自動運転車

 

  • Appleがカリフォルニア州での自動運転車試験の許可を得た

    Appleがカリフォルニア州での自動運転車試験の許可を得た

    Appleが自動運転車に注力していることは、特に秘密ではない。本日(米国時間14日)カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、カリフォルニア州の路上で自動運転車の試験が許可された企業の最新リストをを公開した。この長いリストの最後に載っている名前がAppleだ。 とはいえ、これは明日にでもAppleの車が路上で見られるということを意味しているわけではない。ただ、将来の適当な時点で、同社が実世界での試験を… 続きを読む

  • GMは自動運転試験車両を米国全土に数百台単位で展開する予定

    GMは自動運転試験車両を米国全土に数百台単位で展開する予定

    IEEE Spectrumに掲載された記事によれば、GMはどこよりも大規模な車両群を投入することで、自動運転の世界における競合相手を一気に突き放そうとしている。その数はおよそ300台だ。 FCCへの申請に関する粘り強い調査の結果、1台の車両あたりに10個搭載される車載レーダーユニットの展開に関する、3000個分のFCC向け申請があることが発覚した。その後間もなく、GMは同じ型のレーダーを展開する要求書… 続きを読む

  • 日本のルネサスも自動運転車用チップに次の成長を賭す、Analog Devicesとパートナー

    日本のルネサスも自動運転車用チップに次の成長を賭す、Analog Devicesとパートナー

    そのほかのチップメーカーと同様に、日本のルネサス(Renesas Electronics Corporation)も、これからの新しい産業、自動運転車に注力しようとしている。東京に本社を置く同社は今週この都市で行われた見本市で、R-Car Consortiumを発表した。それは、日本やアメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国などの企業や大学から技術者や研究者を集めた研究開発集団で、自動運転技術の将来的な高度化を… 続きを読む

  • SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定

    SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定

    SoftBankは日本で、自動運転バスのプロジェクトに力を入れている。公共交通機関の自動運転技術を開発するために同社が昨年創った会社、SB Drive(SBドライブ株式会社)は、Yahoo Japanが率いるラウンドで5億1000万円(460万ドル)の資金を獲得し、資金的にも潤沢になった。 続きを読む

  • BMWが2021年までに投入する自動運転車はレベル5の自律性能を目指す

    BMWが2021年までに投入する自動運転車はレベル5の自律性能を目指す

    BMWは、同社が2021年までに自動運転技術と共に市場に投入しようと考えている車は、レベル3、レベル4、そしてレベル5の能力を持つものになると語った。これは木曜日(3月16日)にベルリンで開催されたパネルの席上で、同社の自動運転担当上席副社長であるElmar Frickensteinによって話された情報として、ロイターが報じたものだ。レベル5の自動運転とは、車両が人間のドライバーと少なくともパフォー… 続きを読む

  • 自動運転車を混乱させる“罠”を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle

    自動運転車を混乱させる“罠”を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle

    自動運転車に何ができるか、については、本誌もこれまでさんざん書いてきたけど、ときには、できないことの方がおもしろいこともある。技術というものは、その能力とともに、限界を知ることもきわめて重要だ。というわけで今回は、このパフォーマンスアートから教訓をいただこう。 続きを読む

  • Uberの社内文書が流出―、データが示す自動運転車の不安定な走行状況

    Uberの社内文書が流出―、データが示す自動運転車の不安定な走行状況

    Recodeが新たに入手したUberの社内文書には、人間のドライバーを必要としない全自動運転車隊の夢に向けた進捗の詳細が記載されている。同文書を見てみると、月次の指標が着実に向上しているとは言えず、むしろ全自動運転技術の実現に向けたデコボコ道を、Uberがガタガタと進んでいる様子が窺える。さらに自動運転テクノロジーに関するUberとGoogleの法廷闘争が始まったことで、デコボコ道という比喩のもっ… 続きを読む

  • 自動運転車をめぐるGoogleとUberの法廷闘争が過熱、問題の技術者の一人が行方不明

    自動運転車をめぐるGoogleとUberの法廷闘争が過熱、問題の技術者の一人が行方不明

    自動運転車の開発をめぐるGoogleのUberに対する法廷闘争が、すでに最初から醜い様相を呈している。両社の弁護士はこれまでの二日間、Uberへ移った元社員〔複数形〕に盗まれたとGoogleが主張する企業秘密の閲覧許可に関して、激しく言い争った。そして今日、Uberの弁護士は法廷で、それらの技術者の一人を見つけることができなかった、と述べた。 続きを読む

  • 自動運転連合が安全性と新しい移動性に関心の高いメンバーを追加

    自動運転連合が安全性と新しい移動性に関心の高いメンバーを追加

    2016年4月にFord 、Lyft、Uber、Volvo、そしてWaymo によって設立されたSelf-Driving Coalition for Safer Streets(より安全な道路のための自動運転連合)が、先週(記事は3月10日)そのメンバーを倍増させた。ただし、より多くの自動車メーカーや有名ハイテク企業を追加したのではなく、同連合は、むしろ自動運転の実現に際して本当に関連の深い幾つかの組織を追加… 続きを読む

  • Intel、Mobileyeを153億ドルで買収―自動運転テクノロジーの拠点をイスラエルに移す

    Intel、Mobileyeを153億ドルで買収―自動運転テクノロジーの拠点をイスラエルに移す

    Intelは自動運転のためのコンピューター・ビジョンのリーダー、Mobileyeを153億ドルで買収することを確認した。両社の関係は当初は提携だったが、最終的には買収に進んだ。これはテクノロジー関連のイスラエル企業の買収としてこれまでで最大となる。 Intelは声明で次のように述べている。 「合意された条件に基づき、Intelの子会社は、Mobileye社株式について1株当り63.54ドルのキャッシュ… 続きを読む