OK、今日のAppleの記者発表を総括しておこう

次の記事

NBC、b2bのネット動画アグリゲーターを公開

Steve Jobsが本日(米国時間9/12)サンフランシスコのステージで山ほど発表した内容。新型ハードウェア。新型ソフト。全スペクトラム。私もこの日は会場にいたのでリアルタイムの原稿はこちらで読める。私の写真はココ。要は既存iPodのラインのすべてに改善が施されたわけだが、(噂のタッチスクリーンiPodのような)重大な変更は特に発表されなかった。 これからは動画ダウンロードができて、新型ハードウェア端末「iTV」(仮称)が出る、これでiTunesがリビングで楽しめる、まあ、そういうことだ。
発表の詳細は以下の通り。

動画対応のiTunes 7

iTunes 7デビュー。Steve Jobsが現時点の数字として明らかにしたところによれば、同社がiTunesで販売したダウンロード楽曲は計15億曲の大台を突破した模様。全主要ネットワークのテレビ番組を取り揃えており、取扱い対象は計220番組におよぶ(アップルがここまでくるのに丸1年かかった)。

一番大きな変更は映画のダウンロードが可能になったこと。参加するのはディズニー傘下のMiramax、Pixar、Touchstone、Disney の映画だけ。ダウンロードはDVDリリースと同時発売で既に75本揃っている。価格は予約注文&リリース第1週目が$12.99で、その後は新作リリース $14.99。ライブラリ収蔵作品は$9.99。使用上のルールはTV番組と同じなのでDVDへの焼付けはできない。

iTunesはオーガナイズも格段に改善された。カバーのアートワークは全曲自動ダウンロード。iTunesアカウントさえあればリッピングされたMP3でも同じようにダウンロードしてくれる。

新インターフェイス搭載でアートワークはざっとスクロールして見ることができる。アルバム名とアーティスト名で整理するので、自分の聴きたい曲を見つけるのは一発だ。聴きたいアルバムが見つかったら、そのアルバムの全収録曲が下に出てくる。この写真は山のように押さえといたけども、その真価は実際スクロールしてみないと分からないだろう。

iPodのアップデート

これが一番大事かな。でかいiPodというのは相変わらず。ただ標準装備のエアフォンが新モデルに変わった。iPodの80GBバージョンも新登場。で、30GBモデルは$250にプライスダウン、80GBモデルは価格$349。
Nanoとシャッフルのニューモデルも新発売。Nanosは容量が基本的に倍になって最大8GBに。しかも価格は従来と変わらない。好みで選べる新カラーを新たに導入(8GBはブラックのみ)。シャッフルはデザイン一新 (ここここに書いてるよ)。サイズは従来の半分以下、1 GBモデルだけに(価格$79)。ヘッドフォンとドックは標準装備。全モデルともスクリーンはかなり明るくなってバッテリーの寿命ものびた。

iTV

これは動画と同じぐらい大きいニュースだろう。iTVはホームネットワークにwifi接続したり、テレビに繋いで使う新ハード端末。iTunesと iPhotoのコンテンツがテレビの画面上で楽しめる、というのが基本コンセプトだ。WindowsとMacのパソコンにも対応している。2007年第1 四半期リリース、価格$299。こちらの写真はここここここだ。 iPodで買えるテレビ番組のライブラリも随分大きくなった今、Microsoft Media Centerに代わる本命のソリューションと言えそう。ひとつだけハッキリしないのは楽曲みたいにリッピングされたDVDもiTunesに取り込めるかどうかだが、コレができたらiTVは、もっと使える端末になるだろう。

[原文へ]