GoogleがWikiコラボのJotspot買収

次の記事

ESnips、メディア共有サービスに$2M(200万ドル)確保


Googleが今日(米国時間10/31)、wikiベースの会社Jotspot買収を発表した。これによりGoogleのオフィス戦略はたちまちリッチになった。Jotspotのビジネス主導型サービスはカレンダー機能やフォト共有など山ほどある各種アプリを丸ごとwikiのフレームワークにプラグとして組み入れるサービス。今夏新たに登場した

サービス紹介記 事では、Jotspotが “ホストつきの商用wikiとしては最高のサービス”と書いた。Yahoo!が5月にJotspotを買収するらしいと騒がれたときの噂はここにまとめた(本家版)Jotspotの全関連エントリ(英語)(日本語)はここ。

wikiを別にすれば、Jotspotのプラグ・アンド・プレイアプリなんてのはどれもGoogleが既に自社版を持っているから、買収はコラボ協働作業用軽量ホスト型ビジネスのアプリを速攻で実現できる敏捷なチームを召還したいというGoogle側の願望の現われだろう。Googleはプロジェクト管理用アプリにJotspotを持ってくる可能性もあるが、これはGoogleが抱えるオフィス用プラットフォームの中で最も要となるミッシング・ピース(行方不明のピース)のひとつだ。いざGoogleがJotspotを新ユーザー向けに再オープンする際にはwikiという枠組みを超え、wikiベースのプロ ジェクト管理サービスとして再登場させるかもしれないと僕は睨んでいる。

CLASS=shotPalo Altoに本社があるJotspot。同社の話では現カスタマー数は2,000人以上で、月額$5か$200の使用料を負担している。Jotspot社のイントロページとスクリーンキャストはまだネットで見れるけど、まもなく削除されるだろう。今日付けで既存顧客は全員、使用料課金が停止となった。さらにGoogleのサービスに残務の統合が完了するまで新規アカウント登録も一時クローズとなる。
ファウンダーのJoe KrausとGraham Spencerの2人は、初期ウェブポータルExcite(現IAC子会社)のファウンダーでもある。一時は黎明期のウェブの星と騒がれたエキサイトだ が、最初の買収では$10M(1000万ドル)にも満たない安値で買い取られてしまった。

Jotspotは2004年に第1回ラウンドでRedpoint VenturesとMayfieldから$5.2M(520万ドル)の資金を調達した。「$100,000(10万ドル)もあればJotspotはマーケッ トできる」、というのがJoe Krauseの口癖。

Jotspotは最も成功した基盤の固いエンタープライズ2.0系企業の一つとして引き合いに出されることが多いので、おそらく同社のような小規模なス タートアッ プ企業にしては良い取引価格がついたのではないか。詳細はまだ不明だが、Jotspotは強い会社だ。今買収は既に成立にこぎつけた。 Googleは最新の決算コールでYouTubeの全株式換算という買収スタイルは極めて異例な処置であることを明らかにしている。てことはGoogle はかなりの額をキャッシュでJotspotに支払った公算が高い。

JotspotがGoogleが抱えこんでいる多数のウェブアプリのようにスムーズに統合することができれば、来るべきウェブ共同分野の戦いも Googleは順当に勝ち抜いていくだけの強靭な体力を蓄えることができるだろう。次はウェブ会議か? もう企業買収は秒読みという気がする。

[原文へ]