KikoメンバーがリアリティTVスターとして復活

次の記事

軍関係者のためのクラシファイド広告サイト

justintvlogo.png2年前、Y CombinatorはJustin KanとEmmett Shearのカレンダーサービス企業Kikoに出資。もっとも、2006年にGoogle Calendarがローンチした後、kikoはビジネスを売却している。

eBay上でのビジネス売却以来、Kikoのメンバーが今回、新たにスタートアップ企業を立ち上げる。新パートナー2名を加え、新しくて風変わりなライブブログをサポートするサービスJustin.TV。今回もY Combinatorから資金調達している。Justin.TVは、同社ファウンダーの一人、Justin Kanの朝から晩まで毎日の暮らしをウェブカメラを通じて記録することがその全てとなっている。1996年のJenniCamや不運に終わったDotComGuyあるいはマーケティングの一策だった OurPrisonerなどとよく似ているように聞こえるかもしれない。しかし、最先端を行くモバイルテクノロジーが利用されていることで、他のものとは一線を隔てている。その他のショーとは異なり、Justinは自宅に缶づめ状態になることもない。その代わり、ヘッドカメラ、電池、それにEVDOカード4枚で「武装」し、自由気ままに外出、動画をモバイルネットワークと自身のライブflashコンテンツ配信プラットフォームにストリーミングする。

サイト上では、Justinが見聞きすることをチェックできるライブフィードが見られ、チャット、コール、テキストメッセージなどの方法で彼とコミュニケーションを取ることもできる。また、この先数日間のJustinのプランを表示、TVガイドとしての役割を果たすカレンダーもある。撮影内容にはある程度制限がある。バスルーム内は撮影対象外だし、「撮影されたくない」という他の人たちの意思はできるだけ尊重する。今日の午後の予定は、新しい服のショッピング、そしてサンフランシスコを拠点にするその他のスタートアップ企業のファウンダーたちとのインタビュー。インタビュー予定企業はShoutFit, PairWiseそれにLicketyShip

Justin.TVは、コンテンツが面白いかどうかに成否がかかっている。モバイルであるということで内容が少しは刺激のあるものになるかもしれないが、Web業界でのアントレプレナーの暮らしというのは「24」のように波瀾万丈というにはほど遠い。このような課題の解消策の一つとしてJustinは毎日のスケジュールをなるべく興味深いものにし、米国東海岸時間帯に生活のリズムを合わせるなどしている。しかし、これに加えてコンテンツの中から最も面白いものをアーカイプ、特集することも予定している。アーカイブは個人ブログの形式を採用。その中には、Justinの選んだ動画、それに毎日の暮らしの様子をそのままに記録した編集前のアーカイブが含まれユーザーはその一部を選択、マッシュアップに利用可能だ。

プロジェクトの長期における目標は、その他のライブ・ブロガー達をリクルートするため、経済的なライブモバイル動画プラットフォームを制作すること。Iowa州の地方党員集会の様子を追っているグループにテクノロジーを貸し出すプランをすでに持っており、あるミュージシャンたちを追跡報道することも計画している。


[原文へ]