ユーザー体験

 

  • iOS 11のサポートでQR、NFCに北米で復活のチャンス

    iOS 11のサポートでQR、NFCに北米で復活のチャンス

    今のところ世間の注目はピカピカの新iPhoneに集まっているが、iOS 11がわれわれの手元に届くのはそれより早い。9月19日にはモバイルOSのメジャーアップデートが実施され、対応するiPhone、iPadにインストールできるようになる。多くの新機能が用意されており、特にiPad、iPad Proのアップデートは大幅だ。 しかしiOS 11については、マスコミがあまり注目しない2つの新機能が将来のモバイル… 続きを読む

  • 【ポッドキャスト】GoogleのMaterial Designのリーダーが同社のデザインビジョンの起源を語る

    [筆者: Jared Erondu, Bobby Ghoshal]
    Rich Fulcherは、GoogleのMaterial Design UX and Engineeringのトップだ。今回はわれわれのHigh Resolutionシリーズの第14回で、Material Designがどのように作られたか、自分が勤める会社で自分独自のデザイン表現(デザイン言語)をどうやって作り出すか、デザインという工程では強力な文化… 続きを読む

  • どんな物でもタッチセンサーにしてしまう伝導性の塗装技術がCMUに誕生

    どんな物でもタッチセンサーにしてしまう伝導性の塗装技術がCMUに誕生

    カーネギーメロン大学(CMU)の研究者たちが、どんな面でもタッチパッドにしてしまえる伝導性のスプレー塗料を発明した。そのシステムはElectrickと名付けられ、“電界トモグラフィー(electric field tomography)”と呼ばれる技術を利用している。 同大の博士課程の院生Yang Zhangが作ったElectrickは、塗装した面の端に電極をつける。すると、木でも… 続きを読む

  • 目に見えないボタンやスイッチを操作する‘タッチレスインタフェイス’のUltrahapticsが$23Mを調達

    目に見えないボタンやスイッチを操作する‘タッチレスインタフェイス’のUltrahapticsが$23Mを調達

    今VRやARに大金を投じているテクノロジー企業は、目の前のデジタルオブジェクトが本物であるとユーザーに信じこませる努力を重ねているが、ユーザーがそれらを本当に本物だと感じるためには、まだ重要な何かが足りない。 Ultrahapticsは、超音波を利用して、ユーザーが感じることのできる3Dのオブジェクトを空中に作り出そうとしている。同社が当面考えているのは、その技術を使って“タッチレスのイ… 続きを読む

  • Google、300×250のモバイルページトップ広告を許可――ユーザーフレンドリーは後退?

    Google、300×250のモバイルページトップ広告を許可――ユーザーフレンドリーは後退?

    昨日(米国時間5/2)、GoogleはAdSenseの約款をアップデートし、広告掲出に関する規制を一部緩めたことを発表した。これにより、従来は禁止されていた“above the fold”(スクロールせずに見える範囲)に広告を表示することが可能になった。今後は300×250の長方形の中型広告をモバイルでウェブページのトップに表示してもAdSenseの約款違反にならない。 続きを読む

  • 同一のコードベースからiOSアプリとAndroidアプリを並行開発できるUXツールキットFuseが$12Mを調達

    同一のコードベースからiOSアプリとAndroidアプリを並行開発できるUXツールキットFuseが$12Mを調達

    エンドユーザーにとっては、アプリケーションのユーザー体験(user experience, UX)こそが、まさにそのプロダクトそのものだ。だからデベロッパーは、良質なユーザー体験ツールキットに大きな投資をする。Fuseは、そんなツール集のひとつだ。同社の目的は、複雑なアプリケーションの開発時間を半減すること。今日(米国時間1/24)同社は、NorthzoneとAlliance Ventureからの120… 続きを読む