2007 Crunchies―全受賞者発表

次の記事

Fon、サンフランシスコのカストロ地区の住民にWi-Fi共有を呼びかけ

crunchies2007.jpgRead/Write WebVentureBeatGigaOm、TechCrunchが共催したCrunchies賞の第1回、「2007 Crunchies」の受賞式とパーティーには多数のウェブ・スタートアップのスター企業が集まって盛大に一晩を楽しんだ。

式次第は(おおむね)順調に進んだ。結果にはいくつか意外な受賞者も混じっていた。全候補者のリストについてはCrunchies 2007のポータルを参照。

総合最優秀賞: Facebook

Facebookは「SNSに何ができるか」という概念に革命をもたらした。

最優秀技術革新/実現賞:
Earthmine

Earthmineは「Google Earth」が仕事を止めたところから出発して、詳しいセマンティック・データを現実世界の3Dパノラマ画像と組み合わせることに成功した。Earthmineのシステムは現実世界にある対象を何であれモニタして、緯度、経度、高度、その他の属性を自由に付与することができる。

最優秀クリーン技術スタートアップ賞:
Tesla Motors

Teslaの「グリーン」なスポーツカー開発プロジェクトは、公衆の想像力を掻き立て、電気自動車は退屈でつまらないという従来の一般的イメージを打ち壊すのに大きな力があった。製品のリリースは年内を予定しているが、すでにテクノロジーとエンタテインメント業界のスーパー・ビッグネームたちからの注文が入っている。

最優秀ビデオ・スタートアップ賞: Hulu

Huluはテレビをオンライン化しつつある。配信システムは成功したソーシャル・ビデオ・サービスに範を取った優れたもので、それまでの批判者からも一転して賞賛を浴びている。

最優秀ユーザー生成コンテンツ・サイト賞: Digg

Digg’sのシンプルな投票システムはソーシャル・メディア革命の方向を決定づけた。Digにランクインすることはいまやギーク界における成功と名誉の証として誰もが望む勲章となっている

最優秀携帯スタートアップ賞: Twitter

Twitterは中毒性の高い新しいマイクロ・ブログのスタイルを確立した。 「South by Southwest」カンファレンスの頃なってやっと、おそろしくシンプルなマイクロ・ブログ・プラットフォームにどれほど大きな可能性が秘められているかが認識され始めた。

最優秀国際スタートアップ賞: Netvibes
ロンドンに本拠を置き、Tariq KarimとFreddy Miniが創立したNetvibesはカスタマイズできるウェブ・スタート・ページとしてアメリカで大きな人気を呼んだ。

最優秀コンシューマー向けスタートアップ賞: Meebo
Meeboはインスタント・メッセージングをオンライン化することであらゆる場所に普及させた。続いてMeeboは誰でも自分のアプリケーションにチャット機能を組み込めるプラットフォームを開発した。

最優秀エンタープライズ向けスタートアップ賞: Zoho

Zohoは文書編集から顧客関係管理に至る14種類のビジネス・アプリケーションを含む総合的なオンライン・ソフトウェア・シリーズを開発、提供している。デスクトップ・コンピューティングからクラウド(ネット上)・コンピューティングの移行をリードする企業だ。

最優秀デザイン賞:SmugMug

SmugMugはプロ向け写真サイトだ。SmugMugの細部へのこだわりと優れたデザインはユーザーに年間 $150の料金を支払わせる価値がある。

最優秀ガジェット/デバイス賞: AppleのiPhoneに決定。Appleの賞の受諾スピーチについてはこちら

最優秀ビジネス・モデル賞:
Zazzle

スターウォーズをあしらった帽子や何かの記念のコーヒーマグを探しているなら、Zazzleを試してみるとよい。このスタートアップは日用雑貨製品をオンデマンドで製造する工場だ。Zazzleではまた、自分のアイディアでデザインした画像をアップロードすることで、消費者が簡単にTシャツ、カップ、マウスパッドなどの製造者になれる。消費者はもしその製品が売れた場合、デザイン料として収益の分配を受けられる。

最優秀自己資金スタートアップ賞:Techmeme.

創立、運営ともにGabe Riveraのワンマン・ショーであるTechmemeは、いわばテクノロジー系ブロゴスフィア全体のトップページの役割を果たしている。このサイトは人気ブログの記事を検索し、高度なアルゴリズムを駆使してその日のトップ記事を選択してブロゴスフィアを横断する会話をつくり出すプラットフォームとなっている。

最優秀スタートアップ・ファウンダー賞:Mark Zuckerberg (Facebook

これ以上説明は不要か? Markは23歳にして世界でも最大級のオンライン・トラフィックを集めるSNSサイトを構築した。最近、このサイトが$15B(150億ドル)と評価されている。誰にせよ、驚くべき業績だが、まだ23歳の若さだということを考えると驚きはますます深まる。当然の受賞だろう。

最優秀スタートアップCEO賞:Toni Schneider (Automattic
/WordPress)

WordPressのファウンダー、SchniederはMovable Typeに対抗するオープンソースのブログ・プラットフォーム・プロジェクトを数千万ドルの価値がある大企業に育て上げた。同社はアンチ・スパム・フィルターつきの無料ブログ・ホスティング・プラットフォームとしてGoogleのBloggerとならんでブロゴスフィアに貢献している。

最優秀最新スタートアップiMedix

iMedixは検索機能とSNSを統合することで、オンラインの健康情報の利用法を変革する可能性をもたらしている。ユーザーは健康上の話題に関して自分の体験やオススメのリンクなどの情報を交換して助け合うことができる。

最も成功の可能性の高いスタートアップ賞
Automattic (WordPress)

オープンソースのブログ・プラットフォーム・プロジェクトとしてスタートしたものが、ロングテーム・ブームに乗ってアンチ・スパム機能つきブログ・ホスティング・サービスとして数千万ドルの価値をもつ企業に成長した。

最優秀バイラル・マーケティング賞StumbleUpon

StumbleUponのサービスはユーザーのブックマークを保存して解析し、ユーザーが気に入りそうなサイトを推薦するもの。2005年にわずか$1.5Mの投資を受けてスタートしたが、現在StumbleUponは400万の登録ユーザーを擁するまでに成長し、2007年にeBayに$75M(7千500万ドル)で買収された。

最優秀カジュアル・ゲーム・サイト賞:Kongregate

CEOのJim GreerはKongregate を「カジュアル・オンライン・ゲームのXBoxみたいなもの」と説明する。このサイトはもっとも中毒性の高いカジュアル・ゲームをいくつかホストしてきた。 「Desktop Tower Defense」をご記憶だろうか? 一般ユーザーは単にゲームをプレイするだけでなく、自分でゲームを作ってアプロードし、広告収入の一部などの見返りを得ることもできる。

最も世界を良くすることに貢献しそうなスタートアップ賞:DonorsChose

DonorsChoose.orgは援助を必要としている学校と援助を希望する個人を仲介するサービスを提供している。

Crunchies 関連記事はこちら

[原文へ]

(翻訳:Namekawa、U)