ベンチャーキャピタリストたちは、Bitcoinが世界の通貨システムを変え、政府が貨幣取引を監督することはできなくなる、と語っていた。しかし今や、この暗号通貨は、生き残るために頑張っているようだ。 新しい現実が、1月14日に明らかになった。その日、影響力の大きいBitcoinデベロッパMike Hearnが、この暗号通貨は失敗である、と宣言し、自分のBitcoinの全量を売却したことを明かした。そのニュースのあった日一日でBitcoinの価格は10%下がり、それによりお金を失った人にとっては、悲しい結果となった。 続きを読む

  • PayPalがbitcoin起業家を取締役会に加えて貨幣の未来に注力

    PayPalがbitcoin起業家を取締役会に加えて貨幣の未来に注力

    PayPalは、フィンテック界のベテランでbitcoin起業家のWences Casaresを取締役会に加え、同社の貨幣と通貨の未来へ向かう姿勢を顕著に明らかにした。 アルゼンチン出身のCasaresは、今日までの41年で多くの経験を積んでいる。彼は現在、XapoのCEOおよびファウンダで、そのbitcoin決済スタートアップはこれまで4000万ドルを調達しているが、過去の彼のベンチャー企業にはデジタルウォレット企業Lemon(2014年にLifrLockが4260万ドルで買収)、アルゼンチンの初のISP、ネット上の証券会社Patagon… 続きを読む

  • ブロックチェーンをどう言い換えると人びとは理解するか?

    ブロックチェーンをどう言い換えると人びとは理解するか?

    ブロックチェーン(blockchain)は、界隈の人びとにとって分かりづらい技術だ。そこらのコンピュータおたくたちでも、相当レベルの高い人でないと無理。ブロックチェーンをベースとするスタートアップにとっては、まずこの、ふつうの人にとって分かりづらい、という技術の特性が障害になる。 そこで本誌主催TechCrunch Disrupt London 2015は、ブロックチェーンのエキスパートたちに、それをもっと分かりやすい言葉で言い換える試みに、挑戦してもらった。 ブロックチェーンとBitcoinに投資しているPantera Capitalのパートナ… 続きを読む

  • coincheckが国際間の不動産売買にもビットコイン決済を提供開始

    coincheckが国際間の不動産売買にもビットコイン決済を提供開始

    ビットコインの購入サービスcoincheckを運営するレジュプレスは、アジアの富裕層向けに不動産販売事業を展開する株式会社世界と業務提携し、ビットコインを通じた不動産販売を実施すると本日発表した。また、販売の第一弾として、香港の投資家が熱海のリゾートマンションの一室を購入したことを明らかにした。 2014年8月にサービスを開始したcoincheckは、現在ビットコイン取引所coincheck exchangeとビットコイン決済サービスcoincheck paymentを運営している。レジュプレスのCOOを務める大塚雄介氏に今回の業務提携につ… 続きを読む

  • 世界初のBitcoinだけの銀行NextBankが、規制と偏見の少ないバヌアツで登記、将来はbitcoin投資銀行も目指す

    世界初のBitcoinだけの銀行NextBankが、規制と偏見の少ないバヌアツで登記、将来はbitcoin投資銀行も目指す

    Dimitry Voloshinskiyと彼のチームは、従来型の銀行に恐ろしい災いをもたらすかもしれない。彼が創業したNextBankは、初めての、bitcoinによる、bitcoinのための、銀行だ。 これまで自己資金とエンジェルたちから計95万ドルを獲得した同社は、さらなる資金を求めている。 でも、そもそも、ビットコイン銀行って何だ? そう、まず何よりも、bitcoin人種が利用する銀行だ。 続きを読む

  • 次の革命をもたらすのはブロックチェーンかもしれない

    次の革命をもたらすのはブロックチェーンかもしれない

    編集部記:Florian Graillotは、Crunch Networkのコントリビューターである。Florian GraillotはAXA Strategic VenturesのVC投資家である。 決済取引を行うには、まず送金者が送付しようとしている資金を所有しているかを確認する必要があり、次に取引が重複して行われないように保証しなければならない。 ブロックチェーンでは、ネットワークを介して行われる取引の全ての情報をブロックに保存している。そのため、取引される資産と所有権の両方を確認することができる。 続きを読む

