ワオ!Clown.Coのバリュエーションは$1B(依然として名無しのままだが)

次の記事

結局、Vonageはまだ終わったワケでは無かったのかもしれない

YouTubeキラーではない 」新しい動画ジョイントベンチャー企業の名称だが、たとえコードネーム(かウェブサイト)でさえも同意が得られないという状況を恥ずかしく思っている人物は、NBCあるいはNews Corp. 内部に存在するのだろうか?

3月に、鳴り物入りで発表されて以来、関連ニュースの発表は途切れることが無いが、同社の名称入りで報じたニュースは見当たらず、New York Timesでさえも、今日「ジョイントベンチャーが同社の10%として$100M(1億ドル)を投資する意向の投資家を見つけた」と報じている(また、6月のこれを利用した、とも伝えられている)。だから、われわれは、「Clown Co.」という名称を利用している。これは、Googleエグゼクティブ達が内部で、このベンチャー企業を指すのに使っていると噂されるあだ名だ。

さて、ニュースに話を戻そう。Rhode Islandに拠点を置くプライベート・エクイティ・ファンドのProvidence Equity Partnersが、3ヶ月前には存在さえしなかった同社の10%と引き換えに$100M(1億ドル)を投資するというものだ。サービスが間もなく開始されることを意味するのだと思いたい。名前の無いままスタートするというのは困難だろう。

[原文へ]