EMIとApple、DRMなしの音楽を1曲あたり$1.29で販売へ

次の記事

DRM、本日をもって死亡か?

April 2, 2007年4月2日はDRM死亡の日となった。

本日(米国時間4/2)、EMIのCEO、Eric NicoliとAppleのCEO、Steve Jobsの緊急記者会見がロンドンで数分前(ロンドン時間午後1時)に始まった。予期されていたように、両社はiTunesを通してEMIの楽曲をDRMなしで販売することで合意した。

われわれ(CrunchGearのスタッフも)は記者会見のもようをカンファレンスコールのウェブキャストで聞いているところだ。下に掲載したスライドを含むPDFファイルの資料が配布されている。

カンファレンスコールの生録メモ:

EMIは従来デジタルで提供してきた楽曲の全てについてDRMなしで提供していく。今年に入って行われたリサーチでは、消費者は10:1でDRMなしの音楽をDRMありの音楽より好むと判明した。販売チャンネルとして、iTunesが最初のパートナーとなる。

これらの楽曲はiTunesやiPodに縛られない。AACフォーマットをサポートするどんなデバイスでも再生可能。

楽曲は256kbps AAC (現在は128kbps)でエンコードされ、1曲$1.29で販売される。現在の価格より1曲あたり $0.30高い。従来どおりの低い音質のDRMありの楽曲も平行して販売され、消費者は自由に選択することができる。

アルバムは高音質、DRMなしになるが、販売価格は変わらず

EMIの音楽ビデオもDRMなしとなる。価格は変わらず。

従来のDRMありの楽曲の購入者は1曲につき$0.30でDRMなしにアップグレードできる。

Jobsは「他のレーベルとも同様の提携を実現すべく交渉中。今年中にiTunesから販売される楽曲の50%はDRMなしになるだろう」と述べた。

Steve Jobsはまた「これ〔DRMなしの楽曲提供〕は、消費者にCDを買ってリッピングするのと同じ条件を提供するに過ぎない」と述べた

プレスリリースはここに

記者会見で配布されたスライド:





[原文へ]