Photobucket動画、MySpaceから遮断される

次の記事

Aggregate Knowledge、大型ラウンドを完了

今晩(米国西海岸時間4/10)10:30 pmごろに、MySpaceがPhotobucketからのページをブロックし始めた。(同サイトからの)閉め出しとしては主要なもので、ページ上に貼付けられている何百万という動画に影響を与えている。Photobucketの画像、スライドショーは影響を受けていない。ライバルであるYouTubeからの動画は依然として正常に動作している。

これまでのサービス対応停止と同様、ユーザーがプロフィールページを変更しない限り、埋め込まれている動画はきちんと動作する。ユーザーがページに変更点を加えた場合にPhotobucketへのリンクは自動的に”…”と差し替えられるか、削除され動画貼付けが行えないようになっている。

Photobucketは4000万人を超す登録ユーザーを抱える。

バグ、セキュリティに関する課題、あるいは利用条件の違反などを理由に同サイトから(他サービスを)遮断するというのは、MySpaceのクセになりつつある。1月には、2.5時間にわたり、不可思議にもFlashウィジェットを動作出来なくなるようにしている。続いてImeemのサービスが停止された。Vidilife、StickamそれにRevverの利用は、ずっと禁止されたままだ。

今日の(MySpaceからの)Photobucketのサービス閉め出しは、「Photobucket買収が近いのでは」というニュースとの関係を疑わずにはいられないほど、そのタイミングは早い(YouTubeがGoogleに買収された際、MySpaceの親会社Foxが激怒したと噂になったのは有名な話)。どうも、ある企業が(その他サービスから形成される)一群から一歩抜きん出ようとした途端に、MySpaceがセキュリティ侵害を見つけ出し、サービスを閉め出すように思える。MySpaceがこの見解を全く否定したとしても、われわれはこの種のサービス停止は、「MySpaceが取り仕切っている」ことを忘れるないように、とMySpaceがウィジェット(サービス提供)企業に対してメッセージを送っているものだと考えている。

新たな展開があり次第、この件について取り上げる。MySpace PRにコメントを依頼したが、明日の朝まで、返事はないだろうと思っている。

アップデート:
Photobucketブログで詳細を見てほしい (コメント欄を参照。Photobucketユーザーは、真剣に腹を立てている。


アップデート:
PhotobucketのCEO、Alex Welchから以下のようなメールを受け取った。

Mikeへ

今晩、MySpaceはPhotobucketユーザーからのある特定の種類のメディアを、MySpaceページに貼付けるのを妨げるという決定を下した。

MySpaceによる今回の決定は、私たち(Photobucket)ユーザーが制作した何百万ものコンテンツがMySpace上で、もはや利用不可能になるという事態を意味する。これらコンテンツはユーザーがPhotobucket独自のツール、機能を利用し、何十万にも上る時間と労力を編集、リミックスに費やした成果の賜物だ。控えめに見積もっても、ページビュー数2につき、1ページビューはPhotobucketユーザーによるコンテンツを含んでいる。この動きはMySpaceのユーザービリティそれにアピールにおいて、大きな影響を与えるものになるだろう。

より重要なのは、コンテンツの出所を問わずユーザーページのカスタム化を可能にするという機能を制限することで、パーソナルそしてソーシャルメディアの精神そのものにMySpaceは矛盾している、ということだ。MySpaceの成功はユーザーのクリエイティビティ、自己表現のための場の提供による。これらの自由を厳しく制限することは、ユーザーを(自サイトの)都合に合わせて、物資として取り扱うという姿勢の現れだ。

MySpaceで利用可能な限られた資源(ツール)のみを利用して、コンテンツを再度一から制作するという可能性に直面することになった。われわれはユーザーが(MySpaceへの継続)参加の意思表示の有無を実際の行動(それに、キーボード入力を通じてのウェブ上での表現)で表明するだろうと確信している。そして、Photobucketが毎日、リンクしているその他のサイト利用に乗り換えるだろうと思っている。Photobucketユーザーは、Photobucketアルバムから毎日30万に及ぶ様々なウェブサイトにリンクしている。MySpaceは単にそのうちの一サイトに過ぎない。MySpaceの今回のアクションは、Photobucketアルバムに何らの影響も与えない。コンテンツは従来どおり、その他のウェブサイト、掲示板、フォーラム、eコマースサイトそれにブログなどにリンク可能なものとしてユーザーのアルバム中に存在する。

