Randy Pausch― 少年時代の夢を本気でかなえる

次の記事

Facebook、「友達のグループ化」ついに導入―サードパーティーには打撃か

コンピューターサイエンスの教授、Randy Pauschは末期膵臓癌と診断されている(詳しくは本人のブログに)。先週、カーネギーメロン大学で最後の講義を行い、生き方について、とんでもない夢を実現することについて、すばらしいアドバイスを語った。起業家はもちろん、人生の再教育コースを受けてクリエイティブな力を引き出したいと考えている人なら誰でも必見だ。ビデオで私の気に入った話は、ゴールを目指して進んでいて壁に突き当たった時についてRandyが語った部分。「この壁は、他の人を止めるためにそこにある。これを乗り越えることで自分がどれほどやりたいかを証明するのだ。

MeetroのファウンダーPaul Bragieには、このビデオを送ってくれて、1時間半かけて見る価値があることを知らせてくれたことに礼を言いたい。もう2回も見てしまった。みんなにも是非見てもらいたいと思う。

[原文へ]