  • Citibank、bitcoinテクノロジーをベースにした独自のデジタル通貨プラットフォームを実験中

    Citibank、bitcoinテクノロジーをベースにした独自のデジタル通貨プラットフォームを実験中

    この業界に詳しい人間にとっては驚きではないかもしれないが、CitibankはCitiCoinともいうべき独自のデジタル通貨のプラットフォームを開発し、実験中であることを認めた。International Business Timesによれば、Citigroupが開発したデジタル通貨はbitcoinとそのブロックチェーン・テクノロジーをベースにしたものだという。 続きを読む

  • ビットコイントレーダー向けのダッシュボード「coincheck tradeview」、レジュプレスが提供

    ビットコイントレーダー向けのダッシュボード「coincheck tradeview」、レジュプレスが提供

    いつでも決済でき、また手数料もかからないことから、少額決済にも有効だとそのメリットをうたっているビットコイン。しかし日本での利用はまだまだこれからという状況で、現在は投資目的の取引が大半を占めるという。ビットコイン取引所「coincheck exchange」を運営するレジュプレスは6月10日、そんな投資目的のビットコイントレーダー向けのサービス「coincheck tradeview」をリリースした。 続きを読む

  • おめでとう今年のBitcoin Pizza Day!

    おめでとう今年のBitcoin Pizza Day!

    毎年5月22日になると、世界中のサイバーおたくたちがBitcoin Pizza Dayを祝う。この日、初期のbitcoinファンでプログラマのLaszlo Hanyeczが、bitcoinsで実際に物を買うことに成功した。彼は10000bitcoin(当時約25ドル相当)で、Papa Johnのピザ(上図)を二つ買った。2010年に彼は、bitcoinのメッセージボードに、こんな投稿をした: 続きを読む

  • Mt. Goxでbitcoinを失った顧客たちの再生手続が開始、全額は戻らないが

    Mt. Goxでbitcoinを失った顧客たちの再生手続が開始、全額は戻らないが

    昨年派手にぶっ潰れたMt. Goxは、債権者たちが倒産の主張を受け入れ始めていたが、顧客にとっては良いニュースもある。 今日発行された(米国時間4/21)通告は、顧客たちに、Mt. Goxのアカウントでclaims.mtgox.comにログインし、再生手続を行うよう指示している(書類の山が好きな人はオフラインでも申請できる)。 続きを読む

  • BitcoinのATMサービス、Robocoinで外国送金手数料が5分の1以下に

    BitcoinのATMサービス、Robocoinで外国送金手数料が5分の1以下に

    送金、特に国外への送金は以前からbitcoinでもっとも人気のある利用方法だった。今回、Robocoinチームがさらに魅力的なキラー・ガジェットを開発した。Romit は自社開発のRobocoin ATM同士で、またはマーチャントのアカウントを利用して送金を行うシステムで、金融機関などによる振込に比べて手数料が圧倒的に安い。 Robocoinは香港、ルーマニア、イタリア、アメリカ(ラスベガスを含む)など世界20箇所にATMを設置している。送金手続きはこの上なく簡単で、ATMに紙幣を挿入し、受取人の電話場号を入力するだけよい。受取人は近くのA… 続きを読む

  • 誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性

    誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性

    編集部注:この原稿は朝山貴生氏(@takaoasayama)による寄稿である。朝山氏はビットコインと国産暗号通貨のモナーコインを扱う国内向け取引所の「Zaif Exchange」(ザイフ)を2015年3月初旬にオープンしたテックビューロの創業者で代表取締役。ネットに載せるには、かなり長い文章だが、ブックマークしておいて後でじっくり読んでほしい。現在の銀行間の送金システムから説き起こしているので、これまで技術用語の多さにビットコイン入門ができていなかった人でも分かりやすくなっている思う。 続きを読む

  • 「5円チョコが売れないECを変えたい」BASEとWebPayの創業者が語る“決済の未来”

    「5円チョコが売れないECを変えたい」BASEとWebPayの創業者が語る“決済の未来”

    スタートアップ業界を取り巻く旬のキーワードを読み解くイベント「TechCrunch School」。3月24日には、オンラインでの売買に欠かせない「決済」をテーマに、先日LINEの傘下に入った、クレジットカード決済機能を組み込める開発者向けサービス「WebPay」創業者の久保渓氏と、近日中に新たな決済サービス「PAY.JP」の提供を表明している、BASE創業者の鶴岡裕太氏が登場した。 続きを読む

