自動運転車

 

  • Naverが間もなく自動運転車の公道テストを開始予定

    Naverが間もなく自動運転車の公道テストを開始予定

    韓国の大手ネット企業Naverは、自動運転車の公道テストに向けた最終段階に入り、現在国土交通部からの許可を待っている。同社はTechCrunchに対して、当局から最終許可を受け取り次第すぐに公道でのテストを開始すると話しており、関係者からの情報をまとめた韓国紙Yonhapの報道によれば、早ければ来月にはテストがスタートする予定だ。 Naverは韓国の巨大ウェブポータル運営企業で、同国最大の地図プラッ… 続きを読む

  • ラスベガスの公道上で、自動運転電気シャトルバスが試験運行中

    ラスベガスの公道上で、自動運転電気シャトルバスが試験運行中

    ラスベガスよ、トランスポーテーション好きの記者ならおまえを見限ることなんてできやしない。CESは車の祭典のようだったし、そして今や公道上で自動運転の完全電気シャトルバスの運行を始めたのだから 。このシャトルは、シャトルメーカーのNavya、運行会社のKeolis、そしてラスベガス市の間のパートナーシップの産物である。本日(米国時間1月11日)から一般利用者の乗車が可能になった。まさに普通の車や人の通… 続きを読む

  • 次期運輸長官エレーン・チャオが上院公聴会で証言―親テクノロジーの姿勢鮮明

    次期運輸長官エレーン・チャオが上院公聴会で証言―親テクノロジーの姿勢鮮明

    ドナルド・トランプ次期大統領が次期運輸長官候補として指名したエレーン・チャオ(Elaine L. Chao)は水曜日(米国時間1/11)、上院公聴会で運輸テクノロジーの将来からFAA〔連邦航空局〕の役割に至るまで多数の質問に答えた。 チャオは自動運転車、インフラ、ドローンなどイノベーションとテクノロジーに関連する多数の質問に答えた。 上院商業委員会のジョン・スーン議員(共和党、サウスダコタ選出)は開会の言… 続きを読む

  • 魚や羽虫の大群の中で衝突がないのはなぜか?、それを真似るHondaのSafe Swarm技術は高度な安全運転を実現する

    魚や羽虫の大群の中で衝突がないのはなぜか?、それを真似るHondaのSafe Swarm技術は高度な安全運転を実現する

    Hondaは自然に見習って今よりも安全な安全運転を実現しようとしている。とくに今回同社がCESで披露したSafe Swarm〔仮訳: 安全な群れ〕と呼ばれる技術的コンセプトは、魚の群れの行動を模倣する。Safe Swarmは、それ専用の短距離通信規格を用いて車両間通信を行い、人間運転者をアシストする。 Safe Swarmは、車が拾った状況情報を、運転者が気づくよりもかなり前に、近くの車に渡す。車はお互いに… 続きを読む

  • Nvidiaはそのドライブコンピューターに運転助手機能を搭載しようとしている

    Nvidiaはそのドライブコンピューターに運転助手機能を搭載しようとしている

    昨年の初めにNvidiaは、AIスーパーコンピュータとして機能し、車に自動運転の能力を与える強力なシステムを編み出した。しかし、より安全な自動運転を実現するための、かなりの進歩は見られたものの、私たちが車を信用して全てを任せられるほどのレベルには、まだ遠く及んでいないようだ。 そこで「運転助手」の登場だ。Nvidiaは、そのXavierドライブコンピューターに、運転手が運転を行う際にその補助を行う、… 続きを読む

  • Toyota Research Instituteのトップによると完全な自動運転車の実現はまだまだ遠い先の話

    Toyota Research Instituteのトップによると完全な自動運転車の実現はまだまだ遠い先の話

    世の中のみんなが未来の完全な自動運転車に注目している中で、Toyota Research InstituteのCEO Gill Prattは、それは想像以上に複雑であり、ゆっくりとしか進まない、と述べる。 Prattによると、SAEの“Level 5”に相当する完全な自動運転は、“実現が近いとは到底言えない”。Prattは、完全な自動運転に到達する時期についても… 続きを読む

