「Google Reader」に推薦とドラグ・アンド・ドロップ機能が追加

次の記事

Facebook Beacon 2.0―実際のところこうなった

googlereader1.jpgGoogleはRSSフィード・リーダーのGoogle Readerに新しく推薦機能とドラグ・アンド・ドロップ機能が追加された

「Discovery」と呼ばれる推薦機能は、ユーザーの現在のRSS購読先と(面白いことに)ブラウズ履歴を分析して、そのユーザーに興味がありそうなサイトを紹介するというもの。Googleはすでに以前からテーマ別のお勧めフィードのセットを提供していたが、こうしたユーザー別にカスタマイズされた推薦機能を提供するのはこれが初めてだ。

一方、フィード項目をフォルダからフォルダへ移動させたり、順序を並べ替えたりするのにマウスでドラグ・アンド・ドロップ操作ができるようになった。この種の機能は別にユニークなものではなく、Google自身もブログで認めているとおり、BloglinesやNewsGatorのようなライバルのRSSリーダーですでに実現されている。

Googleは多数の研修生(インターン)や元研修生にこれらの新しい機能の開発に関して謝意を表している。これは若者の励みになるので良いことだ。

私もGoogle Readerのユーザーだが、ドラグ・アンド・ドロップ機能はもちろん間違いなく使うことになる。推薦機能もあるいは便利かもしれない。しかし一つ疑問があるのだが、いったいどうしてドラグ・アンド・ドロップがGoogle Readerで可能なのにGmailにないのだろう? Gmailにもこの機能があったら絶対に便利なのだが。Gmailチームも研修生を頼んできたほうがいいかもしれない。:-)

readershot.jpg

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)

