裸で酔っ払ってライブブログする2007年の男

次の記事

Diggが生んだ流行歌「Digg Song」の子にレコード契約の打診

2006年にはなくて2007年にはあるもの。そんな今年を決定付けるブレークスルーがあるとするなら、それはライブブログだ。Justin.tvからクローンまでライブ動画は他を圧倒するほどの力はないにせよ、そのプレゼンスを世に轟かせた。

僕のお気に入りは今もUstream.tvである。Kyteのようにクールな技術はないし、Justin.tvほど幅広いプレゼンスもないけど、リライアブルでこちらが欲しいものをちゃんと流してくれる。いつも見るのはChris Pirilloライブという情報番組。勉強になる。

今日(僕のいるオーストラリアの標準時で)は「The Drill Down」をちょっと聴いてたら、Diggガールにレコード契約の話があるという特ダネがキャッチできた。これなんかはポッドキャストがライブTVと出会う良い例で、ライブコンテンツ新潮流の実にポジティブな面である。

他方、Jim Chomaのような男もいる。

いや、僕も彼のライブはたまたま「Drill Down」のポッド聴いた後、Ustreamで見てしまっただけなんだけど、そこから面白いことになってしまった。JimはZipperfish.comなどサイト運営の傍ら、Ustreamで「The Walrus(セイウチ)」というハンドルでライブ番組もやっている。

Jimは無類の酒好きだ。無論それ自体は別におかしくない。だが僕ら一般人は自分の酔っ払った状況をライブで流そうとは普通思わない。酔っ払って同性愛者を気持ち悪がったり、罵詈雑言を撒き散らしたり、ヌードを晒そうとは、もっと思わない。

試しにTwitterでリンク送ったら、Jimの酔っ払い放送視聴者は30人から100人に跳ね上がって坂道を転げ落ちるように絶好調に(ひー訂正!)。僕も電話入れてJimに「どんだけ飲んだら気が済むのだ」と聞いてみたよ(番組では視聴者からかかってくるライブの電話がメイン)。

上と下に短いクリップを載せておくけども、まさにタガの外れた暴走列車型番組ここに極めりで最悪(最高?)なんだけど、誰も目が離せない。仕事持ちだとすれば、キャリアは間違いなく今ごろデットプールにどっぷり沈んでいるはずだ。いや、大丈夫か…少なくとも僕と他の視聴者100人は今晩、酔っ払い番組にもそれなりの価値を認めたわけだしね。いずれにせよUstreamの全クリップ公開の暁には、きっと2007年の締め括りを飾る最高のバイラル動画になるに違いない。



↑ 「ヌード!」「自由!」と騒ぐジム

CrunchBase: UstreamJustinTVKyte

[原文へ]

(翻訳:satomi)