Photobucketでは、ユーザーがMySpaceに限らず幅広い種類のソーシャルネットワークにリンクする、という安定した成長傾向を確認している。MySpaceがPhotobucket、その他パーソナルメディアサイトの閉め出しを継続した場合、ユーザーはこれらネットワークのコンビネーションへと移動するだろう。Photobucketのビジネスモデルは、コンテンツの制作、改良、管理それに共有を可能にする集中化したリソースを提供、ユーザーの複数にわたるアイデンティティーのサポート提供に基づいている。われわれのビジネスが、MySpaceへのリンクのみに依存しているということは決してあり得ない。

MySpaceによる今回の決断はウェブの進化の流れに於いての後退であると同時に、MySpace自身の生命線であるユーザーの自由を束縛しようとする試みであって、容認しかねるものだと考えている。

-alex

[原文へ]

“Photobucket動画、MySpaceから遮断される” への7件のフィードバック

  1. […] ビデオクリップのエンベッドに関してMySpaceがPhotoBucketの4千万のユーザーを締め出したというニュースをめぐっては、誰が悪いという非難や、その否定、だから言ったとか、言ってないとか、議論が賑やかだ。私の見るところでは、Photobucketという最大の独立系ウィジェット提供企業に買収交渉が進行しているわけだが、MySpaceはこれををぶち壊すチャンスと見て、でかい「ファックユー」の中指を突きつけたのだと思う。Om Malikの考えは違っていて、 今回のブロックを招いたのはPhotobucketの自業自得と言っている。Robert ScobleはPhotobucketという企業・サービスを「寄生的」と呼んでいる。Nick Carrは、誰が悪いかは別として、こういう事態になるのは必然だったと述べている。しかし重要な質問は「誰が悪いのか?」ではない。重要なのは将来への見通しであり、「PhotobucketはMySpaceなしで生き延びられるのか?」という質問だ。私の考えでは、答えはイェスだ。PhotobucketはYouTubeのような当初から強い赤字体質の会社ではない。長い間、黒字化を達成したか、ほとんど達成するところまで来ていた。最近は人員とインフラに投資したため赤字に戻っているだけだ。収入源も多様で、一部はプレミアムアカウントから来ているが、大半は自社サイトでの広告から来ている。私は先月リークされた営業収入のデータを検討してみた。Photobucketの収入源の最大のものは自社サイトの広告収入で、これが2005年には63%、2006年には68%を占めている。リークされた文書によると、同社は今年、$32M(3200万ドル)の収入を見込んでいる。この見込みはかなり正確なものに違いない。というのはこの数字は買収希望の相手企業に配布されているものなので、将来これが水増しされたものだったとなると交渉そのものをフイにしかねない。したがってPhotobucketとしてはむしろ控え目な予測をしているはずだ。この広告収入はMySpaceからブロックされたことでダメージを受けるものではない。2006年とは異なり、Photobucketは今や共有サイトとして独自の地位を築いている。これはまさにMySpaceが昨夜行ったような事態に対する備えだった。Photobucketによると、同社の処理するビデオのページビューの過半数は自社サイトにおけるもの(したがって広告収入を生むもの)だとしており、これは1年前に比べて大幅に増加している。同社によると、MySpaceにビデオをエンベッドしているユーザーは25%に過ぎない。現在の成長率でいくと、MySpaceのブロックがこのまま永久に続くとしても、ユーザーとページビューを現在の水準に戻すのにわずか半年か、それ以下の時間しかかからない。それに多くのMySpaceのPhotobucketユーザーはPhotobucketでビデオをエンベッドする能力を失うより、MySpaceを去って競争相手のSNSに鞍替えする方を選ぶと思う。何時間分ものビデオをPhotobucket以外の別のサービスからアップロードし直すより別のSNSにプロフィールをつくり直す方がはるかに短時間ですむ。最終的にはPhotobucketの方がMySpaceよりユーザーをつなぎ止める力が強かったと判明するかもしれない。Photobucketの幹部は 今日私が話してみたところでは元気が良かった。「過去24時間で、トラフィックは大幅に増加したし、メディアの注目も昨年1年分のトータルを上回った」そうだ。[原文へ] MySpace PhotoBucket […]

