プライバシー

 

  • 安全なメッセージングサービスSignalがアップデートしてユーザーのアドレス帳の守秘性をアップ

    安全なメッセージングサービスSignalがアップデートしてユーザーのアドレス帳の守秘性をアップ

    米政府(NSA)が国民の通信を監視していることを暴いたSnowdenご推薦の、Signalのようなセキュアなメッセージングサービスも、今その上に誰がいるか分らなければ誰も使わないだろう。でもユーザーのリストを検索するためにあなたのコンタクト情報を送信したとき、Signalなどがそれをのぞき見しない、とどうやって信頼*できるのか? 実は、信頼など要らない。のぞき見は不可能だから。Signalの今度のアップデートでは、コンタクトの発見がなお一層プライベート(外部非公開)になった。〔*: 本稿は、信頼(trust)をネガティブなものとして捉え… 続きを読む

  • Appleは差分プライバシー技術を利用して個人データに触らずにSafariの閲覧データを収集

    Appleは差分プライバシー技術を利用して個人データに触らずにSafariの閲覧データを収集

    macOS High Sierraの今日の一般リリースにより、Safariにも重要なアップデートが加わった。それらは、クロスサイトなクッキー追跡を無効にする機能や、広告の自動再生をoffにする機能だ。また、あまり大声で喧伝されてない新しい機能としては、データの収集がある。Appleがこのたび新たに実装した差分プライバシー技術(differential privacy technology)により、ユーザーの習慣に関する情報を集めて、問題のあるサイトを見つける手がかりにする、という機能だ。 続きを読む

  • AppleがSafariの新しい広告追跡防止機能(クッキーに対する制限など)を擁護

    AppleがSafariの新しい広告追跡防止機能(クッキーに対する制限など)を擁護

    Appleには、Webの訪問者たちがオンラインの広告主たちに追跡されるのを制限する新しいやり方を、今さら引っ込める気はない。 Safariのその新しい機能はIntelligent Tracking Preventionと呼ばれ、最初は、6月に行われたAppleのカンファレンス、Worldwide Developers Conference(WWDC)で発表された。それは、広告主がユーザーを追跡する(調べる)のを防ぐための、複数の方法を組み合わせていて、たとえば広告のターゲット変えにクッキーを利用することを24時間だけに制限し、それ以降30日間そ… 続きを読む

  • 新たに発見されたBluetoothの脆弱性はスマートフォンを10秒で乗っ取られる

    新たに発見されたBluetoothの脆弱性はスマートフォンを10秒で乗っ取られる

    セキュリティ企業のArmisが8つのエクスプロイトを見つけ、まとめてBlueBorneと名付けた。それらを利用すると、スマートフォンの本体に触ることなくアクセスして攻撃できる。スマートフォンだけでなく、Bluetoothを使っているコンピューターやIoTなどにも、同じ弱点がある。 続きを読む

  • GoogleのSafe Browsingツールは30億台のデバイスを保護している

    GoogleのSafe Browsingツールは30億台のデバイスを保護している

    Googleが今日、ユーザーを危険そうなサイトから守る同社のSafe Browsingサービスが、今や30億あまりのデバイスを保護している、と発表した。このサービスは右図のような警告メッセージを表示して、デスクトップとモバイルのChrome, SafariおよびFirefoxのユーザーを、危険と思われるサイトに行けないようにするが、対象機は2013年には10億、2016年5月には20億だった。 続きを読む

  • Googleがプライバシーとセキュリティ設定/チェック用ダッシュボードのデザインを一新

    Googleがプライバシーとセキュリティ設定/チェック用ダッシュボードのデザインを一新

    Googleが今日(米国時間9/8)、あなたのGoogleアカウントのプライバシーとセキュリティを設定するダッシュボードページを新しくした。ユーザーはここで、プライバシーの設定をチェックしたり変えたり、個人化された広告を拒否したり、ユーザーのデータにアクセスしているGoogle以外のサービスを見たりできる。今日の変化はささやかなもので、新しいコントロールは何もないが、同社によると、これまでほとんど使い物にならなかったモバイルのページを使いやすくしたそうだ。 続きを読む

  • セレブを含む数百万のInstagramアカウントの個人情報をハッカーが盗んで売っている

    セレブを含む数百万のInstagramアカウントの個人情報をハッカーが盗んで売っている

    今週初めにハッカー集団がInstagramの600万のアカウントの電話番号とメールアドレスをバグを利用して盗み、その情報を今、Web上で売っている。 ハッカーたちは主に、セレブなどいわゆる名のあるユーザーをターゲットにし、たとえばSelena Gomezは、アカウントを2日前にハックされた。 続きを読む

  • あなたが死んだらFacebook上のプライバシーはどうなるか?

    あなたが死んだらFacebook上のプライバシーはどうなるか?

    あなたが万一、親不孝な死に方をしたら、ご両親はFacebook上のあなたの非公開情報やデータを読めるべきだろうか? Facebookは今日(米国時間8/18)の、死後のソーシャルネットワークに関するHard Questionsで、それができない理由を説明している。 続きを読む

  • Facebookのパスワードを盗むソフトウェアで釣るパスワード窃盗マルウェアが拡散中

    Facebookのパスワードを盗むソフトウェアで釣るパスワード窃盗マルウェアが拡散中

    Facebook上のマルウェアは珍しくないが、今度のやつには何か幻覚剤の症状のようなものを感じてしまう。シドニーのLMNTRIX Labsのセキュリティ研究者たちが見つけたソフトウェアはFacebook Password Stealer(Facebookのパスワード泥棒)と名乗り、ダウンロードすると悪質なコードをバックグラウンドに注入して、ユーザーの認証情報を盗難の危険にさらす。 続きを読む

  • アメリカの国境警備局はクラウドに保存されているデータを出入国時捜索の対象にできない

    アメリカの国境警備局はクラウドに保存されているデータを出入国時捜索の対象にできない

    デートのお相手の情報をクラウドに保存することは、それを安全に隠すためのいちばん良い方法とは必ずしも言えないけど、でも情報のローカルな保存(自機上の保存)を避けることは、自分の個人情報を明かしたくない人がアメリカの国境を越えるときに役に立つ。 続きを読む