Bloglines

Bloglines、すっかりリニューアルされたベータを公開

次の記事

AllofMP3、よみがえり

ウェブ・ベースのRSSリーダーの元祖、Bloglinesが新しいベータ・サイトbeta.bloglines.comを今夕公開した。いちばん目立つ新機能は、最近の例に漏れず、Ajaxを利用したカスタマイズ可能な「クイックビュー」ページで、ユーザーは登録してあるフィードをドラグ&ドロップして、Bloglinesの起動と同時にすばやく記事の一覧を見られる。

Bloglinesには、3通りの閲覧オプションが用意された。クイックビュー(Ajaxを利用したドラグ&ドロップによるビュー。左のスクリーンショット参照)、3分割のOutlook風のビュー、従来のクラシックな2分割のビューだ。また従来から不評だった「未読」記事の取り扱いも合理的な方向に改良された。

Bloglinesではさらに改良を進めるとしている。記事の保存や共有のオプション、リンクブログ作成ツール、ブログロールの管理ツールなどが開発中で近く公開されるようだ。当面、従来のサイトもbloglines.comで維持され、フィードも両サイトで同期される。

Bloglinesは2005年前半にAsk.comに買収されているが、新機能の提供はたいへんにゆっくりしたペースだった。最後の大きなニュースはすでに1年も前のブログ検索機能の統合だ。その間にGoogle Readerがアーリー・アダプター層をすばやく捕らえてしまった。TechCrunchの読者に関するFeedburnerの統計ではGoogleReaderが現在ダントツの1位になっている。

このサービスに関してはRichard MacManusがRead/Write Webでずっと詳しいレビューを書いている。

[原文へ]

“Bloglines、すっかりリニューアルされたベータを公開” への1件のコメント

  1. […] BloglinesはオンラインRSSリーダー・サービスに新しい機能を3つ追加した。1つは閲覧したウェブサイトのページをその場でテキストとグラフィックスを含めてBloglinesが用意する「Saved」というフォルダに保管することができるようになった。これによってユーザーは既読のページに後からすばやくアクセスできる。写真ウィジェットはFlickrのフィードに大きなサムネール画像を表示する。従来は写真に付随するメタデータのテキストだけが表示されていた。最後に、しかしこれも重要な新機能は、RSSリーダーとしてのブログの表示方法の改良だ。ユーザーは3ペインの表示に切り替えることができるようになった。従来はフィードされた情報だけが表示されていたのに対して、新しい3ペインではブログ本文が表示される。つまり、ユーザーは部分フィードしかしないブログを閲覧する場合でもBloglines中から記事の全文が読めるようになった。しかしユーザーにとっていちばん印象的なのは、単に記事内容が読めるだけでなく、コメントを読んだり、広告を含めてサイトの他の部分を表示したりといった対話的操作が可能になったことだろう。Bloglinesは去る8月に大幅なリニューアルを実施して以来、OpenIDのサポート (APMLとoAuthのサポートも近く始まる)を含めて、改良と新機能の追加を続けている。Bloglinesは以前RSSリーダーのシェアで1位だったが、最近は主としてGoogleとの競争で遅れをとっていた。しかしこうした意欲的な機能の追加は、一度去ったユーザーを呼び戻すにも、あるいは初めてのユーザーを獲得するにも効果があるだろう。[原文へ](翻訳:Namekawa, U) Bloglines Google Reader […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中