  • フィアット・クライスラーとGoogle、Androidを車載システムに統合へ―CESでデモ展示

    フィアット・クライスラーとGoogle、Androidを車載システムに統合へ―CESでデモ展示

    今日(米国時間1/2)、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)はAlphaebetの新会社、Waymoが協力を進めていることを発表した(Waymoは以前のGoogle自動運転車事業部)。 続きを読む

  • 自動運転車のためのリアルタイム道路状況地図技術でHereとMobileyeが協働

    自動運転車のためのリアルタイム道路状況地図技術でHereとMobileyeが協働

    自動運転の分野ではこのところ、複数の企業による共同開発という傾向が多く見られるようになった。Nokiaからスピンアウトした地図スタートアップHereは、コンピューターヴィジョン用のチップやカメラなどを作っているMobileyeと協働し、自動運転技術の重要な要素であるマッピングサービスのサポートで、コラボレーションしていくことになった。 続きを読む

  • Teslaのオートパイロットがレーダーの超人的視力で高速道路の多重衝突を避ける(ビデオ)

    Teslaのオートパイロットがレーダーの超人的視力で高速道路の多重衝突を避ける(ビデオ)

    Teslaは現行オートパイロット・システムと来るべき自動運転テクノロジーは安全性を大きく高めると頻繁に主張している。しかしTeslaのこうした機能が実際に乗員の生命を守るところを見る機会はこれまでほとんどなかった。 エンベッドしたビデオではTesla Autopilot 8.0ソフトウェアが緊急時に作動するところが見られる。このシステムはレーダー・テクノロジーを用いており、ドライバーの視界を妨げる障害物… 続きを読む

  • 空飛ぶ車実現の鍵を握る自動運転車とドローンのテクノロジー

    空飛ぶ車実現の鍵を握る自動運転車とドローンのテクノロジー

    幼い頃は、日曜朝のアニメチャンネルを兄弟で見ながら、宇宙家族ジェットソンの再放送で一家が空飛ぶ車で空を走り回る様子を眺めていた。当時はサイエンス・フィクションの黄金期で、ハリウッドは、ブレードランナー、バック・トゥ・ザ・フューチャー、スター・ウォーズ、フィフス・エレメントといった映画で溢れていた。そしてこのような映画の影響で、私たちは夢のようなテクノロジーで溢れた未来がいつか訪れると信じていた。
    今… 続きを読む

  • Volkswagenの今度のEVは未来の自動運転を完全に意識、ハンドルがどこかへ隠れてしまう!

    Volkswagenの今度のEVは未来の自動運転を完全に意識、ハンドルがどこかへ隠れてしまう!

    Volkswagenは、今年の初めにパリのモーターショーで披露したI.D.コンセプトカーの系列を拡張した新しいコンセプトカーを、1月にデトロイトで行われる北米国際オートショーで正式に発表する。今日同社は、そのコンセプトカーの“予告編”をリリースして、その車種の詳細をいくつか垣間見せた。それにより、その設計が、将来の自動運転車を完全に想定していることも分かる。 続きを読む

  • アメリカの一般消費者の見解: 「自動運転車は人間運転者よりも優秀」

    アメリカの一般消費者の見解: 「自動運転車は人間運転者よりも優秀」

    企業向けのさまざまなサービス(日本)を提供しているPwCが、自動車技術の未来に関する最新のアンケート調査の結果を発表した。そしてそれによると、アメリカ人は、自動運転車や配車サービス(ride hailing, 流している車を呼ぶこと)、カーシェアリングサービスなどの概念を、徐々に受け入れつつある。たとえば回答者の66%が、自動運転車は平均的な人間運転者よりも優秀だ、と考えている。 その調査は、アメリカ国… 続きを読む

  • Uberはサンフランシスコでの自動運転パイロット事業を中止、自動車局が車両の登録を撤回したため

    Uberはサンフランシスコでの自動運転パイロット事業を中止、自動車局が車両の登録を撤回したため

    Uberが、サンフランシスコにおける同社の自動運転パイロット事業の中止を確認した。それは、今日(米国時間12/21)行われた三者協議の結果だ(Uber、カリフォルニア州自動車局、司法長官事務所)。自動車局は、Uberがパイロット事業で使っていた16台の自動運転テスト車両の車両登録を撤回した。 自動車局によると、車両の登録を撤回すると同時に、Uberには許可プロセスを完了するようすすめた。一方Uber… 続きを読む

