Yahoo、MyBlogLogを買収。待て、違った。いや、今度は間違いない!

次の記事

Skype、鼻をあかされる

OK、今度こそ公式にYahooが確認した。YahooはMyBlogLogを買収した。これは去年の11月から噂になっていたが、なかなか確認できなかった。われわれの記事もそのような状況に合わせてアップデートされてきた。今朝、また買収のニュースが入ってきたが、すぐに取り下げられたかと思うと、また浮上してきた。今度こそホンモノなのか、見当がつかなかったので、私はYahooの製品戦略担当VP、Bradley Horowitzに電話してみた。すると、彼は買収の事実を確認した。しかも、交渉が成立したその時、Om Malikはファウンダーの1人であるScott Raferとディナーを共にしていたというのだから、間違いなく決まりだ。

MyBlogLogはYahoo Developer Networkの一部となり、Chad Dickerson の指揮下に入る。(ChadはBradleyの指揮下にある)。買収金額は確認できていないが、噂では$10M~$12M(1000万ドルから1200万ドル)といわれている。

MyBlogLogがYahoo Developers Networkに属するというのは良い兆候だ。Yahooの最近の買収はユーザーの利益をよく考えて行われており、今回の買収も同様の観点からうまく取り扱われそうだ。Bradleyは、事実、MyBlogLogにYahoo IDでログインできるようにする予定だと明言した。そうなれば、潜在的ユーザーベースは飛躍的に拡大することになる。

MyBlogLogチームにはおめでとうを言いたい。このプロジェクトは後も振り返らずロケットのように急上昇して成功した。われわれTechCrunchもMyBlogLogコミュニティーのメンバーであることを誇りに思っている。

[原文へ]

“Yahoo、MyBlogLogを買収。待て、違った。いや、今度は間違いない!” への6件のフィードバック

  1. […] Explodeという新しいオープンソース、クロスサイトのSNSが今日(米国時間1/20)ローンチした。非常に魅力的なサイトで、Yahoo!が買収したMyBlogLogの有力なライバルになりそうだ。開発したのは英国のオープンソースSNSのプロバイダーCurverider だ。(PeopleAggregatorに似た Elggがここの主要サービス)。Explodeはエンベッドできるウィジェットを利用して、どんなソーシャルネットワークでもユーザーの対応するプロフィールページにリンクすることができる。また、一箇所にアグリゲートされたページも用意されているものだから、そこでコメントしたり友達になってくれるよう頼んだりすることができるサービスだ。私はお気に入りのブログのひとつSteve O’HearのThe Social WebでExplodeを発見した。Explodeのユーザーは、他のユーザーを自分が関心がある分野のタグで検索できる。ユーザー同士はFacebookスタイルのコメント欄で互いに相手を見ることができる。ユーザーはExplodeが提供する無料のサイトのトラフィックデータに、javascriptウィジェットを利用してアクセスすることができる。MySpace、Voxその他javascriptの動作が制限されているネットワークのユーザーの場合、イメージ形式のウィジェットを投稿することで、Explode上の自分のページにリンクすることができる。このjavascriptウィジェットは、ユーザーの友達がオンラインで最近どういう活動をしたのかを表示してくれるらしいが、この部分の説明はExplodeのFAQの中でも特に不明瞭な部分なのではっきりしない。MyBlogLogは最近のすばらしいサクセスストーリーだ。自分のブログを読んでくれている人々の顔を見られるというのは魅力的である。こういう経験のためなら、ユーザーは多くの個人情報を開示するものだ。MyBloglogがYahoo!に買収された理由には、急成長ぶりに加えて、大量の個人情報を獲得できるという潜在的可能性があったからだろう。残念なことにMyBlogLogは多くの問題を抱えている。スパマーは(個人的な非難ではありませんよ、Online-Pharmacyさん。私のブログを愛読してくれてありがとう)はウィジェットを利用して比較的容易にブロックできるものの、身元の混乱は解決が困難な課題だ。たとえば、私が友達のコンピュータを使った後で、友達がコメントを投稿すると、その横に私の顔が表示される、私とボスが一つのブログを共同で運営しているために私のコメントにボスの顔が表示される、どういう理由かまるきりわからないが、私がコメントするたびにマイケル・アリントンの犬の顔が表示される、等々。MyBlogLogのクッキーは混乱を引き起こしがちで、今月起きた他のユーザーのブログの共著者への無差別の招待という問題は、単に一つの例にすぎない。それに加えて誰かのブログの記事を読んだことがないと礼儀正しく否定しようとしても、その記事のサイドバーに私の顔が表示されていては不可能だ、ということにも気づいた。こういった問題が仮に全部解決したとしても、Yahoo!がMyBloglogを通じてユーザーのデータを相当に収集できるのに、ユーザー側からはそれにアクセスできないのも不安である。ユーザーは送信される情報をかなり制限(opt-out)してもMyBlogLogを使うことはできる。しかしopt-outのやり方がけっこう分かりにくい。オープンソースでコミュニティーベースのExplodeという新しい選択肢が登場したことは大歓迎だ。MyBlogLogではサイトを何回か訪問すると自動的にそのサイトのコミュニティーのメンバーに加えられるのと違って、Explodeでは、あるサイトを訪問しても、そのサイトの運営者と友達になるためには、サイト上のリンクをクリックする必要がある。Explode上にいるユーザーが互いに(特に理由があって禁止しないかぎり)友達に追加できるような機能があったらいいと思う。この機能は近い将来実現するのではないか。異なるネットワークの間で友達を作ったり、コメントしあえるコミュニティーを作ったりするのは、今ではそれほど革命的なアイディアではない。しかしExplodeがこれをうまく実装できればユーザーの強い支持を受けることは可能だろう。Explodeの開発チームは、近々ウェジェットに〔フォントなど見栄えを変更する〕スキンを適用できるようにする他、OpenIDやAPIをサポートする予定だとしている。Explodeはシンプルなシステムだが、現在のSNSが孤立したサイロ型であるという問題に対して、ユーザーがすでに慣れ親しんでいるネットワークを放棄するよう要求することなく、〔オープン化の方向に〕解決を図る有力な手段になるかもしれない。[原文へ] explode […]

