次世代の起業家、Google本社で競う

次の記事

GoogleのPowerPointクローン間近

先週の日曜(1月28日)、Googleキャンパスに行ったとすれば、日曜の夜だというのに40号棟でなにやら活発な動きあるのに気が付いただろう。もっともこれだけなら驚くようなことではないが、ビルの中に入ったら驚いたはず。講堂いっぱに何百人もの人が談笑しながら色とりどりのブースに立ち寄り、そこでは人なつこくて野心満々な12歳の女の子たちが商品の説明しており、手作りのきれいな絵の額(10ドル)や香りつきの石鹸(2ドル)を買うよう勧めていた

これはGoogle主催の「女子ミドルスクール起業家の夕べ(Girls’ Middle School Entrepreneurial Night)」という催しだった。3人から5人の7年生(中学1年生)のチーム10組が、次々にステージに登場、シリコンバレーの審査員と総勢400人の両親、教師、生徒たちの聴衆に向かって、自分たちで作ったPowerpointのプレゼンテーションを行った。生徒たちの目的は、これから5月までの活動資金として、ベンチャーキャピタリストから100ドルから250ドルを調達すること。審査員はVMWareのDiane Greene、Mighty VenturesのChristine Comaford-Lynchのような成功した起業家やBay Partners、InterWest、Kleiner Perkins、Versant、TA Associatesなどの経験を積んだ投資家たち。居合わせた私たちは、自分たちが初めて400人もの聴衆を相手にプレゼンしたのは何歳のときだったろう、最初のベンチャー資金を集めたのは何歳のときだったろう、と驚きながら自問していた。

女の子たちは、堂々とユーモアを交えながらプレゼンテーションを行っていた。「Bubble Trouble」プロジェクトのGrace Kagleが香りつき石鹸と入浴剤の強い市場ニーズを「誰でもお風呂に入ってきれいになりたいと思ってます」と説明したときには皆んな大笑いした。私自身が資金を提供したのは「One Stop Pet Shop」で、最初にチームはテーマソングを歌った。彼らが商品にペット用品を選んだのは「チームメンバーが皆ペットが大好きだったし、他のチームは主に女の子向けの商品を売っているので違ったことがやりたかった、それにペットは家族同然だからいろいろな用品を買ってくれるから」とのこと。そのとおり、8ドルの水飲みボールや、3.50ドルの犬のおやつは100%のマージンにかかわらずテーブルから飛ぶように売れていった!

もちろん、12歳の起業家を育成するのは、一晩でできることではない。ここ数年Ann Tardyに率いられた大勢のボランティアのビジネスコーチ、両親がかかわってきた。今年はリーダー役を有能なTracy Greeneが引き継いだ。「女子ミドルスクール起業家教育プログラム」は7年生対象の丸1年のコースで、生徒たちは最初の半年でビジネスのアイディアを考え、8-10ページのビジネスプランをまとめて、資金調達の催しでのプレゼンテーションに臨む。ビジネスプランには、ビジネスと製品の説明、市場のニーズ、競争相手の分析、運営チームメンバーの経歴、詳細な単価計算、事業のシミュレーションなどが含まれる。このビジネスプランで特徴的なのは(それに私自身、いくどとなくこれをやってきたのだが)、事業の時間管理のセクションがあること。ここではどれだけの時間が事業運営に必要となるか詳しく分析されている。(宿題、通学、睡眠など)全てを計算して、事業にどれだけの時間を割かねばならないかが示される。

また重要なことは、事業は収益を上げると同時に慈善的な性格のものでなければならないと教えられる。5月に事業は清算され、投資家の資本(と、あれば配当)が返され、収益の5-20%はGreenpeace、SPCA、CARE、学校図書館などに寄付される。いくつかのチームはリサイクル製品を扱っていた。KleinerのTrae Vassaloが特に感心して「Reuse, Recycle and Relax」に出資していた。「起業家の夕べ」の興奮も終わり、チームは資金を調達した。メンバーたちは5月に向けて、約束の実現、達成に向けて努力を始めている。明日の女性起業家たちに、グッドラック!

編集人注: 先週、Vivian Wuと私はロスアンゼルス出張の帰りの飛行機の中でいっしょになった。その時に、若い女の子たちがGoogle本社で審査員と何百人もの聴衆の前でビジネスプランのプレゼンテーションをしたというイベントの話をしてくれたので、私はTechCrunchにその話を寄稿してくれるよう頼んだ。Vivianは過去3年間、「女子ミドルスクール起業家の夕べ」の審査員を務めてきた。彼女は100億ドルの証券会社(非公開)であるTA Associatesでテクノロジー系の投資と買収を担当している。

[原文へ]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中