Amazon Unboxがいよいよオンエア

次の記事

ウェブ会議のWebExにFOSS(フリー・オープンソース・ソフトウェア)のライバル、DimDimが登場

Amazonの動画ダウンロードサイトUnboxが本日(米国時間9/7)オンエアになった模様だ。Amazonトップページにはまだリンクが出ていないが、unbox.comの直接リンクは動いている。このサイトについては先月公開前のプレビューを紹介した。TV番組の買取りは1話1.99ドル、映画は10ドル~20ドル、レンタルは3ドル。動画ダウンロード部門の競争が激化する中、AmazonがiTunesに正面対決を挑んだ点は特筆に価する。Appleは来週にも動画ダウンロードの発表を行うことが予想されるが、もしかしたら新作リリースを最高15ドルに抑えることでAmazon進出の足場を崩しにかかる可能性もある。

AmazonがAppleの動画ダウンロード参戦の先を越してローンチした点はスマートだったが、Amazonのサービスにはかなり制限がかかっている。動画再生ビューにはデスクトップ専用のソフトが必要だが、これはWindows対応のみである。動画はDVDに焼けないものもあり(バックアップで焼く以外にDVDプレイヤーでは再生できない可能性もある)。また、レンタル動画はダウンロードして30日以内に見ないとダメで、しかも再生開始から24時間以内に全部見ないといけない。

[原文へ]