Movable Type 4.0 ベータ、ローンチ―第3四半期にもオープンソース化へ

次の記事

GoogleとSalesforce、Adwordsサービスでがっちり連携

mt.pngSixApartは人気のあるブログホスティングソフトMovable Typeの新バージョンのベータ版をローンチした。

Moveable Type 4.0は、2004年のMT 3.0のリリース以来のメジャー・バージョンアップとなる。しかもマーケットを震撼させるような発表があった。SixApartは今年の第3四半期の終わりまでにMovable Typeをオープンソース化するという。

私はこのローンチに先立ってSixApartの副社長、Anil Dashと話をした。それによると、SixApartとしてはMovable Typeをオープンソース化するのは、SixApart創立の原点に帰ることでもあるという。

MTユーザーとSixApartの間には波乱の歴史がある。Movable Typeは決してオープンソースプラットフォームではなかったのだが、MT 3.0のリリース以前は多くのユーザーがMTをオープンソースであるかのように扱っていた。2004年のMT 3.0のリリースと同時にライセンス契約が強制されるようになったことでユーザーコミュニティーからは激しい非難の声(私の声もかなり声高に混じっていた)が上がった。そしてこれが、いろいろな意味で、WordPressがそれまでどちらかといえば無名なソフトだったのだが、現在のようなブログホスティングソフトのリーダーの位置を獲得するに至るターニングポイントになった。

Dashは「〔MT3.0のリリース〕当時は営業政策的にSixApartとしてはライセンスを強制する以外なかったが、2007年の今日、SixApartはTypePad、Vox、LiveJournalなど幅広い製品を有する優良企業に成長したので、MTをブログ・コミュニティーに開放することが可能になった」と語った。

新しいMovable Typeは機能的にも従来のバージョンとは全く違う製品になっている。

MT4には50以上の新機能が組み込まれている。新機能には、新しいインストールとアップグレードのためのウィザード、 サイト構築を一段とスピードアップさせる使いやすくて強力なテンプレート管理ツール、デフォールトで付属してくるたくさんのテンプレートとデザイン・テーマ、いつも使う機能がすばやく使えるよう、完全に一新されたユーザーインタフェースなどがある。

MT4にはまた、ソーシャルメディアのプラットフォームでもある。MTのコミュニティー管理機能を利用して読者をコミュニティーへと組織することができる。ユーザーはテキスト、写真、ビデオ、音声などを含むリッチテキストを投稿し、共有することが可能になる。MT4にはまた評価を行う機能も用意され、これによってさまざまなレコメンデーションを行うことが可能になっている。

Data::Object DriverとMemcachedがビルトインされたことによりスケーラビリティーも劇的に改善された。このテクノロジーはVox、LiveJournal、TypePadだけでなく、AOL、Microsoft、Digg、Wikipedia、Craigslist、Facebookなど多くのWeb2.0サイトに使われている技術である。

MT 4に適用される新しいライセンス形態はMySQLなどに類似したものになる。有料版も引き続き提供され、これにはSixApartからの製品・技術サポートが含まれる。

私とSixApartの間には、ここで繰り返し述べることもないような事件がいろいろあった。以前は私もいろいろとMTの批判をしたが、君子は豹変するという。今やこの新しいMovableTypeはブロガーとしての私にとっとたいへん魅力ある製品だ。オープンソース化の決断はfWordPressへの亡命者の多くを、彼らが最初にブログを始めた環境へ呼び戻す道を開くに違いない。いやそれだけでなく、MovableTypeを以前一度も使ったことのない何百万というWordPressユーザーにとってもMT4は有力な乗り換えの選択肢になるだろう。

mt1.png

[原文へ]