Browzar

Browzarは単なるアドウェアブラウザか?

次の記事

ジュークボックス対応のLast.fm + Diggを目指すPartystrands

今週始めBrowzarという新しい“安全”なブラウザがリリースされたという話題で盛り上がった。InfoWorldによれば「競争の激しいインターネットブラウザ市場への最新の参入者」ということだった。製作者によればBrowzarはクッキー、履歴、入力のオートコンプリートなどの機能を無効にしているためウェブ閲覧がより匿名化され安全になるという触れ込みだった。話はあちこちに伝わり、BBCCNETSlashdotDigg, その他が記事にした。われわれのTechCrunch UKでも取り上げている。

当初からこの製品は「IEから迷惑な機能を取り除いただけで、何も特別なものではないのでは?」という疑いが持たれてはいた。しかし上記の記事はどれも調査不十分だった。Browzarはセキュリティーの観点からなんら有益な製品でないだけでなく、その“ブラウザー”はしつこくOvertureの広告ページへリダイレクトを繰り返すことによってユーザーにオンライン広告をクリックさせようと全力を挙げる製品であることが判明した。

今日(米国時間9/1)、Web3.0logは実際にこの点について追加テストを実施し安全なプラウザの新製品Browzarはニセモノだ。アドウェア満載という記事を掲載し、機能別に徹底的に調査している。

前の報道とは違って、BrowzarはOvertureの広告をユーザーに強制するように仕組まれた単純なIEコンポネントのブラウザにすぎないようだ。製作者はキャッシュや履歴のプログラムを書かなかっただけで、それを「機能」と呼んでいるらしい。起動ページや検索機能はひたすらOverture の広告へ誘導することに集中しており、ユーザーは設定を変更することが一切できない。さらに一部のユーザーからの苦情によればURLのオートコンプリート(自動補完)が正常に作動せず、ユーザーが意図しないのに勝手に広告満載のBrowzarの起動ページに飛んでしまうという。

Web3.0logは次のように結論している。「以前は悪プログラムの開発者がiEユーザーを騙して起動ページや検索ページを乗っ取るアドウェアをインストールさせようとあの手この手を尽くしたものだ。それが近頃ではユーザーが自分から進んでアドウェアをインストールするだけでなくそれを ニュースに書いている。これが本当のWEB2.0スタイルだ!」

Browzarについて自分自身で判断したいならそれもよいが、引き金を引いてしまう前に、自分がダウンロードしてきたものの内容をよく理解しておくのを忘れぬよう。

【日本語版ひとこと】
WEB3.0logによると「検索ボックスからdel.icio.usと入力するとdel.icio.usが表示されず“Find Delicious on eBay“のような妙な結果が出る。ステータスバーをよく見るとwww6.overture.comに飛んでいる」とのこと。

[原文へ]

“Browzarは単なるアドウェアブラウザか?” への2件のフィードバック

  1. […] BuddyWaveはMySpaceを毎日20ページくらい読んでいる何千万人ものMySpaceユーザー向けに完全に特化した新しいブラウザだ。このブラウザはWindowsマシンにダウンロードできる。カスタム機能のほとんどはこのブラウザを通じてMySpaceにログインしてからでないと使えない。われわれがテストしたときはログインにかなり苦労した。結局何回か試みた後で成功したが。BuddyWaveはInternet Explorer 7の基本コンポネントを利用したブラウザで、それにいくつかMySpace専用の機能が付加されている。下のスクリーンショットをクリックすると拡大画像が見られる。Flockと同様、BuddyWaveはソーシャルネットワークのユーザーを特にターゲットしてデザインされている。(もっともFlock とBuddyWaveを比較するのは当を得ていない。Flockはフル装備のMozillaベースのブラウザであるのに対し、BuddyWaveは、いいところおもちゃに毛が生えた程度の開発段階にある)。BuddyWaveには2つのメインになるツールが用意されている。一つはインスタントメッセンジャー的な「友達」リストの管理ツールで、もう一つはユーザーのMySpaceプロフィールを編集するAjaxツールだ。どのように作動するか、デモを参照。(BuddyWaveのトップページにリンクがある)。ここからは悪いニュースになる。MySpaceは公式にAPIをサポートしていない。このブラウザは、ユーザーの要求をMySpaceに伝達するプロキシーの役割を果たしている。ということはMySpaceはいつなんどきでもBuddyWaveをシャットアウトすることができる(し、実際にするかもしれない)ことを意味する。またMySpaceがAPIの変数を少しでも変更すれば、動作、特に認証はBuddyWaveがソフトウェアをバージョンアップするまで停止することになる。BuddyWaveブラウザには自動アップデート機能が組み込まれているが、おそらくは将来不可避となるこういった事態への対策なのだろう。一方、この自動アップデート機能は、BuddyWave側がどんなソフトであろうと、好むままにユーザーのマシンに送り込んで実行できる戸口の役目も果たしている。またBuddyWaveでいちばん便利な機能はAjaxを利用したプロフィールの作成/編集機能だ。しかし、この機能は、実はサードパーティーのエディタ、KillerKiwiをブラウザに送り込んで、ウィンドウ内で作動させているに過ぎない。MySpaceのユーザーは、別にBuddyWaveを使わなくても、どのブラウザからでもKillerKiwiのサイトに行ってこのエディタを利用することができる。ある意味、BuddyWaveはBrowzarを思い出させる。これもIEベースのブラウザで、去年、ローンチ当初の15分くらいは注目を集めたものだった。しかしBrowzarとは違い、われわれが見たかぎりでは、BuddyWaveはユーザーに巧みに広告を見せるための手段というわけではなさそうだ。インターネットにアクセスしている時間のほとんどをMySpaceを読んで過ごしており、IEベースのブラウザを使うのが気にならないユーザーにはBuddyWaveは多少の使い道があるかもしれない。そういうユーザー以外、インストールは少なくもとも大きなバグがフィックスされるまで待ってからでよいだろうと思う。同社はNew Mexicoに本拠を置いており、22歳の大学中退組によって創立された。BuddyWaveのブログはここに。ファウンダーの一人は以前MyWhatSpaceを立ち上げており、昨年われわれが取り上げたことがある。[原文へ] buddywave […]

  2. 目疲れ より:

    なんじゃそれ!
    最後の日本語のオチが一番面白い😛

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在367人フォロワーがいます。