Preloadr
Picnik
fauxto

オンライン写真編集ツールを比較する

次の記事

Cutsのビデオ編集サービスをスニークプレビュー

数日前のPicnikのローンチで、オンライン写真編集サービスにまたひとつ新顔が加わった。以前のツールがAjaxをよく使っていたのに対して、Fauxtoと同様、Picnikはブラウザ内での編集プラットフォームにFlashを利用している。

たいがいのパソコンには回転、リサイズ、クロップなどの基本的な機能を備えた写真編集ソフトがインストールされているわけだから、オンライン編集サービスには何か独自の存在理由が必要である。サービスのサイトに写真をアップロードして編集し、ローカルのハードディスクにダウンロードし直すというのは相当の手間だ。この手間を補う機能として多くのサービスは、ユーザーにアップロード、ダウンロードで行ったり来たりする手間を省かせて、編集ずみの写真を直接、FlickrやWebshotsその他の写真共有サイトに転送できるようにしている。

また、大半のオンラインサービスは、回転、リサイズ、クロップといった単純な機能だけでなく、フォトショップの領域に近い高度な機能を搭載するようになってきた。以下にいくつか、われわれがテストしてみた優れた写真編集サービスを紹介する。

Fauxto

FauxtoはFlashベースのPhotoshopそっくりさんだ。これはわれわれが知る限りレイヤーをサポートしている唯一のオンラインツールで、この種のものとしては断然ベストなサービスである。しかし簡単な写真編集がしたいだけで、フォトショップ的なソフトに馴染みがないとすると、Fauxtoは複雑過ぎて戸惑うことになりそうだ。逆にフォトショップに慣れているようなユーザーはたいていフォトショップを持っているだろう。Fauxtoは見て美しく、Flashベースのサービスとして模範的だ。しかしユーザーとしてどういった層をターゲットにしているのか、いささか疑問。

Picnik

Picnikはこの分野の新顔で、現在のところベストだろう。これもFlashベースで、処理速度はいちばん速く、ユーザーインタフェースもいちばん直感的に分かりやすい。編集を終えたら、写真を直接Flickrに転送できる。われわれの以前のお気に入りのオンライン写真編集ツールは、AjaxベースのPXN8だったが、今やPicnikが取って代わった。

Picture2Life

Picture2lifeはAjaxベースの編集サービスだ。すでにオンラインにアップロードされている写真を取り込んで編集することに重点を置いている。編集機能は平均的でユーザーインタフェースはあまり良くない。サイトの動作にはいくつかバグもある。写真は編集後、Flickr、23、Imageshackに転送できる。

Preloadr

PreloadrはFlickr APIを利用したFlickr専用のツールで、Flickrアカウントへのサインインもできる。基本的なクロップ、色調補正、シャープフィルタなどの機能に加えて、さまざまなイメージ処理ツールが用意されている。PreloadrがFlickr専用だというのはあまりメリットがない。同じくらい優れていて、Flickrへの転送機能がある他のサービスもいろいろある。

PXN8

PXN8はAjaxベースの写真編集ツールの中ではベストのサービスである。(Picnikが出てくる前は全体でもベストだった)。 ユーザーインタフェースは優秀で、主要な機能は大きなアイコンで強調されている。基本的な画像処理機能は、よくある写真の問題を修正するのに非常に良い仕事をしてくれる。編集された写真はFlickrとWebshotのAllYouCanUploadサービスに転送できる。

Snipshot

Snipshotは以前はPixohと呼ばれていた。これも優秀なAjaxベースの編集ツールで、全体のデザインが優れているのと、このサービスを利用するためのAPIが用意されている点が際立っている。われわれはどちらかというとPXN8のUIの方が好みだが、差はほんのわずかだ。

[原文へ]