sap
Business-Objects

SAPがBusiness Objectsを€4.8Bで買収

次の記事

速報: Newsvine、MSNBC.comに買収される

bi.jpg世界最大のビジネスソフトウェアメーカーのSAPは、Business Objectsを48億ユーロ($6.8B = 68億ドル)で買収することに合意した。

Business Objectsはビジネスインテリジェンスソフトを提供する会社で、4万3000社に上る企業顧客を抱え、その中にはFortune 500にリストされている企業の80%が含まれている。

ビジネスインテリジェンスソフトウェアとは、組織内のさまざまなデータを元に「重要な情報と、分析を提供し、従業員や顧客、取引先、パートナーなどの意思決定を支援する」ものだ。

SAPとBusiness Objectsはどちらも「Web 2.0前」のソフトウェアに注力している会社だが、主要製品の拡張機能としてオンラインサービスの提供を開始している。SAPはオンラインビジネスのコラボレーションに力を入れており、SAPの生産性向上ツールにアクセスするウェブベースのウィジェットを開発している

Business Objectsは、同社のウェブサイトBusiness Objects Labsで、「BI 2.0」のバナーの下、オンラインアプリケーションをいくつも揃えている。ツールには、外部データフィードをデータウェアハウスの構造データと統合する「BI Annotator」や、現行のBI情報をデスクトップで見るウィジェットやプログラムを作る「BI Desktop」などがある。

(via AFP)

[原文へ]