機械学習

 

  • Googleが、返信案を自動的に提案するSmart Reply機能をすべてのチャットアプリに提供?

    Googleが、返信案を自動的に提案するSmart Reply機能をすべてのチャットアプリに提供?

    賢いAI技術を利用して、自動的に受信メッセージへの応答を作成するSmart Replyは、まず最初にGoogleの電子メールクライアントであるInboxに2年以上前に登場し、その後Gmail、プロジェクト FiのAndroid Messages、そしてAlloに展開された。そして現在、Googleの社内インキュベーターであるArea120に所属するあるチームが、Smart Reply機能を他のチャットアプリに持ち込むことに取り組んでいる。 新しく発表されたプロジェクトは単に「Reply」と呼ばれ、Web上のReplyのサインアップフォームによれ… 続きを読む

  • Google、カスタムTPUマシン、ベータ版公開――クラウドで機械学習を加速

    Google、カスタムTPUマシン、ベータ版公開――クラウドで機械学習を加速

    GoogleのTPU(Tensor Processing Units)は、TensorFlowフレームワークによる機械学習を効率的に実行するために独自に開発されたカスタムチップだ。このTPUがベータ版であるものの、クラウドで利用できるようになった。Googleがデザインしたチップは、一部の機械学習のワークフローを他社の標準的GPUよりもはるかに高速にを処理できるという。 続きを読む

  • 新しいGoogleフライトは出発遅延を予測――AIで航空会社より早く教えてくれる

    新しいGoogleフライトは出発遅延を予測――AIで航空会社より早く教えてくれる

    フライト検索エンジン、Googleフライトがアップデートされ、さらに便利になった。飛行機を利用する旅行者にとっていちばんいらだたしいのは、新しいベーシックエコノミー運賃の複雑さとフライトの出発遅延だ。新しいGoogleフライトはこの点で新機能を追加した。出発遅延については単に通知してくれるだけなく、当の航空会社より早く教えてくれる。蓄積された過去のデータと機械学習アルゴリズムを利用して航空会社が警告する前にGoogleフライトは遅延を察知するという。 続きを読む

  • AlphabetがXムーンショット生まれのサイバーセキュリティ企業Chronicleをローンチ

    AlphabetがXムーンショット生まれのサイバーセキュリティ企業Chronicleをローンチ

    あなたが、まだ間違って“Google”と呼んでるかもしれないAlphabetが今日(米国時間1/24)、新しいサイバーセキュリティ企業Chronicleのローンチを発表した。それは、企業のハッカー検出と撃退能力を高めることがねらいだ。ChronicleはAlphabetのXムーンショットグループから巣立ち、今ではGoogleなどと同じく、Alphabet傘下の単独企業だ。 続きを読む

  • GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも

    GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも

    今日(米国時間1/17)、Googleはいくつかの重要な発表をしたが、 AutoML Visionのα版公開もその一つだ。このサービスはML(機械学習)についてまったく経験のない層も含めたデベロッパーに対して、カスタマイズされた画像認識モデルの構築を可能にする。Googleではカスタム機械学習モデルをAutoMLと名付け、画像認識以外の分野に応用を拡大していく計画だ。 続きを読む

  • 機械学習によりセキュリティの脅威を自動的に検出するNiddelをVerizonが買収

    機械学習によりセキュリティの脅威を自動的に検出するNiddelをVerizonが買収

    本誌TechCrunchのオーナー企業であるVerizonが今日(米国時間1/5)、セキュリティの脅威を自動的に検出するサービスNiddelを買収したことを発表した。 続きを読む

  • 立ち遅れている地域小売業をテクノロジーで底上げするRubikloudが$37Mを調達してグローバル化へ

    立ち遅れている地域小売業をテクノロジーで底上げするRubikloudが$37Mを調達してグローバル化へ

    小売業界はテクノロジーによる改革が著しく後れている。AmazonやWalmartなどの巨大企業の影で、小売店はレガシーシステムにしがみつき、最新のツールを生かして連中に対抗することができない。今日(米国時間1/3)3700万ドルの資金調達を発表したRubikloudは、人工知能を使ったクラウドツールで、小売店の現代化への取り組みを助ける。 続きを読む

  • AI
    画像認識システムを騙して空港の警備をすり抜ける方法…Googleの研究者たちがステッカーで実験

    画像認識システムを騙して空港の警備をすり抜ける方法…Googleの研究者たちがステッカーで実験

    機械学習のシステムは、有能ではあるが必ずしもスマートではない。彼らには、常識がない。そのことにつけこんだ研究者たちが、画像認識システムに対するおもしろい攻撃テクニックを作った。彼らが作った特殊なステッカーは、AIにとって、あまりにもおもしろくて興味深いので、結局そこに何も見いだすことができないのだ。そのステッカーが、アクセサリーとして流行りそうだ、とぼくが感じたのは、どうしてだろう? 続きを読む

  • Googleが音声合成を機械学習で訓練する方法Tacotron 2を発表、システムの調教が楽になる

    Googleが音声合成を機械学習で訓練する方法Tacotron 2を発表、システムの調教が楽になる

    本物らしい良質な合成音声を作ることは今、ホットな研究開発テーマだが、一歩リードしているのはGoogleだろう。同社は今日、Tacotron 2なるものを発表して、さらにその差を広げたかもしれない。これは人工知能にテキストを読ませてリアルな音声を作り出すための、ニューラルネットワークの新しい訓練方法で、ユーザーには文法知識がなくてもよい。 この新しいテクニックは、Googleのこれまでの音声生成プロジェクトWaveNetと初代Tacotronの良いとこ取りをしている。 続きを読む

  • Adobe Lightroom、Sensei AIを利用して写真を改善――CC、Classicとも「自動設定」追加ずみ

    Adobe Lightroom、Sensei AIを利用して写真を改善――CC、Classicとも「自動設定」追加ずみ

    今日(米国時間12/12)、Adobeは各種アプリでアップデートを実施した。この中には写真の現像と管理のための人気アプリ、Lightroomに対するメジャー・アップデートが含まれる。Adobeは写真の編集・調整に機械学習を利用した自動設定機能を追加した。新しい自動設定はAdobeのSensei AIテクノロジーを用いてユーザー写真を分析し、プロが編集した似た写真(おそらくAdobe Stockの写真が含まれるのだろう)と比較して、写真を改善するために最適の編集設定を探し出すというものだ。 続きを読む