運輸交通

 

  • データサイエンスとAIの作品でコンペを行うKaggleが国土安全保障省の空港のセキュリティ改善策懸賞に協力

    データサイエンスとAIの作品でコンペを行うKaggleが国土安全保障省の空港のセキュリティ改善策懸賞に協力

    空港のセキュリティを通ることは、どこでもうんざりする体験だ。しかも遅くて人に対し侵害的なプロセスでありながら、TSA(上図)には、脅威を未然に防いだという立派な実績があまりない。そこで国土安全保障省は、データサイエンスのソリューションのコンペを主催しているKaggleの協力を仰いで、空港のセキュリティシステムをより正確かつ効率的にするための、機械学習ツールの懸賞を開催している。 続きを読む

  • ウーバーティンよ泣かないで――Uberバッシングの原因を考える

    ウーバーティンよ泣かないで――Uberバッシングの原因を考える

    Uberはしばらく前からトラブルの渦中にあった。 この会社は「男の友情」的な気質の人間が「やれることは何でもやる」という態度で運営してきた。God ViewによるUberの利用状況のリークからジャーナリストに対するハラスメントまでこの企業文化がベースにあった。簡単にいえば、Uberは「許し難い罪」の上に作られた会社だった。 続きを読む

  • HTT、ハイパーループを韓国にライセンス――フルスケールのシステム建設を検討

    HTT、ハイパーループを韓国にライセンス――フルスケールのシステム建設を検討

    HTT(Hyperloop Transportation Technologies)はハイパーループ・テクノロジーのライセンスを新たに韓国政府に供与した。供与先の2つの教育研究組織はHTTのテクノロジーをベースにフルスケールのハイパーループ交通ネットワーク建設の可能性を研究する。 続きを読む

  • Uber取締役会、トラビス・カラニックの休職を検討――後任はガレット・キャンプか?

    Uber取締役会、トラビス・カラニックの休職を検討――後任はガレット・キャンプか?

    報道によれば、今日(米国時間6/11)、Uberはロサンゼルスで取締役会を開く。この8年のUberの歴史でも、もっとも重要な討議となる模様だ。 New York Timesの記事によると、最大の議題は、窮地に経つCEO、トラビス・カラニックを休職させるべきかだ。この問題に対する取締役会の態度は数ヶ月前に開始された元司法長官、エリック・ホルダーによる調査の結果に大きく左右されることになるという。 続きを読む

  • Googleの無人ドローンによる自動配達プロジェクトProject Wingが第一段階のテストを完了

    Googleの無人ドローンによる自動配達プロジェクトProject Wingが第一段階のテストを完了

    Googleの実験的部門Google Xの、ドローンを使った無人配達のプロジェクトProject Wingが今日(米国時間6/7)、その取り組みの重要なアップデートを一般に共有した。同社は、無人航空機システム(Unmanned Aircraft Systems, UAS)の航行管理に関する、FAAとNASAが制定した一連のテストを完了した。それは、人間操縦者のいない機がある地点まで到達して、荷物やそのほかの… 続きを読む

  • IntelのCEOがMobileyeの買収に150億ドルを投じた理由を語る

    IntelのCEOがMobileyeの買収に150億ドルを投じた理由を語る

    IntelのCEO Brian Krzanichが木曜日(米国時間6/1)のCode Conferenceでインタビューに応じ、自動車に関する彼の長期的なビジョンを語った。彼によると、“未来の車はサーバーのようなものになる”、という彼の予測が、イスラエルの自動運転技術のスタートアップMobileyeの買収にIntelが150億ドルあまりを投じた理由だった。 続きを読む

  • 「空飛ぶ自動車」のKitty Hawk、テストパイロットたちも大満足

    「空飛ぶ自動車」のKitty Hawk、テストパイロットたちも大満足

    Kitty Hawk Flyerは、昔から「空飛ぶ自動車」としてイメージされていたものに近いように思う。「自動車」としての機能はもっていないものの、一種のATV(All Terrain Vehicle:全地形対応車)と呼んで差し支えないように思う。これまでのATVよりも、より一層「全地形」に対応している。と、そのような言葉上の問題はどうでもよかろう。ともかく最新の乗り物であり、Googleの共同ファウンダ… 続きを読む

  • BMWの未来的なコンセプトバイクをスクーターと間違えてはいけない

    BMWの未来的なコンセプトバイクをスクーターと間違えてはいけない

    これはスクーターみたいだけど、実はBMW Motorrad Concept Linkといって、BMWのオートバイ、Motorrad(モトラッド)ブランドの、最新のコンセプトバイクだ。すべてを説明しようとして、長たらしい名前になってしまった。それは、そう遠くない未来にわれわれみんながこれで旅をすべき、あちこち角(かど)だらけの、SF的スタイルなのだ。 続きを読む

  • 【ポッドキャスト】交通政策の研究者が予見する自動運転車が普及したときの都市交通

    【ポッドキャスト】交通政策の研究者が予見する自動運転車が普及したときの都市交通

    今週のTechnotopiaでは、ニューヨーク大学Rudin交通政策研究所のアシスタントディレクターSarah Kaufmanにお話をうかがった。Kaufmanは、ニューヨーカーのための、そして世界の、新しい交通手段について研究しており、未来はきわめておもしろいものになる、と予想している。 続きを読む

  • Googleの創始者Sergey Brinの巨大飛行船は世界最大、人道支援目的に提供される

    Googleの創始者Sergey Brinの巨大飛行船は世界最大、人道支援目的に提供される

    Googleの協同ファウンダーSergey Brinが大きな飛行船を作っていることを4月に知ったが、今日(米国時間5/26)のThe Guardianはその続報として、プロジェクトの目的や性質について触れている。それはBrinと彼の取り巻きたちが私的に使う贅沢な空飛ぶヨットであると同時に、人道援助にも使われる。また、全長200メートル近くあるそれは、世界最大の航空機でもある。bigの次はbiggest… 続きを読む