YouTubeの新機能

次の記事

Webjam、ユーザーはコピーで自分のページが作れる

先週後半、YouTubeは2つの大きな機能追加を行った。 「Quick Capture」と「Streams」だ。

このうちより興味深いのは「Quick Capture」で、これはユーザーが自分のコンピュータを経由して直接YouTubeへ録画できる機能だ。これまではユーザーは[ビデオ入力を]どうにかしてまず自分のコンピュータに保存し、それからYouTubeにアップロードしてFlashにエンコードするという手順を踏まねばならなかった。 Quick Captureを使えば、手順のいくつかが省けて、オンラインビデオを作るのがもっとずっと簡単になる。これは特に他のビデオに対してすばやくビデオコメントを付けるのに役に立つはず。これには編集機能はないので、簡単ですばやい録画のための機能と考えるとよい。私は、この機能はYouTubeにアップロードされるビデオの数を目に見えて増加させる効果があると思う。ビデオメッセージを録画するときには、バックに著作権のある音楽を流さないようご注意。

もうひとつの新機能、「Streams」はまだTestTube[試験管]と呼ばれる実験室でテスト中。ユーザーはトップにあるテーマに沿ったビデオが並んだ部屋を作ったり、そういう部屋に参加したりできる。部屋に入った すべてのユーザーはグループチャットができ、また自分のビデオを追加することができる。これも面白い企画で、YouTubeのビデオクリップ全てにチャッ トボックスが付いても私としてはかまわない。しかし結局のところ、タイムシフトされたチャット―つまりビデオにつけられたコメント―の方がはるかに実際的 な議論の手段として面白いと思う。私は他のブロガーほどこの機能に感心はしていない。Streamsはテストラボを出られないかもしれない。いずれにしてもYouTubeのユーザーに対しては限られた影響しかもたらさないだろう。

[原文へ]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中