SixApart
Rojo

Six Apart、Rojoを買収

次の記事

Facebookのユーザーが反乱、Facebook回答する

ブログプラットフォーム企業Six Apartは、フィードリーダーそれに検索エンジンとしてBloglinesやその他企業と競合するRojo買収について今朝(米国時間9/6)発表する見込み。

条件については明かにされていないが、金額は500万ドル以下ではないかというのが私たちの推測。Six ApartはRojoのコアプロダクトを継続して開発するつもりはない。プレスリリース中(申しわけないが、リンクはまだ提供されていない)、「Six Apartは、Rojoニュースリーダーサービスの主要株をこの先数ヶ月内に売却予定」とSix Apartは述べている。つまり、Six Apartは同サービスの少数株主になるだろうということだ。Rojoのファウンダー/CEOのChris Alden、CTOのAaron EmighはSix Apartのエグゼクティブチームの一員となる予定。

これによって、Rojoの長い間の伝説的なストーリーは終わりを告げることになる。同社は2003年6月設立、2004年10月にローンチ。 TPG Ventures、BV Capital、Marc AndreessenそれにRon Conwayという花形投資家のチームを抱えていた。Rojoは一貫してすばらしいプロダクトをリリース、忠実なコアユーザー層を持っていた。Rojoは将来を約束されたスタートを切り、ユーザー層は徐々に増加し続けた。しかし、過密競争がとても激しいフィードリーダー分野はBloglines、Newsgatorそれにその他のサービスによって支配され、競争を継続するには厳しい分野だった。Rojoプロダクトがこれからも発展、継続してほしいと思う。私のお気に入りのサイトの一つでもあった。

私たちのSix Apartについての過去記事はここ(日本語記事)(英語記事)。Rojoについてはここ(日本語記事)英語記事)。また、私たちはRojoのChris Aldenを含む多数のフィードリーダー企業のエグゼクティブ達と、とても活発な議論を数ヶ月前にTalkCrunchポッドキャストで行った。

[原文へ]