Googleがフィード購読者数のレポートを開始

次の記事

Amazon、映画ファンタジーリーグに出資

何千というオンラインパブリッシャー(たぶん)からの要望にこたえ、GoogleがいよいよRSSフィード購読数のリポートを開始すると今日(米国時間2/16)明らかにした

さしあたりGoogle ReaderGoogle Personalized Homepageの購読フィード数はすべて分かようになる。将来的にはGoogleが提供する他のサービスも対象に加えるかもしれないが、とりあえずこの2サービスが同社の中では最大のパイ、ということだ。

これが例えばFeedBurnerの場合は、フィード購読者数を把握するため、フィードリーダーのベンダーに購読数の報告を義務づけている。FeedburnerのRick Klauは今朝のブログ記事でGoogleの発表は歓迎すべきニュースだが、Feedburnerではフィードを実際閲覧する購読者数や記事別クリックスルー数など追加の統計も提供しているとアピールした。

ひょっとするとパブリッシャーは土曜の朝あけてみて自社のFeedburner購読者の中にGoogleリーダー購読者数も含まれていることに気付いてアレッと思うかもしれない。が、本当の違いはFeedburnerの購読数が1週間のピークを迎える火曜か水曜にならないと見えてこないだろう。

Google Readerについてはここで特集を組んでいる。今の新バージョンは僕個人は市場でベストと言わないまでもトップレベルのオンラインのリーダーだと思っている。ただ一般に浸透するかどうかが、ずっと頭の痛い問題なんだけど…。

Hitwiseの先月の報告に よればGoogle Readerのトラフィックは業界のリーダーBloglinesはもちろん、どうしたわけかRojoよりも少ないのだという。 個々のパブリッシャーのレベルから見た場合、少なくともGoogle Reader利用者数をめぐる厄介な問題は明日朝でひとまず棚上げだろうか。

この発表に関する他社の報道についてはTechMemeのディスカッションを参照されたい。

[原文へ]