  2. […] Yahoo!に最近登場したMyBlogLogがまたまたニュースになっている。今度は前回のようなセキュリティの問題(先週末)やスパムゲームではなく、アフィリエイトマーケティングの業界で知る人ぞ知るブロガーShoemoney(オンラインマーケティングのことなら何でも彼の意見に追随する支持者を大勢読者に抱えている)がMyBlogLogから締め出されてしまったのだ。 […]

  3. […] 「MyBlogLog」は、どこでも使える、サイト訪問者の写真が見えるウェジェットとして、2006年、たちまち大ヒットとなった。そして、ほとんどの人がその話を聞く間もなくYahooに買収された。 […]

  4. […] 今年早くYahooに買収された分散的なSNSの一種、MyBlogLogは、今晩(米国時間5/24)、タグ機能を追加する予定。これによってユーザーは他のユーザーやブログ(コミュニティーと呼ばれる)を記述するタグを付加できる。この新しい機能にはいろいろな目的がある。ファウンダーのEric Marcoullierと今晩話してみたが、まず第一の目的はブログのテーマをカテゴリーに分類して、ユーザーが興味ありそうなブログを見つけやすくすることだという。MyBlogLogに参加しているブログを読んでいて、MyBlogLogのページを覗きに行き(われわれのページはここ)、タグをクリックするとそのキーワードでタグを付けられたページの一覧を見ることができる。MyBlogLogではスパム対策を重要な課題と考えており、スパムを送ってくるサイトには「Schmoe」 (なんでもSocial Media Optimizerの略だというのだが)というタグを付与するよう勧めている。スパム対策チームは通報されたタグを精査してそのリンク先に必要な措置を取る。タグはMyBlogLogコミュニティー内のあらゆる人とブログに対してMyBlogLogのユーザーなら誰でも付与可能。一度タグが付加されると他のユーザーはそのタグに投票して、その結果「クラウド」内での表示サイズが大きくなったり、反対に小さくなったりする。プロフィールの所有者はどんなタグでも恒久的に削除することができる。個々のブログについてDel.icio.usとTechnoratiで付与されたタグが当初の内容の候補としてインポートされる。MyBlogLogでは今後他のソースもインポートの対象に加えていきたいとのこと。このタグ機能は、もともとYahooの社内で使用されていたもので、BerkeleyリサーチセンターのCameron Marlowによって開発されたTagsonaと呼ばれるツールだった。Yahooの社員は部内でTagsonaを使って同僚にタグをつけていたという。(なかなか面白そうだ)。MyBlogLogのコミュニティーは拡大を続けている。Marcoullierによると登録ユーザーは14万人、MyBlogLog ウィジェットを設置したサイトにはトータルで月間1億の訪問者があるという。また、最近はブログを持たないユーザー(読者)の登録数がブログのオーナーの登録数を上回ったということだ。このサービスは今年中にバージョンアップされ、場合によっては改名される予定。[原文へ] MyBlogLog Yahoo […]

  5. […] MyBlogLogのファウンダーEric Marcoullierは、2007年1月に、自社を推定$10M(1000万ドル)でYahooに売却した。その後2007年7月にYahooを去った。 […]

  6. […] 実を似たようなサービスが今回同じ壇上に登った。OneTrueFanがそうだ。こちらもForsquareのように、OneTrue Fanを埋め込んだサイトで、ユーザーがあるソーシャル活動――たとえばそのサイトのコンテンをたくさんソーシャルメディアにシェアするといったようなこと――をしたらそのユーザーにバッジを与えるというもの。こちらは2007年にYahoo!に買収されたMyBlogLogのファウンダーが創業したサービスだった。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中