going.com

Going.com、イベントをより一層ソーシャルに

次の記事

グリーンピースで乳がん患者に励ましを


イベントをベースにしたソーシャルネットワーキングGoing.comは、新機能を追加した3.0バージョンをリリースした。

Going.com 3.0で目玉となるのは、地元のイベントとユーザー発見のためにおすすめを行うレコメンデーション・エンジン。この新機能により、Going.comのイベント重視型のソーシャルネットワーキングサービスは、出会いサービス系に近いものになる。従来のGoing.comが、おすすめイベントを紹介したり、友だち同士がつながるというものであったのに対し、新バージョンでは、ユーザーが興味を持ったイベント履歴を基にして新しい友だちを紹介する。本質的には、行動パターンに基づいた友だち紹介サービスとGoing.comのイベントエンジンを組み合わせたものだ。例えば、あるユーザーが某都市で開催された3〜4件程度のイベントに参加したとしよう。そして、その他のユーザーも似たようなパターンで行動した場合に、同サービスはこれらのユーザーを友だちとしてふさわしいとして、すすめするかも知れない。

関連ニュースとして、Going.comのチケット販売(11月に開始)は、ますます強化されている。サービス開始当初はMobyのチケットを販売していたが、今後数週間にMos Def、Diplo、Z-Trip、MF Doom、Lyrics Born、Goapeleなどのチケット販売を予定している。

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)