Photobucket動画、MySpaceから遮断される

次の記事

Aggregate Knowledge、大型ラウンドを完了

今晩(米国西海岸時間4/10)10:30 pmごろに、MySpaceがPhotobucketからのページをブロックし始めた。(同サイトからの)閉め出しとしては主要なもので、ページ上に貼付けられている何百万という動画に影響を与えている。Photobucketの画像、スライドショーは影響を受けていない。ライバルであるYouTubeからの動画は依然として正常に動作している。

これまでのサービス対応停止と同様、ユーザーがプロフィールページを変更しない限り、埋め込まれている動画はきちんと動作する。ユーザーがページに変更点を加えた場合にPhotobucketへのリンクは自動的に”…”と差し替えられるか、削除され動画貼付けが行えないようになっている。

Photobucketは4000万人を超す登録ユーザーを抱える。

バグ、セキュリティに関する課題、あるいは利用条件の違反などを理由に同サイトから(他サービスを)遮断するというのは、MySpaceのクセになりつつある。1月には、2.5時間にわたり、不可思議にもFlashウィジェットを動作出来なくなるようにしている。続いてImeemのサービスが停止された。Vidilife、StickamそれにRevverの利用は、ずっと禁止されたままだ。

今日の(MySpaceからの)Photobucketのサービス閉め出しは、「Photobucket買収が近いのでは」というニュースとの関係を疑わずにはいられないほど、そのタイミングは早い(YouTubeがGoogleに買収された際、MySpaceの親会社Foxが激怒したと噂になったのは有名な話)。どうも、ある企業が(その他サービスから形成される)一群から一歩抜きん出ようとした途端に、MySpaceがセキュリティ侵害を見つけ出し、サービスを閉め出すように思える。MySpaceがこの見解を全く否定したとしても、われわれはこの種のサービス停止は、「MySpaceが取り仕切っている」ことを忘れるないように、とMySpaceがウィジェット(サービス提供)企業に対してメッセージを送っているものだと考えている。

新たな展開があり次第、この件について取り上げる。MySpace PRにコメントを依頼したが、明日の朝まで、返事はないだろうと思っている。

アップデート:
Photobucketブログで詳細を見てほしい (コメント欄を参照。Photobucketユーザーは、真剣に腹を立てている。


アップデート:
PhotobucketのCEO、Alex Welchから以下のようなメールを受け取った。

Mikeへ

今晩、MySpaceはPhotobucketユーザーからのある特定の種類のメディアを、MySpaceページに貼付けるのを妨げるという決定を下した。

MySpaceによる今回の決定は、私たち(Photobucket)ユーザーが制作した何百万ものコンテンツがMySpace上で、もはや利用不可能になるという事態を意味する。これらコンテンツはユーザーがPhotobucket独自のツール、機能を利用し、何十万にも上る時間と労力を編集、リミックスに費やした成果の賜物だ。控えめに見積もっても、ページビュー数2につき、1ページビューはPhotobucketユーザーによるコンテンツを含んでいる。この動きはMySpaceのユーザービリティそれにアピールにおいて、大きな影響を与えるものになるだろう。

より重要なのは、コンテンツの出所を問わずユーザーページのカスタム化を可能にするという機能を制限することで、パーソナルそしてソーシャルメディアの精神そのものにMySpaceは矛盾している、ということだ。MySpaceの成功はユーザーのクリエイティビティ、自己表現のための場の提供による。これらの自由を厳しく制限することは、ユーザーを(自サイトの)都合に合わせて、物資として取り扱うという姿勢の現れだ。

MySpaceで利用可能な限られた資源(ツール)のみを利用して、コンテンツを再度一から制作するという可能性に直面することになった。われわれはユーザーが(MySpaceへの継続)参加の意思表示の有無を実際の行動(それに、キーボード入力を通じてのウェブ上での表現)で表明するだろうと確信している。そして、Photobucketが毎日、リンクしているその他のサイト利用に乗り換えるだろうと思っている。Photobucketユーザーは、Photobucketアルバムから毎日30万に及ぶ様々なウェブサイトにリンクしている。MySpaceは単にそのうちの一サイトに過ぎない。MySpaceの今回のアクションは、Photobucketアルバムに何らの影響も与えない。コンテンツは従来どおり、その他のウェブサイト、掲示板、フォーラム、eコマースサイトそれにブログなどにリンク可能なものとしてユーザーのアルバム中に存在する。

Photobucketでは、ユーザーがMySpaceに限らず幅広い種類のソーシャルネットワークにリンクする、という安定した成長傾向を確認している。MySpaceがPhotobucket、その他パーソナルメディアサイトの閉め出しを継続した場合、ユーザーはこれらネットワークのコンビネーションへと移動するだろう。Photobucketのビジネスモデルは、コンテンツの制作、改良、管理それに共有を可能にする集中化したリソースを提供、ユーザーの複数にわたるアイデンティティーのサポート提供に基づいている。われわれのビジネスが、MySpaceへのリンクのみに依存しているということは決してあり得ない。

MySpaceによる今回の決断はウェブの進化の流れに於いての後退であると同時に、MySpace自身の生命線であるユーザーの自由を束縛しようとする試みであって、容認しかねるものだと考えている。

-alex

[原文へ]