“「Google Reader」に推薦とドラグ・アンド・ドロップ機能が追加” への6件のフィードバック

  1. […] 「これなくしては生きていけないWeb 2.0」シリーズの3回目だ。最初の記事は2006年のこれ。ちょうど1年前に書いた2007年版はこちら。このリストに載せてあるのは私がだいたい毎日使っているサービスだ。一部は仕事で(Wordpress、Delicious、Google Docs等)、一部は楽しみで(Amazon Music、Amie Street等)、一部は両方で(Digg、Skype、YouTube等)使っている。大部分のサービスはほぼ毎日使っている。これらのサービスは、どれ一つ欠けても私の仕事の生産性にもプライベートな楽しみにも大きく響くような存在だ。リストは年ごとに多少出入りがあるし、次第に長くなっている。(右の表を参照)。5つのサービスは3年間を通じてリストに載っている。(Flickr、Netvibes、TechMeme、Skype、Wordpress)。2006年版には載っていないが2007年版と2008年版に連続で載ったサービスがさらに5つ。(1-800-Free-411、Amie Street、Digg、Gmail、YouTube)。2007年に一度リストから落ちたが今年復活したのが2つ。(Delicious、Technorati)。今年初登場の新顔が7つ。(Amazon MP3 Store、Facebook、Firefox、Google Reader、TripIt、Twitter、Zoho)。私の選択の一部―たとえば、Firefoxが今年初登場だなどというのは、多くの人にとって意外かもしれない。(MacでFirefoxを使って具合が悪かったので私はFlockを使っていたが、Firefoxも3.0ベータになってやっと満足のいく作動をするようになった)。ライバルとの差がほとんどないようなエントリーもある。(たとえばPageflakesも気に入っているのだが、まだNetvibesから完全に乗り換える気にはなれない)。リストをあまり長くしないために割愛したスタートアップも数多い。記事の最後にそうした「残念賞」とお気に入りのガジェットのリストを付け加えておいた。以下、アルファベット順に私が毎日使っている「これがなければやっていけない」サービスを解説する。800-Free-411800-Free-411は昨年リストに加わった。これは無料の電話帳案内サービスで、携帯のキャリヤが最高で1回$3.50も請求してくる料金を節約できる。このサービスはこの2年間でアメリカの電話帳案内サービスの分野で6%のシェアを得ている。Google、Microsoft、AT&Tその他がこの分野に参入してきたが、このサービスを運営しているJingle Networksには強みがある。無料電話帳案内サービスと広告を合体させるアイディアに特許を取っているのだ。「FREE411USA」をSkypeのコンタクトに追加しておくといい。このSkype名からでも検索ができる。Amazon MP3ストアAmazonの新しいミュージック・ストアは完璧に近い存在だ。 Warner Musicの参加によって、今やDRMなしの音楽を300万曲もダウンロード販売するようになった。価格もAppleのiTunesストア(DRMつきで200万曲しかない)より安い。残念ながら昔のAllOfMP3ほど安いわけではないが、少なくとも合法的で良心がとがめないし、もしかするとAppleがiTunesを改良する(たとえばまずDRMの撤廃)圧力になるかもしれない。Amie Street私は2006年半ばのローンチの当初からAmie Streetの大ファンだ。このサービスは無名のアーティストの作品を変動価格で販売する。どの曲も最初は無料でスタートする。ダウンロード数が増えるにつれて最高$.99まで価格が上がっていく。Amazonもこのモデルが気に入って、2007年の8月に Amie Streetに投資した。DeliciousDeliciousは2006年版には載っていたが、昨年は私はウェブ・ページのソーシャル・ブックマークとタグづけサービスをBlue Dotに乗り換えた。Blue Dotの部分的にプライベートにできる―友達だけに公開する機能が気に入ったからだ。しかし今年はまたDeliciousに戻ってきた。理由は、とうとうFirefoxへの組み込みをまともに動かすことに成功したからだ。それに9月にプレビューが公開された新バージョンは大変優れた改良になっている。DiggDiggには私は愛憎半ばする感情を抱いている。しかしTechCrunchにとっては重要なトラフィックの源だし、興味ある記事を発見するにも得がたい場所だ。私はDiggを昨年追加したが、今年も載せることにした。ライバルのRedditもわれわれの重要なニュースソースだ。新しいサービス、Mixxも健闘している。Facebook私がFacebookに加わったのは1年前だが、友達が何をしているかチェックしたり、新しいFacebookアプリケーションを試したり、その他コミュニティー活動一般にに参加したり、今や完全に日常生活のルーチンの一部となっている。1年前にもホットなスタートアップではあったが、誰も2007年を終えての成長ぶり(サイズと影響)を予測できたものはいないと思う。Facebookは常に限界にチャレンジしてそれを拡大してきた。良かれ悪しかれ人を退屈はさせない存在だ。Facebookは私が日常使っている唯一の純粋なSNSだ。FirefoxFirefoxブラウザを2008年のリストに追加した。いまさら出遅れではないかと思う読者もいるだろうが、従来FirefoxはMacで事実上使い物にならなかったことに留意されたい。Firefox 3(まだベータ版だが)が出て初めて実用になったのだ。そういうわけで最近まで私のメインのブラウザはFlockだった。今ではもちろんFirefoxだ。FlickrFlickrは3年連続でリスト入りしている。私が写真をオンラインにアップロードするのは依然としてFlickrだけだ。もしかすると将来はFacebookが私の写真の置き場所になるかもしれない。しかしすでにFlickrに大量の写真を置いてあるので、単なる慣性だけでもFlickrを使い続けることになっている。願わくば、将来FlickrとFacebookがもっと緊密に連携してくれるとよい。ネットワーク上の写真置き場が一箇所に統合されて、ソーシャルな写真の利用はすべてそこからエンベッドできるようになればれば大変便利だ。Gmail2006年の終わりに私はすでにGmailは完璧に近いと思っていた。今年に入ってGoogleはIMAPをサポートした。これは欠けていたパズルの最後の一片ともいうべき改良だった。私はいまだに Gmailがメールをスレッド化するやり方が好きではないし、タグづけの方法にも改良の余地があると思う。しかしそれにもかかわらず、私のお気に入りのメール・サービスとしてはYahooMailよりわずかに上に来る。Google Reader2年前には私はRSSフィードを読むのにBloglinesを使っていた。その後、去年一時NetNewsWireに乗り換えたのだが、Google Readerはとうていいつまでも無視していられないぐらいよく出来ていた。現在利用できるフィードリーダーとしていちばんエレガントで実用的も圧倒的に高い。このサービスは2005年10月にスタートした当初は重大な欠陥があった。しかしその後着実に 改善された。最近プライバシーに関して若干問題を起こしているが、Google Readerは素晴らしいウェブ・アプリケーションで、大量のウェブ・ページの情報一気に処理するのに驚くほど効率的だ。NetvibesNetvibes、Pageflakes、iGoogle 、My Yahooはどれも重要な情報源を整理して単一のブラウザの起動ページに統合してくれる優秀なサービス
