2007年の統計―Google生え抜きのサービスではiGoogleが大健闘

次の記事

「Crunchies」コンテストの最終候補者決定―さあ投票だ

2007年は引き続きGoogle躍進の年になった。Googleは今年(株式時価総額で)アメリカ第5位の企業に成長、「世界征服」の野望実現へまた一歩近づいたわけだ。

comScoreの統計によると、 Googleのトラフィックは今年、すべてのウェブ・サービスのトータルで22.42%増加している。(アメリカ以外のドメインとYouTubeのように買収されたドメインを除く)。その中でスター誕生ともいうべき伸びをみせたのが、カスタマイズできるスタートページのiGoogleだった。11月にスタート以来満1年になったが、この間に267.64%の伸びをみせている。 他に好調なのが、Google Book Searchで54.66%の伸び、Gmailが53.6%Google Mapsも51.57%とそれぞれ成長した。

ただしユーザーはなぜかGoogleでは商品を買う気になれないようだ。2007年のGoogleサービスを通じての成績最下位は「Product Search(Shopping)で、なんと73.26%のダウン。「Scholar Search」も32.14%のダウンだ。 GoogleがYouTubeを買収した年にしては、Googleの「Video Search」が11.82%下落しているのが妙だ。

Googleの大黒柱、検索エンジンは無論トラフィックでは他の部門を遠く引き離して1位だ。2007年でGoogleのもっとも多くトラフィックがあった部門は、検索、イメージ検索、Gmail、Google地図、Googleニュースだった。

goognumbers.jpg

googgrowth.jpg

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中