  • モナーコインは暗号通貨のiモードとなるか? 新Bitcoin取引所「Zaif Exchange」がオープン

    モナーコインは暗号通貨のiモードとなるか? 新Bitcoin取引所「Zaif Exchange」がオープン


    Bitcoinと国産暗号通貨のモナーコインを扱う日本向けBitcoin取引所の「Zaif Exchange」(ザイフ)が今日オープンした。一般的な取引所で0.1〜0.5%の手数料が発生するのに対して、手数料ゼロをうたう。日本円を入金すると暗号通貨との取引が行えるほか、暗号通貨と日本円での両方で引き出しができる。 続きを読む

  • ギリシャがユーロを捨ててBitcoinに切り替えてはいけない理由

    ギリシャがユーロを捨ててBitcoinに切り替えてはいけない理由

    [筆者: Wences Casares]
    編集者注記: Wences CasaresはXapoのファウンダでCEO。 ギリシャのユーロ離脱をめぐる議論の一部に、ギリシャはユーロをやめてBitcoinを採用したほうが良いという説がある。一見してBitcoinは良い対策にも思えるが、しかし、ユーロが問題であるときBitcoinに切り替えるのは、頭痛を脳に弾丸を撃ちこむことで治そうとするようなものだ。 続きを読む

  • デジタル通貨のプロフェッショナルを定義する

    デジタル通貨のプロフェッショナルを定義する

    [筆者: David Berger]
    編集者注記: David BergerがCEOをしているDigital Currency Council(DCC)は、Bitcoinに関する教育訓練や検定試験、資格証明を提供している団体で、弁護士や会計士、金融の専門家などで構成されている。ここは、コミュニティのメンバーやブロックチェーンへのアクセスも提供している。 新しい産業が発展すると、新しい職業が生まれる。そして、重要な産業において一般人と専門家とのあいだの情報や知識の格差が大きいときには、それらの専門家を客観的に定義して検定するための、組織的なプロセスが必… 続きを読む

  • 超巨大なBitcoinマインの内部を見る

    超巨大なBitcoinマインの内部を見る

    Bitcoinのマイニングはきれいな仕事ではない。専用のサーバが大量に要るし、文字通り専用でほかのタスクは動かせないし、冷却用に強力なファンやエアコンが要る。しかし、そんな大型サーバラックが何千も並んでいる光景は、‘きれいでない’を通り越して、もはや醜い。 Motherboardが提供している下のビデオは、中国のLiaoning Province(遼寧省)にあるbitcoinマイン(mine, 鉱山)を取材している。大きな廃工場を利用し、その中では蛇の巣のように大量のワイヤが群をなし、強力な…人が近づくと吸い込まれる… 続きを読む

  • Bitcoin送金サービスの起業入門

    Bitcoin送金サービスの起業入門

    [筆者: Luis Buenaventura]
    編集者注記: Luis Buenaventuraは、bitcoinの送金サービスを行っているRebit.phのファウンダでプロダクト担当。同社のオーナー企業はフィリピンのSatoshi Citadel Industriesだ。 国際的な送金業務の扱い額の総額は年間4300億ドルと言われているが、bitcoinがこの産業に与える影響についてはさまざまな議論がある。しかし暗号通貨の最大のメリットは、言うまでもなく、お金を送ることをメールと同じぐらい簡単にできることにある。 続きを読む

  • Bitcoinのブロックチェーンに便利なメタデータ層をつけて多様なアプリケーションを可能にするColu

    Bitcoinのブロックチェーンに便利なメタデータ層をつけて多様なアプリケーションを可能にするColu

    暗号通貨Bitcoinを支えるブロックチェーンという技術は、現実世界のいろんなトランザクションにより高いレベルの信頼性をもたらすプラットホームとして、かなり前から投資家が注目してきた。 テルアビブのColuは、そのヴィジョンを現実化するプラットホームを、開発しようとしている。Coluが提供するAPIを使ってデベロッパは、カラードコイン(colored coins,証書性通貨)とBitcoin 2.0のインフラストラクチャにアクセスして、新しい分散アプリケーションを作ることができる。 続きを読む

