Edgeio、シリーズAで$5M(500万ドル)を調達

次の記事

Facebook、ソーシャルブックマーキングのベータ版を試運転

一般告知のクラシファイド掲示板を運営するEdgeioは私がKeith Teareanyと昨年共同設立した会社だが、今日(米国時間10/24)シリーズAファイナンシングで$5M(500万ドル)を調達したことを明らかにした

このラウンドはIntel Capital がとりまとめており、Transcosmosからの調達分も含まれている。前回のエンジェル投資分(出資者はRon Conway、Jeff Clavier、Claudio Chiuchiarelli、 Frank Caufield Jr.、RSS Investors、Millenium Technology Ventures、Michael Tanne、Auren Hoffman、Sam Perry、Bill McCabe、Louis Monierの各人)も今回のラウンドで、ブリッジローンが優先株に転換された。

利益のコンフリクトが絡むことなので詳細はご報告できないが(私自身はこれまで通りedgeio取締役兼株主)、この件についてはBusinessWeekVentureBeatGreg Sterlingなどの関連記事を参照されたい。新たな報道が入り次第、以下にリンクを追加していくつもりだ。2月のedgeioローンチに関するエントリはこちら

その他の関連記事:
Rex Dixon

[原文へ]

** TC日本語版アンケート実施中(本日25日まで):
50名様にオリジナルステッカープレゼント。ご協力よろしくお願いします。***

“Edgeio、シリーズAで$5M(500万ドル)を調達” への2件のフィードバック

  1. Rex Dixon より:

    Domo Ori Gato TechCrunch Nippon! 🙂

    Rex

  2. […] Edgeioは私が共同ファウンダーとして2005年に創立した会社だが、今晩(米国時間12/7)最後の取締役会を開き、会社の運営を停止することを決定した。EdgeioはTechCrunch DeadPool入りする。ベータテスト期間を経てEdgieoは2006年2月にローンチした。この会社は当初、小額のエンジェル資金で創立された後、2006年10月にIntel CapitalなどからシリーズAラウンドで$5M(500万ドル)を調達した。Edgeioは予定どおりこの資金使って運営されてきた―つまり、今月で資金を使い果たした。製品開発の計画も順調に進んだ。開発の遅れが問題となったわけではない。しかし問題は収入だった。売り上げが立たず、ユーザーや提携相手の獲得の面で計画どおりにはいかなかった。つまり、これ以上だれもこの会社に金をつぎ込んでくれる相手が存在しないことになった。ここ数ヶ月、CEOのKeith Teareは会社を続けていくためにいくつもの計画を作って努力してきたのだが、残念ながらどれも成功しなかった。そこで今夜、取締役会としてはやむなく会社を閉鎖する決断を下した。手続きは整然と行われた。従業員は解雇されるが、未払いの賃金はない。今日の求人状況を考えると、全員すぐに新しい職を見つけられるものと期待している。この2年、私の役割は取締役としてのものに限られていたが、ファウンダーの1人として当然私は残念に思っている。しかしスタートアップとはこうしたものだ。ときに成功するが、ほとんどの場合は失敗に終わる。Edgeioには成功の運がなかった。Keithとそのチームはあらたな挑戦を始めることになる。次は成功することを願っている。ちなみに、 われわれの求人サイトはEdgeioが運営してきたが、1日、2日のうちに移管される予定だ。[原文へ](翻訳:Namekawa, U) DEADPOOL edgeio […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中