  • Waymoが自動運転車技術の協力に関してホンダと正式な交渉を開始

    Waymoが自動運転車技術の協力に関してホンダと正式な交渉を開始

    元Googleの自動運転車プロジェクトだったWaymoは、商用契約を締結する準備ができていることを示すことに時間をかけたりはしない — アルファベットが所有するこの自動運転技術会社は、Waymoの自動運転ソフトウェアとセンサーをホンダ車に搭載するための正式な交渉を開始した。 ホンダは、水曜日(日本時間)のプレスリリースを通じて、両社の潜在的な協力関係のきっかけとなる交渉に関する発表を行った。… 続きを読む

  • 2016年度のUberの赤字は30億ドルに拡大へ―収入も拡大中

    2016年度のUberの赤字は30億ドルに拡大へ―収入も拡大中

    The Informationその他の情報によれば、 Uber赤字は昨年の22億ドルからさらに増え、2016年は30億ドルになるという。 Uberといえばすでに確立された世界的なブランドというイメージが強いが、ビジネスとしての収益性には分かりにくい点が多い。 ドレイクやウィズ・カリファといったヒップホップのスターは歌詞で始終Uberに言及している。ハリウッドのビッグネーム、ウィル・ファレルはUberのドラ… 続きを読む

  • Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    自動車メーカーのHyundaiは、同社も自動運転車をめぐる競争に喜んで参加することを表明した ― しかし、彼らのアプローチは他社とは異なる。個人が所有するクルマにも搭載することが可能なテクノロジーを一般の人々にとって手頃な価格で提供するというアプローチだ。 Hyundaiの自動運転テクノロジーがデビューしたのは今週のことだ。同社は1月に開催されるCESに先がけ、ラスベガスの公道で同社初となる自動運転車の… 続きを読む

  • Uberの自動運転車はサイクリストを危険にさらす、と自転車愛好家グループが警告

    車のオンデマンド配車で巨大企業になったUberは先週、州の許可なしで公道上の自動運転車のテストを行い、論議を招いた。 本日(米国時間12/20)Uberは、自転車愛好家たちが、その試験車両には右折時の“右フック”(巻き込み)問題があり、サイクリストを重大な危険にさらす、と警告したため、火に油を注ぐ結果となった。 続きを読む

  • これがWaymoのテクノロジーで走る自動運転車クライスラーパシフィカだ

    これがWaymoのテクノロジーで走る自動運転車クライスラーパシフィカだ

    新たに生まれたアルファベットの子会社Waymo(先日までGoogleの自動運転車プロジェクトだった)に、新しいラインナップが加わった: 100台のクライスラーパシフィカハイブリッドミニバンだ。車載コンピューター、センサー、テレマティクスで構成されたWaymoのテクノロジーを用いて完全自動運転行うことを目指し、フィアット・クライスラーによって製造された車両である。新しい100台の車は、来年早々に開始す… 続きを読む

  • Uberはサンフランシスコにおける自動運転車のオペレーションを停止せず:陸運局への反抗

    Uberはサンフランシスコにおける自動運転車のオペレーションを停止せず:陸運局への反抗

    Uberはサンフランシスコでの自動運転車のオペレーションをやめるつもりはない。カリフォルニア州のDepartment of Motor Vehicles(DMV、陸運局)からオペレーションの停止命令を受けたのにもかかわらずだ。 DMVは、Uberが自動運転車のテストドライブを行う際にはあらかじめ許可を取る必要があると主張する一方で、Uberはそれに対し、問題となっているクルマは「真の自動運転車」とはまった… 続きを読む

  • GMが自動運転車のテストと製造をミシガン州で開始

    GMが自動運転車のテストと製造をミシガン州で開始

    GMのCEOであるMary Barraは、シボレーボルトを建設するミシガン工場で自動運転車の次世代の製造を開始する予定であることを発表した。また、デトロイト市街の公道で車両をテストする予定だと、GMは述べた。GMは既に、カリフォルニア州サンフランシスコとアリゾナ州スコッツデールの両方で、今年初めに買収したCruiseの自律システムを使って、自動運転車をテストしている。 ミシガン州でのテストは、企業や組… 続きを読む