運輸交通

 

  • これがイーロン・マスクのトンネル掘削機だ――会社ロゴもペイントされている

    これがイーロン・マスクのトンネル掘削機だ――会社ロゴもペイントされている

    イーロン・マスクのトンネル掘削会社は他の3社―SpaceX、Tesla、Neurolink―ほどミッションが明確になっていない。SpaceXとTeslaはすでに大きな実績を上げているし、新たに設立されたNeurolinkも脳とコンピューターの新たなインターフェイスを開発するという目標ははっきりしている。それにThe Boring Companyという社名は群を抜いてふざけている。 続きを読む

  • Googleのもう一人の始祖Sergey Brinはツェッペリン型の巨大飛行船を開発中

    Googleのもう一人の始祖Sergey Brinはツェッペリン型の巨大飛行船を開発中

    Googleの協同ファウンダーSergey Brinは以前から奇抜で冒険的な技術に取り組むことが好きだが、奇抜という点では今回のがいちばんかもしれない。Bloombergの記事によると、この謎多き億万長者は黒い服装が好きで、かつてはウェアラブルコンピューターGoogle Glassを宣伝するためにそれを着けたまま飛行機から飛び降りたこともあるが、今はNASAの格納庫で秘密の飛行船を作っている。 続きを読む

  • Google自動運転車の創始者が飛行車のスタートアップを立ち上げ、それをLarry Pageが支援、早くも試作機が湖上を飛ぶ

    このKitty Hawk Flyer(上図)は、Googleの始祖Larry Pageが支援している飛行車メーカーKitty Hawkの初期の実機のひとつだ。同社のCEO Sebastian ThrunはかつてGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げた人物で、このFlyerを年内に実際に発売する気だ。だからこれはもはや、遠い未来に実現する夢のプロジェクト、ではない。 Kitty Hawkはこのテスト飛行を… 続きを読む

  • Boomは超音速旅客機の復活を目指すスタートアップ――コロラドの本社をビデオ取材

    Boomは超音速旅客機の復活を目指すスタートアップ――コロラドの本社をビデオ取材

    Boomはスタートアップとしてきわけて野心的な目標を持っている。超音速旅客機の復活だ。Boomが開発しているのはコンコルドに似た機体だが、もっと大型で性能も優れており、何より経済性が高くなるはずだ。TechCrunchではコロラドの空港に位置するBoomの本社を訪れ、社員がまだ50人に満たない会社がどうやって超音速旅客機を実現しようとしているのか詳しく見てきた。 訪問した小さな空港には航空機関連の会… 続きを読む

  • AeroMobilが同社製飛行車の‘初版’の予約販売を開始、納車は2020年以降だ

    AeroMobilが同社製飛行車の‘初版’の予約販売を開始、納車は2020年以降だ

    空飛ぶ自動車“飛行車”を作っているAeroMobilの、ニューモデルが今日(米国時間4/19)発表され、この(別の意味で)ハイブリッド車の限定版の予約受け付けが始まった。同社の約束では飛行車の商品としての発売は2017年内とされているので、予約受付も‘発売’の一種と言えるかもしれないけど、でもその実際の出荷は2020年以降だ。本格生産のための体制づく… 続きを読む

  • 日本のルネサスも自動運転車用チップに次の成長を賭す、Analog Devicesとパートナー

    日本のルネサスも自動運転車用チップに次の成長を賭す、Analog Devicesとパートナー

    そのほかのチップメーカーと同様に、日本のルネサス(Renesas Electronics Corporation)も、これからの新しい産業、自動運転車に注力しようとしている。東京に本社を置く同社は今週この都市で行われた見本市で、R-Car Consortiumを発表した。それは、日本やアメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国などの企業や大学から技術者や研究者を集めた研究開発集団で、自動運転技術の将来的な高度化を… 続きを読む

  • 航空会社がオーバーブッキングする理由―統計専門家に聞いてみた

    航空会社がオーバーブッキングする理由―統計専門家に聞いてみた

    頻繁に飛行機を利用していれば誰にも経験があると思うが、チケットを片手にゲートにたどり着いたのに席がないという事態に出くわすことがある。A地点からB地点まで飛ぶ飛行機の席の数よりゲートで待っている人数の方が多いのだ。そこで誰しも「飛行機に200席しかないんだったらチケットも200席分だけ売ればいいだろう!」と思う。しかし航空会社がオーバーブッキングすることについてはビジネスの収支上、効率上の理由があ… 続きを読む

  • FCCは乗客が飛行中に携帯にがなりたてることを望まず

    FCCは乗客が飛行中に携帯にがなりたてることを望まず

    FCC〔アメリカ連邦通信委員会〕は商用航空路線の飛行機の中で乗客が携帯電話に向かってがなり立てることを望まないことを明らかにした。 FCCのアジット・パイ委員長は飛行機の中では静寂が確保されるべきだと考えている。パイ委員長はアメリカ人の大半も同じ意見だと確信している。パイ委員長はFCCに対し、飛行中の携帯電話による音声通話を解禁する2013年の計画を最終的に破棄するよう命じた。 続きを読む

  • 飛行自動車を作っているAeroMobilが$3.2Mを調達して物理モデルの生産とデモへ

    飛行自動車を作っているAeroMobilが$3.2Mを調達して物理モデルの生産とデモへ

    ヨーロッパの企業AeroMobilは、飛行自動車の市場化を目指している。その同社がこのほど300万ポンド(320万ドル)の追加資金を獲得して、その乗り物の物理モデルの生産とデモに挑戦することになった。すでに、機体の設計の数学的および幾何学的テストには成功している。 その機体が空中と地上の両方で運行できることは、すでに2014年のプロトタイプAeroMobil 3.0のデモで証明している。 続きを読む

  • Zunum Aeroは空の電気コミューターを目指す―ボーイング、JetBlueが支援し2020年に実現の計画

    Zunum Aeroは空の電気コミューターを目指す―ボーイング、JetBlueが支援し2020年に実現の計画

    ボーイングのベンチャーファンド、Boeing HorizonXとJetBlue Airwaysのベンチャーファンドが出資するスタートアップ、Zunum Aeroは近距離用ハイブリッド電気航空機を2020年までに就航させる計画を発表した。航続距離は当初700マイル(1100km)程度だが、2030年までに1000マイル(1600km)に延長する計画だ。これだけの航続距離があれば、アメリカではほぼあらゆるポ… 続きを読む