  • Coinbaseが州の規制に基づく“合法的な”Bitcoin取引所を営業開始

    Coinbaseが州の規制に基づく“合法的な”Bitcoin取引所を営業開始

    7500万ドルという巨額の資金調達を終えたばかりのbitcoin決済企業Coinbaseが、今週から合衆国で初めての、公的規制の下(もと)でのbitcoin取引所を開設する、と発表した。 続きを読む

  • 2014年にうちが乗らなかった大物投資機会はBitcoinサーバと国産エネルギー

    2014年にうちが乗らなかった大物投資機会はBitcoinサーバと国産エネルギー

    [筆者: Tom Carter]
    編集者注記: Tom CarterはサンフランシスコのFountain Partnersのファウンダでマネージングパートナー。同社は、創業期、成長期、および拡張期の企業に、主に機器設備購入のための資金を投融資している。 昨年はベンチャーの分野で企業の信用リスクを評価したり引き受けたりを、めしのたねにしている者にとって、おもしろい年だった。AirbnbやUberやWhatsappなどが示した明確な商業的成功は、すでに肥沃で、人によってはバブルっぽいとも言われる合衆国のベンチャーキャピタルとシード段階のエクイティマーケ… 続きを読む

  • ブロックチェーンを利用する多様なアプリケーションのためのインフラやAPIを提供するBlockCypherが多方面からシード資金を獲得

    ブロックチェーンを利用する多様なアプリケーションのためのインフラやAPIを提供するBlockCypherが多方面からシード資金を獲得

    Bitcoinの公開台帳、ブロックチェーンの利用を、どんなアプリケーションにも容易に導入できるためのサービスを提供するBlockCypherが、初めての資金調達として310万ドルを獲得した。 そのタイミングはたまたま、昨年来Bitcoinの価格が急落を続けてきた時期と一致する。そのため、市場の人気はいまいちだった。 続きを読む

  • Mt.Goxの元CEOがドラッグの闇サイトSilk Roadの黒幕だった、という説が法廷に登場

    Mt.Goxの元CEOがドラッグの闇サイトSilk Roadの黒幕だった、という説が法廷に登場

    この記事のタイトルを見て“えっ?”と思った人は多いだろう。Silk Roadの頭目といわれるRoss Ulbrichtは実は、このサイトの実のオーナーではなかった。Ulbrichtの弁護士によると、作者はMark Karpelesという人物で、昨年2月になんとなくお芝居めいた崩壊を遂げたBitcoin取引所Mt. Goxの、のちに失脚したトップだった男だ。 続きを読む

  • 今年のCESではBitcoinのブースは空だった…一般消費者への普及はまだまだ遠い先

    今年のCESではBitcoinのブースは空だった…一般消費者への普及はまだまだ遠い先

    よく知られているbitcoin取引所Bitstampは、ハッカーの犯行により500万ドル相当の暗号通貨を失ったが、先週のCESにはいなかったことが、かえって目立つ。ブースはあったが、同社とは別の出版社が雑誌をほそぼそと展示しているでけで、ほかは、何もない。ブースを空にした同社の連中は、ホテルに缶詰になってサービスの再開に備えていたそうだ。それは、金曜日(米国時間1/9)のことだった。 続きを読む

  • Bitcoinが年明けから低迷

    Bitcoinが年明けから低迷

    2015年はbitcoinにとって厳しい始まり方をした。この暗号通貨は2013年後期のピーク以降、急落を続け、今では300ドル以下に戻している。Blockchain.infoが計算したbitcoinの総取引額も、このところ落ち込んでいる。 価格の低迷に対する説明はいろいろあるが、bitcoin支持者たちのコミュニティも、意見が分かれている。 続きを読む

  • Bitcoin 2.0とユーザ体験のトークン化

    Bitcoin 2.0とユーザ体験のトークン化

    [筆者: Lisa Cheng]
    編集者注記: Lisa ChengはVANBEXのファウンダで、同社はデジタル通貨とブロックチェーンプロトコル、および分散化技術に特化したマーケティングとリサーチの企業だ。 Bitcoinはまだ市場開発の初期段階だ。しかしわれわれは今、進化の次のステップのために必要なデータの集積を、徐々に実現しつつある。そのために私は、Bitcoinと、Bitcoinのブロックチェーン技術関連の仕事をこれまで継続し、アプリケーションとネットワークとユーザが均質に融合して、自律的で持続可能な宇宙を維持している未来の実現に向けて、貢… 続きを読む