google apps

今日はG-Dayだ―Google、Apps Premierをローンチ

次の記事

「アイディアあり、出張可」の諸君、Y Combinatorがアプリケーションを募集中

ずっと前から皆の噂になっていたGoogleの新サービスがついにローンチされた。Google Apps Premierはビジネス・アプリケーション・サービスをウェブ上で提供する有料のプレミアムパッケージで、Microsoftオフィスシリーズの直接のライバルとなる。

Michael Arringtonが 今日(米国時間1/21)の午後、Googleから明日、大きな発表があるかもしれないという噂を紹介したが、先ほどWall St. Journal紙がGoogle Apps Premierがローンチされたと報じた。

「Google Apps for Your Domain」は昨年8月にローンチされたGoogle Apps for Your Domainのページはすでに今夜の発表を反映して更新されている。このサービスは既存のGoogle Appsツールをすべて含んでいる。GMail、Google Calendar、Google Talk、IMに加えて、今夜の発表でGoogle Docsアプリケーションがスイートに加えられた。Apps PremierのGmailには10GBのストレージと99.9%の稼動時間、24時間年中無休のテクニカルサポートの提供が含まれる。従来のサービスとPremierサービスの詳細な比較はここに

サービスの料金は1ユーザー当たり年間50ドル。Microsoftの価格に比べて劇的に割安だ。Googleのパッケージには現在まだPower Pointのようなプレゼンテーション・ツールやCRMアプリケーションは含まれていない。次にパッケージに追加されそうな候補はエンタープライズ版のBloggerサービスだろう。General ElectricとProctor and Gambleが最初の〔大規模な〕Google Apps Premierのユーザーになるらしい。

今夜のこのニュースの上に垂れ込める大きな懸念といえば、Googleのセキュリティー問題だ。Googleがひんぱんに記録してきたセキュリティー上の失敗に照らしてTechCrunchでは、部外秘の業務上の情報を扱う場合、ビジネスユーザーはGoogle Appsを信頼するだろうか、あるいは信頼すべきかどうか、ここ数ヶ月、疑問を投げかけてきた。セキュリティー上の失敗の時系列の記録と関連する議論についてはこの記事を参照。

Googleのさらに高まるユビキタス性、情報への過去に例を見ない巨大なアクセス能力に一部では懐疑的な声も出ている。これは政治的にも決して軽く見過ごすことはできないリストだ。私がTechCrunchで働くようになって書いた最初の記事が、この夏のGoogle Labsのカンファレンスで明らかにされた〔モニタ内蔵のマイクで拾ったユーザー側の〕アンビエント音声を文脈によって分析して連動広告を送り込むプロトタイプ の実験に関するものだった。.

今夜の発表についてはさまざまな受取り方がされるだろう。Techmeme上にもさまざまな意見が寄せられている。たとえば、Apps Premierはそれ自身で収益を得ることを目的とするものではなく、ライバルに対する手の込んだ攻勢が目的だとする意見、Googleは〔サポートのために〕コールセンターの能力を大幅に拡張しなければならないだろうという指摘、サービス約款によってサービスの打ち切りの権利がGoogle側にあるのは、オフィスアプリケーションとして今までになく大きなリスクだという意見など、さまざまな参考になる投稿がされている。

こういった懸念や、ライバルとの競争の観点を別にして、今夜はGoogleの信じられないほどの革新の能力をあらためて認識するよい機会になった。ほとんどフルラインナップのかくも洗練されたオンラインサービスのスイートがこのように提供されたのは歴史的な出来事だ。これでGoogleのテクノロジーの優秀性がこれからいやが上にも実感されていくことになろう。どういう意味かって? Googleは情報を文脈に照らして分析する強力なアルゴリズムを持つ上に、分析の対象となる情報がますます豊富にGoogleに流れ込んでいくので、Googleという会社は自ら時代を作っていく、ということだ。世界中のビジネス・コミュニケーションがGoogleを通してやりとりされる。すると、それによってGoogleのシステムはますます賢くなっていくのだ。

Marshall KirkpatrickはSplashCast社のコンテンツ担当ディレクターで、Michael Arringtonの出張中、TechCrunchを助けけている。

[原文へ]

“今日はG-Dayだ―Google、Apps Premierをローンチ” への3件のフィードバック

  1. crawl7 より:

    世界中のあらゆる情報を組織するという目的に伴ってGoogle はデータを欲しがってるんですよね〜。

  2. […] 今年に入って、われわれはGoogle Appsの無料版のユーザー数の上限が次第に低くなってきたことを報じた。当初200ユーザーだったのが、現在は50ユーザーになっている。Google Appsが2006年8月にローンチされたときには、“どんな種類、規模の企業にも向く一切無料のサービス” と説明されていた。有料版が最初に登場したのは2007年になってからだった。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中