急増するFacebookのGoogler引き抜き

次の記事

ProductWikiの偏向なきレビュー方式

google_facebook.pngFacebookとGoogleが競っているのはソーシャルネットワークだけではない。Facebookの従業員は現在の300人ほどから来年は700人になるという。そしてエンジニアなど見つけるのに一番の場所といえばGoogle。ストックオプションも確定して、次のヒットを探す人たちでいっぱいだ。

Facebookはすでに、YouTube CFOのGideon Yu、eコマース製品のトップ Benjamin Ling、GDriveデベロッパーのJustin Rosensteinを獲得済みだ。

しかし、Facebookの元Googlerたちが言うには、この話は株を手に入れた幹部が何人か辞めたというだけにとどまらない。とにかくFacebookはGoogleよりもはるかに「魅力的」らしい(Rosensteinのお別れメール参照)。GoogleからFacebookに移る従業員はひきもきらず、トップクラスの新卒の争奪戦も壮絶だ。

Googleの上級管理職たちはこれを「Facebook問題」と呼んでいると、複数のソースから聞いた。この2ヵ月で少なくとも10人の「花形」がFacebookに移った。元Googlerたちは、今後も毎月最低でも2~4人づつはFacebookに来るだろうと考えている。大した数ではないと思うかもしれないが、Facebookが狙っているのは選りすぐりだけだ。最高のGooglerたちが激しい引き抜きにあい、その多くが去っている。

情報筋によると、GoogleはGSUと呼ばれる特別の株式を提示して本格的に対Facebookの引き止めにかかっているという。その条件を十分だとは思わなかったあるGoogle社員によると、たちまち昇進して巨額のボーナスと「値がさ株」をもらったそうだ。しかし、彼はこうも言っている「金だけの問題じゃない。イノベーションを求めるなら世界で一番ホットなところで働きたいもの。今それがFacebookなんだ。」

CrunchBase:Facebook

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“急増するFacebookのGoogler引き抜き” への2件のフィードバック

  1. […] TechCrunch Japanese アーカイブ » 急増するFacebookのGoogler引き抜き (tags: google facebook) […]

  2. Alex より:

    what the hell I am doing here!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中