News CorpとNBC、YouTubeの競合サービスを今日発表か? Google、一笑に付す

次の記事

Zoho Meeting、WebExに代わる優れたサービス

ここ数ヶ月、TVネットワークが共同でYouTubeに対抗するためのジョイントベンチャーを形成するのでは、といううわさがある。この種のうわさを最初に耳にしたのは、Googleによる買収のうわさが最初 に流れてからほんの数日後だった。それ以来、一社、また一社とこのジョイントベンチャーの話し合いから手を引いたために交渉が行き詰まっているということも聞いた。

だが、今になって復讐心をのぞかせながら同様のうわさが再び聞かれるようになってきた。L.A. Timesによれば、取り決めの内容は間もなく発表されるだろうとレポートしている。そして、われわれは同記事について直接確認し、また、関係筋に近い人物からも確認をとった。発表は早ければ木曜日中(米国時間3/22)にも行われる見込み。

News Corp.とNBCが関与しているのは確実なようだし、ViacomとSonyの参加の可能性もある。重点を置いているのがコンテンツの外部サイトへの配信という点から、YouTube直接のライバルにはならないだろう。また、Yahoo、Microsoft、AOLそれにNews Corp.のMySpaceともすでに合意に至っているのかもしれない。今回のコンテンツ掲載のために独自のウェブサイトが制作されるのかどうかは不明。

というわけで、これまでに分かったことをまとめてみると次のようになる。事態は現在進行中で、プレスリリースは早ければ木曜日にも発表が予定されている。News Corp.とNBC以外の関係企業は不明。サービス開始は2007年の夏あるいはそれ以降を予定。

ものすごい注目を集めるだろう、それからサービス開始はおそらくかなり遅れるだろう。ジョイントベンチャーの運営が難しいことは周知の事実。それに加えて配信パートナーを外部から迎えることで、運営の複雑さはさらに増す。それに、もちろん、テクノロジーそのものが開発されなければならないし、これらの企業の本業はウェブベースのアプリ構築でもない。Googleサイドがこれといって憂慮している様子もない。伝え聞いたところによると、Googleエグゼクティブたちは今回の動きについて「おふざけ企業(Clown Co.」)と呼んでいるらしい。

[原文へ]