  2. スライドショー作成サービス Slide…

    スライドショー作成サービス Slide 恋人との写真をスライドショーにして、 ス……

  3. […] Photobucketのブログに戦争終結を告げる 簡単な記事が出た。2週間の締め出しの後で、PhotoBucketのビデオは無事MySpaceに掲載できることとなった。しかしいちばん興味のある部分についてはまだわれわれには情報がない―どちらが、なぜ、折れたのだろう? 私はPhotobucketに対して「MySpaceと何か妥協したのか?」と尋ねてみたところ、たいへん長いが全然内容のない回答が返ってきた。一言でいえば「われわれはMySpaceとうまくやってます。サンキュー」というもの。Photobucket’の4月のComscoreのトラフィックデータにどんな影響が出ているか、早く見たいものだ。暫定的だが、Alexaの統計によるとトラフィックはこの2週間むしろ上向いているようだ。しかしこれはMySpace問題がメディアに大々的に取り上げられ注目を集めたことが影響しているかもしれない。Comscoreの数字はもっと信頼性が高いはずである。またトラフィックとは別に、Photobucketとしては買収を考えている相手を怯えさせないためにもこの話は早く忘れてもらいたいに違いない。MySpace側でも戦争終結を望む理由があったはずだ。MySpaceとしては非常に大規模な提携先であっても必要があれば容赦なく扱うという例を見せつけた。他のウィジェット提供会社は、自社のウィジェットに広告を忍び込ませる前に3度考えるだろうと期待できるわけだ。(年のために付け加えておくが、Photobucketがそのような広告を流したかどうか、まったく明らかではない)。いずれにせよMySpaceとしては十分に意図を明らかにしたといえる。しかし、この問題をめぐるマスコミのMySpaceへの非難の声は彼らの予想以上に大きかったかもしれない。[サードパーティーへの]警告を行った後は、Photobucketを復帰させる方が得策と見たのだろう。最近一杯飲んでご機嫌なMySpaceかPhotobucketの幹部に会った読者はいないだろうか? 面白い話を耳にしたら知らせてもらいたい。[原文へ] MySpace PhotoBucket […]

  4. […] 4月 30: Silverlight: ウェブはさらにリッチになった 17: Google “PowerPoint”の噂は本モノ!Google オフィススイート完成間近 10: Photobucket動画、MySpaceから遮断される 4: ハードコアな著作権侵害コンテンツを見たいなら、YouTubeなど忘れてこちらをどうぞ […]

  5. […] かつてMySpaceは行儀の悪いサードパーティーウィジェットを簡単に締め出すことで悪名高かった(「行儀が悪い」とは一般に、ウィジェットの中に何らかの広告が入っているものを意味するが、きわめて恣意的だった)。そんな日も遠くなりにけり。たぶん今は、かわりに、Facebookが頑張らなくてはならないのだろう。 […]

  6. […] かつてMySpaceは行儀の悪いサードパーティーウィジェットを簡単に締め出すことで悪名高かった(「行儀が悪い」とは一般に、ウィジェットの中に何らかの広告が入っているものを意味するが、きわめて恣意的だった)。そんな日も遠くなりにけり。たぶん今は、かわりに、Facebookが頑張らなくてはならないのだろう。 […]

  7. […] Photobucketのユーザーは5000万人います。 以前はMySpaceから動画投稿を拒絶されてましたが、今はどうなんでしょう・・ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中