確定: TVネットワーク各社が新会社設立を発表、Google/YouTubeの脅威に対抗

次の記事

Twitter!

Update: 報道発表のカンファレンスコールからリアルタイムで送ったメモはこちら

Google-YouTubeの脅威に対抗するため共同事業を立ち上げるという 、Google上層部が「Clown Co.」と呼ぶ、あの新企業の話は本当だった。たった今、確かな情報として入った。会社の名称はまだ明らかになっていない。

プレスリリースでPeter Chernin(News Corp.のCOO)とJeff Zucker (NBC UniversalのCEO)は、「これまで立ち上がった中で最大のインターネット動画配信ネットワークをローンチし、映画やテレビ番組から視聴者に最も 人気の高いコンテンツを配信していきます」と発表。配信には少なくともTVネットワーク12社と大手映画スタジオ2社がコンテンツを提供する約束で、立ち上げ段階で配信に加わるパートナーはAOL、MSN、 MySpace、Yahooが予定されている。

Cherninによればローンチ段階から“アメリカの全視聴者” がアクセスできるサービスを展開するらしい。サービスは今夏開始予定。テレビ番組や映画のフルバージョンを“何千時間”も通しで観れるほか、短かい動画クリップも用意していく。視聴者はサイトで無料&無制限にアクセスが可能だ。

本命コンテンツの中身はこう。

ローンチ段階では最新ヒットショーから全編フルエピソードやクリップをお届けします。「Heroes」、「24」、「House」、「My Name Is Earl」、「Saturday Night Live」、「Friday Night Lights」、「The Riches、30 Rock」、「The Simpsons」、「The Tonight Show」、「Prison Break」、「Are You Smarter than a 5th Grader」、「Top Chef」ほか。さらに製作スタジオの豊富なテレビ動画ライブラリからヒット作品を無料で公開。配信コストは広告でカバーします。 充実した消費体験 (CE)を実現するため、動画プレイリストのパーソナライズ機能やマッシュアップ、オンラインコミュニティ、動画検索も提供していきます。またさらに、広い番組ラインナップでファンたちお気にいりの映画である「Borat」、「Little Miss Sunshine」、「Devil Wears Prada」、「The Bourne Identity」、「Bourne Supremacy」などの作品もボーナスと劇場予告編と一緒にお届けします。 立ち上げ後は、コンテンツも買収して増やしていき、新サイトの視聴者のためにオリジナルの番組の製作とライセンシングも推進していく予定です。

コンテンツは配信提携各社を通し、カスタマイズ可能な埋め込みプレーヤーで配信する。

新会社の拠点はNYとLA。立ち上げではNBC Universalの最高デジタル責任者(CDO)、George Kliavkoffが暫定的に新会社を率いるが、常駐の経営陣もすぐ迎え入れる。資金調達については「各社とも相当な額の営業プロモーション予算を新サイト立ち上げに貢献する」ということ以外、特に触れられていない。

報道カンファレンスコールは本日(米国時間3/22)正午、CherninとZuckerの発表で始まる予定(注:本家版の記事が掲載されたのは22日午前9時ごろ)。この新会社の詳細が発表され、YouTubeやJoost、Netflixの最新サービス、他のIPTVサービスと比べてどうか、もっとはっきりするだろう。

以下の点が依然として不明である。
– TV放送がサイトのコンテンツとなるまでどの程度遅れは生じるのか。
– サービスは一極集中のサイトでやるのか、それとも提携配信企業から流れるだけなのか?
– 視聴者およびユーザーは自分の動画もアップロードできるのか?
(MySpace Videoには既に山ほどストックがあるが、あれと連動することは可能?)
– 広告のフォーマットは? スキップはどの程度できる?

詳細は分かり次第また追って。

[原文へ]