速報! GoogleがYouTubeを買収

次の記事

FoxはGoogle/YouTube契約の一因か

たった今入ったニュースだが提携が成立した。買収額$1.65B(16億5,000万ドル)はGoogle創業以来最大のビッグディールとなるが、これは全て株式譲渡で行う。両企業とも役員会で承認を得ており、今四半期中に取引完了となる見込み。YouTubeの社員65人は同社の現本社(San Bruno サンブルーノ)でこれまで通り業務を行う。

交渉では、最後の最後の瞬間までYahooが買収価格吊り上げ交渉で食いついたことも明らかになった。

Googleは本契約に関し議論されるカンファレンスコールとウェブキャストをホスティングしている。たった今始まったばかり(米国時間14:00頃)。ライブでの聴取はhttp://investor.google.com/webcast.html。ライブを見逃したものは、米国時間10/16月曜日の夜中12時までにはこのコールのリプレーが公開される予定なのでそちらをチェック。国内からのは888-203-1112、そしてインターナショナルでは719-457-0820。リプレーの確認コードは2260624。

本件はから始まりものすごいスピードで現実となった。

コンファレンスコール要点メモ:

コールに出てるのはEric Schmidt(Google社CEO)とChad Hurley(YouTube社CEO)、 David Drummond (Google社主席法律顧問) その他の面々。

まずEricが登場するなりコンテンツ提携のアナウンス。YouTubeファウンダーの Chad HurleyとSteven Chenは[Googleのファウンダーである]LarryとSergeyのことを思い出す、とEric。

Chadの番。何故Googleからの買収を受け入れたか、その理由を語る。Googleの広告プラットフォームがYouTubeにピッタリ統合できる点が決め手だった、カルチャーもものすごく似ている、という。

Steven Chenの番。YouTubeの“画期的技術”がGoogleのプラットフォームに完璧に マッチすると語る。

Sergeyが出てきた。“Googleの使命は、世界中の情報をオーガナイズすることだ… 動画は世界の情報の大事な部分だ”という。Google の一番の強みは検索と広告だ、と語る。

質疑応答が始まった。私もリクエストに並んでみた。Fox/Myspaceのことを、ちょっと聞いてみたいんだ。

トップバッターはMorgan StanleyのMary Meekerだ。YouTubeのコンテンツのこと、それがどうGoogleに統合されるのか。そこから、どう儲けるのか。

JP Morganの番。なんでまた全株式譲渡なのか、Googleには自社独自の動画サイ トがあるのになんでYouTubeを買うのか、その理由を尋ねている。

David DrummondはYouTubeの株主たちに税金がかからないよう株式取引にした、と答えた。

Ericは、YouTubeのポジションと製品は非常にユニーク、Googleはその点を非常に高く評価した、と語った。

YouTubeの著作権コンテンツの自動認識を行う新技術に質問が移った。

「プレロール広告(pre-roll ads)」[ビデオクリップ再生前に挿入される広告]について。これは明確な回答がない。あらゆるオプションを考慮する、というだけだ。

コンテンツ・プロバイダーへの収益分配と、どう会社の価値を算出したのか、について。これも回答なし。「財務面の取引の詳細は話せない」。パートナー各社にとっても非常に良い提携だ、とEric。買収価格は「非常にフェア」なラインに落ち着いた、とDavid Drummond。

著作兼問題に質問が集中している。

ABC NewsはGoogleとYouTubeの二社間の統合について質問。Steven Chenは、統合すべきポイントをリストに洗い出している最中で、作業が終わるのは数週間後だ と語る。

検索との統合はとても重要だ、とSergey。これについてはいろいろ実験を行う、という。Google Videoは潰さない、とEric。

YouTubeの競り落とし戦争について。回答なし。

「YouTubeは(買収には応じないで)独立した企業で残る」とChadが今夏宣言した点に質問が及ぶ。提携後もお互いのためにも独立したまま残るとChad。ほかに答えようがないだろう。

まあ、そんなところだね。この手のコールはいつもこんなもんだ。結局、私に質問の出番はなかった。:-)

YouTube、提携おめでとう。最初にYouTube のこと書いた のは2005年8月だった(出先のスタバから書いたっけ)。そして、Chad Hurleyに会ったのは一番最初のTechCrunch パーティーだった。

[原文へ]