helio

EarthlinkがHelio撤退、SK Telecomが$270Mの追加投資で提携見直しへ

次の記事

グーグル、ヒューマニティに対する犯罪で訴えられる(珍裁判)

EarthlinkがHelio撤退を決め、今後Helioには一切投資を行わない方針を明らかにした。

一方EarthlinkとHelioを共同で進めているSK Telecomが$270M(2億7000万ドル)の追加投資を行った。これでおそらくHelio株式の過半数を押さえることになりそうだ。Infoworldの報道によると、Helioは今年$340M~360M(3億4000万~3億6000万ドル)の赤字が見越される。

Earthlinkの発表によると、8月末時点のHelioサービス購読者数は13万人。年末までには計20~25万人で$140~170M(1億4000万~1億7千万ドル)程度の収入となる見込み。

EarthLinkでは「SK Telecomからの追加投資と今後のHelio支配を見越して」Helioの提携合意は見直す方針。SK Telecomも、Helioは提携相手からの投資抜きに市場から資金を募るかもしれない、と話している。

バーチャルモバイル業者(MVNO)の世界ではAmp’d Mobileも7月に大型閉鎖となり、ESPNなどの小型MVNOも軒並み失敗している。Helioはそんな中、生き残っている数少ないMVNOのひとつだ。

[原文へ]

“EarthlinkがHelio撤退、SK Telecomが$270Mの追加投資で提携見直しへ” への2件のフィードバック

  1. […] 仮想移動体キャリアHelioはEarthlinkにパートナー関係を解消され困難な1年を経験したが、今度はCEOのSky Daytonが辞任という事態に陥った。(DaytonはEarthlinkの創設者でもあった)。Daytonが会長に就任するとはいえ、残ったパートナー企業である韓国のSK TelecomはHelioに対するコントロールを強化しようとしているように見える(おそらく損失を遅らせるためだろう)。元SK Telecom重役で現在のHelioの社長兼COOのWonhee SullがDaytonの後任になるだろう。 […]

  2. […] Virgin Mobileが本日(米国時間6/27)、Helioの株式を$39M(3900万ドル)で買い取った。Helioは小規模のMVNOで、ハイテク愛好家向けおよび韓国SK Telecomの出資もあって、韓国系アメリカ人向けに高機能携帯電話を売り出して有名になった。買収に伴って$60M(6000万ドル)の信用枠に加え$50M(5000万ドル)の借金(SKテレコムと親会社のヴァージングループからのものが半分ずつ)の肩代わりも行う。昨年9月にはSK Telecomが$270M(2億7千万ドル)の追加出資を行ったがHelioを救うにはいたらなかった。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中