対iTunesの決戦に挑むAmazon

次の記事

家探しの「Terabitz」、モジュール付き埋め込みマップ生成ツールを本日公開

アマゾンはここに来るまで数年かかったが、結論は正しかった。新ミュージックストアはDRMフリーの楽曲をアップルのiTunesより安い1曲89セントから販売、トップ100のベストセラーアルバムも8.99ドル以下におさえている。

楽曲はMP3フォーマットだからどんな楽曲プレーヤーでも再生が可能だ。iPodでも聴ける。最初はレーベル2万社が抱えるアーティスト8万人の計200万曲を取り揃えてのスタートとなった。EMIとUniversalも参加している。他の大手レーベルも現段階では追随する以外、あまり選択は残されていない。それも今すぐに。

楽曲をハードドライブに保存する際にはソフトウェアのダウンロードが必要となるが、ソフトはMac/Windows両対応で入手可能(もうじきLinux対応版も出る)。DRMが必須となる関係上、アマゾンの動画ダウンロードサービスはWindowsじゃないと再生できないし、それを思うと両対応になったのはうれしい。

標準のクオリティーも極めて高く、256 kbpsを実現した。これはiTunesのDRMフリー楽曲と同じハイクオリティー。

[原文へ]