グーグル、ソーシャル強化の一環でマップにプロフィール導入

次の記事

今週金曜日、海賊版コンテンツ対策を目指すビッグな顔ぶれが新グループ発足

google3.jpgグーグルがソーシャル機能の開発に向け、全社挙げて取り組んでいるのは今や公然の秘密。その同社が今度はグーグルマップでコンテンツを作るユーザーの顔が見えるよう、Google “Shared Stuff”のプロフィールを導入する。

(詳しくは動画を見てもらえば分かるが)この新プロフィールはサイトで自分が作った全コンテンツの管理ができるハブ。ユーザーはここに写真や気になるリンク、お店のレビュー、自分で作ったマップを投稿したり、ここからグーグルマップのみんなに簡単な自己紹介ができる。グーグルはYelpや各種旅行専門サイトのような立地ベースのサービスを使う若手ユーザーをグーグルマップのプラットフォームに抱き込もうと懸命だが、このプロフィールもその一歩だろう。

マップサービスにプロフィがつけば、一人一人の利用者がサービスのどこに興味を持ってるか今より正確に把握できるし、最近買収したJaikuの統合化ポイントにもなりそうだ。



[原文へ]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中