    だ。 私は2005年以来、Netvibesを利用している。もっとも、わざわざ選んでというより大部分惰性なのだが。先に挙げたサービスのどれでも起動ページづくりに理想的だ。まだ使っていないなら、どれか一つでも試してみるとよい。My YahooはFirefox 3ではなぜかうまく作動しない。できるだけ早く修正してほしいものだ。SkypeSkypeも3年連続リスト入り。近い将来これがリストから落ちることはありそうにない。私にとって生産性ツールとしてはいちばん重要なサービスだ。Skypeを諦めるくらいならメールを諦めたほうがいくらいだ。APIが公開されて、いちいちSkypeのクライアントを起動せずにサードパーティーのアプリケーションがSkypeのバックエンドを利用してIMや通話ができるようになると素晴らしいのだが。MySpaceがどうやら最初にこれを実現しそうな気配だ。さらに続くところが出るとよい。さもなければ、いつかGizmoがその代わりを勤めてくれるかも。TechmemeTechMemeも3年連続リスト入り。ブロゴスフィアを総覧する日刊紙のような存在だ。特定の話題をフォローする際にわれわれがいちばんよく利用するサイトかもしれない。私が読むウェブのページ数としては、他のどのウェブサイトと比べても、TechMemeがいちばん多いと思う。TechmemeがいまだにGabe Riveraのワンマンショーであり、自己資金だけで運営されているのは驚くべきことだ。TechnoratiTechnoratiは2006年版には載せたが、去年のリストから落とした。正直言って、実用にならないくらい反応が遅すぎたからだ。しかし昨年、Technoratiは事業の見直しを行い、コアとなるサービスの改善に注力した。そこで私はまたブログ検索の基本ツールとして利用するようになった。今や私がもっともよく利用するサービスの一つだ。TripItよく旅行するユーザーはTripItを気に入るだろう。 信じがたいほど使い方が簡単で、ほぼ完璧なサービスだ。ぜひわれわれのTripIt紹介記事を読んで機能を理解して欲しい。 飛行機やホテルの予約確認メールをTripItに転送すると、自動的に旅行の日程表が生成される。この日程表は携帯からアクセスすることも可能。Twitter今だにTwitterをどう説明していいか迷う。私のような人間にとってはマイクロ・ブログ・プラットフォームとして役立っている。小さな情報の断片―感想、リンク、アップデートなど―を関心のあるグループに簡単にすばやく配信することができて、すでに私の日常生活の一部になっている。それに友達が今何をしているかを知るにも良い方法だ。WordpressWordpressがどれほどわれわれの人生を楽にしてくれたかいくら言っても言い足りないほどだ。これこそ全てのTechCrunchブログ・ネットワークが利用しているプラットフォームである。当然今までの3年のリストに連続して掲載されちえる。Wordpressのスパム・コメントのブロック・サービス、Akismetは天の恵みともいうべき機能だ。これがなかったらTechcCrunchは スパムの波に飲み込まれてお手上げだっただろう。Akismetは、毎日1万5千ものスパム・コメントをフィルターして自動的に削除してくれている。YouTubeYouTubeも去年のリストに載せておいたが、その後、指数関数的に巨大化した。エンタテインメントでも(テレビでロクなものをやっていない? そんなときでもYouTubeには何かしら興味を惹かれれるようなものがアップされている)、仕事でも(われわれが制作したビデオは大部分がいったんYouTubeにアップロードしたうえでTechCrunchのページにエンベッドされている)ひんぱんに使っている。以前一度差し止め要求の書面を送ってきたことがあるが、それはそれとしてやはりYouTubeは好きだ。ZohoZohoの、特に表計算アプリケーションは、TechCrunchで重要な生産性向上ツールとして大活躍している。われわれは昨秋、TechCrunch40を開催した際に、何百という応募スタートアップを整理したり比較したりするためにZoho表計算を全面的に利用した。デスクトップでMS Officeの表計算を立ち上げるたびに共同作業機能が欠けていることが痛感される。はっきり言ってGoogle Docsも機能としては同程度に役に立つのだが、オフライン機能を提供するのがZohoの方が早かったので、リストに載せた。Google DocsもZohoも従来のデスクトップだけのアプリケーションに対してきわめて大きな改良となっている。残念賞とガジェット今年、私はリストを15社から19社に拡大したが、これ以外にリストに加えておかしくないサービスがいくらでもある。エンタテインメント分野では、DuelsやKDiceがあるし、Skreemrは優れた音楽検索エンジンだ。われわれはDocstocとScribdを文書を記事にエンベッドするためにいつも使っている。スタートアップのトラフィック統計を見るために私は毎日Competeを訪問している。今年はリストから落としたが、それでもPandoraでいつも音楽を聞いている。最初のDNAテストの結果を受け取ったら来年は23andMeをリストに加えようかと思っている。最後に、Seesmicはリストに載せてもおかしくないサービスだと思ったが、私自身が投資者の1人なので遠慮しておいた。それと、Phoneを筆頭に、PhilipsのMP3目覚まし時計、bluetooth用骨伝導ヘッドセットなど毎日使っているガジェット(ハードウェア)をリストに入れなかった。来年は別にガジェットだけのリストを作ろうかと考えている。[原文へ](翻訳:Namekawa、U) Amazon amiestreet del.icio.us delicious Digg Facebook Firefox flickr Google Netvibes Skype TechMeme Technorati tripit Twitter WordPress Yahoo YouTube Zoho […]

  2. Widgets より:

    That’s old, but useful.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中