Yahoo Mailが容量無制限を発表

次の記事

Cogheadが$8 Millionを調達

Yahooは、Yahoo Mailユーザーの容量を5月から無制限にすることを発表した。現在の容量は1アカウントにつき1GB(年間$20のプレミアムアカウントでは2GB)。今回の拡張によってGmail(2.8GBで拡大中)とLive.com Mail(2GB)を一気に追い抜くことになる。Yahoo Mailユーザーは全世界で2億5000万人で、オンラインサービス中トップ(Live.comは2億2800万、Gmailは5100万)。詳しくはメールサービス機能比較を見てほしい。

Yahooのメール担当VP、John Kremerから今日(米国時間3/27)、この発表について話を聞いた。この容量制限(というより「無制限」)は、全ユーザーを対象にしたもので、新ベータ版のユーザーだけではない、ということだ。

ユーザーはYahooの「乱用防止規約」に従って、「通常のメール使用方法」を守り、Yahoo Mailをオンラインストレージ代りにすることは禁じらている(Gmailをそういう用途に使うためのサービスがいくつか出てきている)。乱用したアカウントはすぐに削除されることはなく、Yahooから通知が来たり、アカウントが停止されたりするが、データはアクセスできる。

Kremerは、この無制限のストレージをユーザーに使って喜んでもらいたいと語った。容量を2GBにするために$20払ってプレミアムアカウントにアップグレードした人には、要求があれば払い戻すそうだ。

注目すべき過去データ:Yahoo Mailは開始後まもなく10年を迎える。1997年にローンチした時の容量はケタ外れの4MB。2004年には100MBに、2005年には1GBに増えた。

Yahoo Mailはこれで最高のウェブメールになったのだろうか。私はそうは思わない。この発表を聞いた後でも。ユーザーインターフェースは最速最良(Gmailの方がいいとうユーザーも多い)だが、IMAPはサポートされていないし、POPとメール転送はプレミアムユーザーだけのサービスだ(GmailではPOPと転送は無料)。さらにGmailではメールにタグを付けられて、保存したメールを管理するうえで非常に役立っている。それでもYahoo Mailは戦う姿勢を見せているし、Gmailとの圧倒的なユーザー数の差は当分埋まりそうにない。近いうちにさらに機能追加するだろうと私は見ている。

[原文へ]