英広告大手WPPが買収加速、噂の標的にはSpot Runner、VideoEggも

次の記事

ええっ、もう!? NBC、別れたアップルに「やり直そう」

spot-runner-logo.png広告コングロマリットのWPPがさらなる買収でウェブ広告収入の増強を図る。昨年24/7 Real Mediaを$649M(6億4900万ドル)で買収したWPPは今、モントリオールのインタラクティブ広告会社Nurunの乗っ取り交渉中だが、これ以外にも小型の買収を行って広告2.0強化に乗り出す可能性も出てきた。

videoegg-logo.pngネタ元として弱い『NY Post』も、ことマディソン・アベニュー界隈の情報は強い。 そのPostがここで買収ターゲットの候補として挙げている企業には、Spot Runner(地元企業向けの廉価なテレビCMの会社)、 VideoEgg(動画広告とFacebook関連ビジネス)、JumpTap(モバイル広告)の名前も入っている。

WPPはSpot RunnerとVideoEggには少数株取得で資本参加済みだ。急げ。広告のスタートアップ売るのも今のうち。不況が来る前に全部売り払ってしまおう。

CrunchBase: Spot Runner VideoEgg

[原文へ]

(翻訳:satomi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中