Del.icio.us、がんばれ…

次の記事

CrunchBoard、ジョブサイトスタート

Del.icio.usはYahooに買収されてから8ヶ月近くになるが、あいかわらずソーシャルブックマークのチャンピオン。しかし最近の統計はあまり良くない。どころか、ある見方からするとまるでダメ。Comscoreによると、米国でのユニーク訪問者数とページビューは2006年4月に (それぞれ455,000人、400万ページビュー)ピークを迎えている。6月になると数字はユニーク訪問者350,000人、100万ページビューに落ちている。

低下ぶりは顕著だ。訪問者は22%減少、ページビューはなんと75%減少している。今年に入ってからのトラフィックの増加を完全に帳消しにしたかたちだ。Del.icio.usは事実上2005年12月に買収されたときの水準に逆戻りしてしまった。数字自体はともかくとして、トラフィックの低下傾向自体は確実だろう。

断っておくと、この数字はdelicious.comについてのもので、del.icio.usのものではない(ただしdel.icio.usが.com ドメインを所有している)。 私はdel.icio.usのファウンダーJoshua Schacterに説明のコメントを求めた。残念ながら彼の返事は「広報を通さなきゃならん」だった。やれやれ、なんと時代は変わってしまったことか。私が12月にYahooのdel.icio.us買収を知ったのはJoshuaからのオープンな、広報抜きのインスタントメッセージだったというのに。ともあれ、この点について明日にでもYahooのしかるべき人間が広報コメントをくれることを希望する。

Comscoreと違って、Alexaの統計だと、ページビューは4月にピークを迎えた後、高原状態を続けている。(比較のためリンク先のグラフにはDiggを加えておいた)。

ComscoreとAlexaのどちらが正しいのやら、真実は中間にあるのやらわからないが、del.icio.usはまずい状態に陥っており、ここから抜け出す必要がある。

今年に入ってからいくつかの重要な機能の拡張が行われている。4月にはネットワーク機能が追加され、友人のブックマークを登録してモニターすることができるようになるなど重要な改善が行われた。

今日(米国時間8/4)この機能に加えて、ウェブサイトから利用できるネットワークbadge widgetと、特定のタグを利用しているユーザー情報を閲覧する新しい方法がリリースされた。

これらの2つの機能に加えて、del.icio.usはユーザー同士のコネクションをさらに緊密なものとすべく努力を続けています。この方向でさまざまな計画が進行中。ご期待ください。またご意見、ご希望があればお寄せください。

あーあ(あくび…)。今のところこの記事にコメントがひとつもついていない。Yahoo Search Blogに載ったのだから普通なら活発な議論を呼ぶはずなのだが。del.icio.usは先進的アーリーアダプター・ユーザーを失ってしまったのか? ソーシャルブックマークはメインストリームに食い込むことに失敗してしまうのか?

私の考えではメインストリームのユーザーはソーシャルブックマークならdel.icio.usを選ぶのではないかと思う。ちょうどFlickrの機能が写真分野でメインストリームになりつつある(Yahoo PhotosもFlickr的機能を取り入れている)のと同様に。一部のユーザーはもっと大胆で派手なデザインと機能を望むかもしれないが、私はそれは解決策にならないと思う。ブックマークをさらに簡単にできるようにし、情報共有ツールを改善することこそ重要だと思う。最近紹介した Blue Dotという会社のことが、私はずっと気になっている。ここのサービスにはメインストリームの注目を集めるようなものがいろいろと良い感じで揃っている (ブックマークを友人と簡単にシェアできる機能が気に入っている)。

がんばれDel.icio.us。また輝いてくれ。

[原文へ]