tringme
flashphone

TringMe、Flashベースの電話サービス開発

次の記事

ソーシャル広告ネットワークのAdrollに先着100名をご招待

tringphone.pngFlashベースの電話サービスの登場だ。大半のウェブベースの電話サービスではSkypeやGizmoのように別個のアプリが必要となる。あるいは、Jajahのように主にウェブを利用して電話をかけるようになっている。しかし、Flashベースのウェブ電話はVOIPを直接ブラウザーに持ってきた。先月はロシアのFlashphone取り上げた。さて、また一つ、SIPベースのFlashフォン「TringMe」がインドからやって来る。同サービスは10月に「click-to-call(クリックして電話をかける)」ウィジェット機能を備えサービスを開始した(アップデートRibbitもチェックしてもらいたい)。

TringPhoneと呼ばれる同サービスは、本格的に利用できるサービスというよりは、むしろテクノロジーのデモといったものだ。TringMeでは、同テクノロジーをVOIPプロバイダーにライセンス提供し、ウェブベースの電話技術をウェブサイトを訪れるように簡単なものにする手助けをしたい、と考えている。SIPベースの既存電話サービスのアカウント間ではすでに利用可能。また、大抵のVOIPプロバイダー用に設定できる。TringPhoneのデモを試してみた時には、私がU.S.国内で利用している携帯電話へ電話がかけられた。本日(米国時間12/3)これから、TringMeサイトでTringPhoneサービスが利用できるようになるはずだ。

同社はまた、モバイルVOIPにも取り組んでいる。これは、ユーザーの端末ブラウザーから3Gデータネットワークを通じてSIP通話できるというもの。こちらは、おそらくFlashベースのものではないだろう。

CrunchBase:SkypeGizmoProjectJajah

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)

“TringMe、Flashベースの電話サービス開発” への1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中