Automattic、WordPressなどのために$29.5Mの巨額資金を獲得

次の記事

23andMe、ダボスの世界経済フォーラム参加メンバー1千人にDNA解析を無料で提供(TechCrunch読者1名にも無料プレゼント)

WordPressのオープンソースのブログソフトとスパムフィルターAkismetのプロバイダAutomatticが、True Venturesによる資金調達のSeries Bラウンドで$29.5M(2950万ドル)を調達した、というニュースをGigaOmが発表した。ラウンドにはThe New York Times、Polaris Ventures、Radar Venturesなども出資した。

大量調達された資金は、AkismetとWordPress(ダウンロード可能なソフト)の開発だけでなく、WordPress.com(WordPressのホスト型ブログプラットフォーム)、Gravatar(WordPressのアバターを提供)、BBPress(もうすぐ発表されるホスト型の掲示板)の開発にも利用されるだろう。

WordPress.comは最近ストレージ容量を3GBに引き上げた。これはライバルのBloggerTypePadをはるかにしのいでいる。WordPressは先週の「最も成功しそうなサイト」と「ベストCEO」カテゴリーのCrunchiesに輝いた

去年(2007年)10月、Automatticが$200M(2億ドル)もの買収提案を拒否したという噂が流れた。問題は、Automatticの創設者はこのラウンドでいくらなら提案を蹴るのだろうか、ということだ。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在241人フォロワーがいます。