Amazon、内部リンクを売りに出す

次の記事

Gmail For Mobile、今日ローンチ

Amazon.comのグループ会社、A9.comは「Clickriver」と呼ばれる新しいpay-per-click (PPC)広告ネットワークを構築。Clickriverにより、Amazon.comのプロダクトページそれに検索結果ページの周囲にテキスト広告を表示できるようになる。これにより、Google AdWordsYahoo! Search Marketingそれにその他多数の同種のサービスと競合することになる。しかし、Clickriverはローンチ時点においては、Amazon.com所有のウェブサイトに限って広告提供する予定。
つまり、仮にユーザーがAmazon上で何か販売しているとしよう。その場合、自分の他の販売アイテムページにユーザーを誘導するための広告としてPPC広告を競売で入手できる、ということだ。人気ページ上に「関連アイテム」として表示されることは売り上げを伸ばすた めの大きな起爆剤になるかもしれない。それに、これによりAmazonはこれまでの強みを必需品と転換しつつある。何となく、共食い的な感もある が、多大な利益を生み出すかもしれない。とても興味深いと思う。同サービスは現在、クローズドベータの申し込みを受け付けている。
やがては、外部サービスもAmazonページで広告を販売するようになるだろう、とClickriverサイトは述べている。AmazonのA9は、地上 写真をマップ検索に取り込んだものなど注目を集めたサービスを最近になって棚上げしている。今回の新サービスはA9チームが追求するべきはるかに利益性の 高い方向に違いない。

Steve Poland
が記事執筆を手伝ってくれた。しかし、Clickriverはパートナーシップを妨げる恐れがある資源の無駄使いだと考えている。

[原文へ]