Digg、暴徒に屈す

次の記事

新しいSphereは、ニュース記事同志のつながりに注目している

今日Diggで起きたことを「ユーザーの反乱」と呼ぶのは控え目にすぎる。排除要請を受けたDiggのスタッフが、HD DVDの暗号解除キーへのリンクの書かれた記事を削除したところ、収拾のつかない大騒動となった。

Diggコミュニティには火が放たれた結果となり、たちまちのうちにDiggのトップページは解除キーの書かれた記事で埋めつくされた。サイトのカギはユーザーが握っているので、Diggは全面削除モードに入るか、大半のユーザーを一時停止する以外には全く手の尽くしようがなくなった。

DiggのCEO、Jay Adelsonが今日の午後Diggブログで回答したが、後に待ち受けている混沌がどんなものかを全く理解していない様子だった。記事は火に油を注いだだけだった。つい先ほどファウンダーのひとりKevin RoseがDiggブログにもう一度書いて実質的に暴徒の要求をのんだ。

しかし、こうして何百という記事、何千というコメントを読んでみて、はっきりした。Diggは大企業の言いなりになるくらいなら、討ち死にすることを望まれているようだ。
みんなの言いたいことはわかったので、ただ今をもってコードの入った記事やコメントを削除するのはやめる。その結果何が起きても甘んじて受けるつもりだ。

たとえこれで負けても、やるだけのことはやったのだから仕方ない。

今日に至るまで、何が「ニュース」かを決めるコミュニティの力を、Diggでさえよく理解できていなかったようだ。そして今、その点はきわめて明快になったと思う。

Vive La Revolution.[革命万歳]

以前の記事はCrunchGearを見てほしい。.

[原文へ]