Campus-Reader

Campus Reader、カレッジニュースをアグリゲート

次の記事

TechCrunch New York、申し込みは今すぐ

Campus Readerは、米国内300にのぼる大学が発行している新聞のフィードをアグリゲートする新サイト。良く出来ているし、もとになっているアイディアはとても良いと思う。

サイトは読者がどこからアクセスしているかを自動的に探知、サイトビジターの地元、地方、それに全国のカレッジ新聞を多数のカテゴリー別に表示。ユーザーは記事に対してコメント、評価可能で、トップ記事はサイドバーで目を引くように表示される。ガールフレンドが通っている地元のカレッジ、僕が卒業した隣町の大学、それに地元にあるその他いくつかのカレッジからの「今日のトップ記事」全部を1ページで見られるというのをとても好ましく思っている。

Web 2.0的なツールを活用してカレッジニュースをアグリゲートしている他の類似サービスというのは見つけられなかったが、時間の問題だった。カレッジ自体がポッドキャスティング、ブログそれにRSSを採用し始めた。特定のある組織に属さない人たちだけがこの種のサイトを素早くそして比較的魅力的な方法で実現できる。もし、スクール2.0的な発想方法に熱心な人には、Brian Benzingerによるコンシューマー対象の教育関連のWeb 2.0アプリに関する二部にまたがる長文記事をSolutionWatchでチェックしてほしい。

College Readerは最近大学を卒業したミシガン州のAdam Long、Steve RichertそれにCarl Paulusの3人によって制作された。AJAXがふんだんに利用されている。パフォーマンス改善の余地、それにもう少し考えてみたほうがよいのではという部分もある。リンク上に(カーソルを)ホバーした際、記事のプレビューが表示されるというのは大幅な改善だろうが、サイトは今でもスローで、これだと新機能を追加することでサイトをさらにスローダウンさせることにつながるかもしれない。現状では、ユーザーが見出しをクリックすると記事への評価、コメントを残せるサマリーページに誘導される。全文記事を読みたいと誰もが思っているのに、アグリゲーションサイトは法的な理由によりサマリー部分しか独自のコミュニティメタデータを収集することが出来ないという、全くどうしようもないジレンマに陥っている。現実には、オリジナルのカレッジ新聞サイトに掲載されている全文記事を読んでから、コメントを残すことの方がはるかに多いだろう。ある種、StumbleUponあるいはRedditのようなスタイルのツールバーをCollege Readerサイト上に設置することが、サイト外の記事への評価やコメントをユーザーから残してもらう現実的な手段として有効だろうと思う。

僕はRSSリーダーをとても気に入っているし、必要なニュース全部をRSS経由で入手することも可能だろう。しかし、僕は依然としてOriginalSignalやTechMemeといったサイトに一日中アクセスして見ている。特に、ページロード(スピード)とサイトのナビゲーションといった点が改善されたら、僕自身それにその他多くの人たちがCollege Readerを「毎日チェックしてみるおきまりのサイト」に追加するだろう。

[原文へ]