Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)

次の記事

Microsoftがオンラインストレージを5GBに増量

evernote-beta-logo.png誰もが溢れかえる情報を相手にしている。ウェブスタートアップの中でも特に役に立つのが、毎日襲う、この止まることのないデータの洪水の処理を手伝ってくれるサービス。Evernoteはそんなスタートアップのひとつだ。EvernoteのWindowsバージョンが出て何年か経つが、このたびウェブ版のプライベートベータ、新Windowsクライアント、Windows MobileとPocketPCの携帯対応版、モバイルウェブ版のモバイルクライアントも提供開始となった(Mac用クライアント、Java電話、iPhone、Andoroid電話用のモバイルクライアントは現在開発中)。TechCrunch読者先着200名は、ここでサインアップすれば、3月の一般公開に先立って試してみることができる。

CEOのPhil Libinの言葉を借りれば、「Evernoteの本旨は外部に脳を持つこと」だそうだ。Evernoteを使うと、ウェブページの好きな部分を選択してクリップしたり、カメラ付携帯で撮った写真をPCやウェブに送ることができる。evernnote-2-small.pngこの「ノート」ひとつひとつがアーカイブされ、検索できるのだが、写真に写っている文字を(手書きであっても)検索することもできる。例えば「crazy milk sake」で検索すると、酒の瓶が表示されて「crazy」、「milk」、「sake」の部分が黄色くハイライトされる(ここでデモビデオが見られる)。

Evernoteは、エンジェル投資家から$9M(900万ドル)の資金を調達している(2006年3月に$6M[600万ドル]、2007年9月に$3M[300万ドル])。同社では初となる$10M(1000万ドル)のベンチャーラウンドを予定している。テク業界の巨匠Esther DysonとSlideのファウンダーMax Levchinが役員に名を連ねる。サービスは最大容量5GBまで無料だ。同社は、容量を追加してフィルタリングやイメージ認識技術によって機能強化されたプレミアムサービスで、収益化をはかりたいと考えている。

会社を興したのはコンピューター科学者のStepan Pachikovで、あらゆるタブレットPCに使われている手書き認識ソフトウェアを作った人物だ。同氏はEvernoteのために、さらに進んだ手書き認識システムを作りあげた。(ソビエト出身つながり。LibinとPachikovはロシア生まれで、Levchinはウクライナで生まれた)。Levchinが、このスタートアップを作るまでの経緯を話してくれた。

Evernoteのすごいところは、時間がたつにつれユーザーにとっていろいろな面でなくてはならないほど便利なものになっていくことです。人は年を重ねると、記憶した物が増えるだけでなく、自然と思い出すのが難しくなりますから、Evernoteはユーザーが積極的に関わるかどうかによらず、価値が高まってくるのです。

手書き認識の能力はかなりすごい。私が作ったこの公開Evernoteページで試してみてほしい。「Venetian」と入力すると、Libinが持っているCESの入場券に貼ったポストイットに「Stay at the Venetian」と筆記体で書いてある写真が見つかる。「auto collision」とか「crazy milk sake」と打ってもびっくりするような結果が見られる。「いい加減に撮った低画質のイメージからでも情報を引きだすことができる画像処理技術はこれだけです」とLibinは言う。

evernote-3-small.png

このソフトを携帯にインストールして、名刺や名札やレシート、サイン、手書きメモなどを撮りまくれば、自動的にEvernoteに送られて何でも検索できるようになる。人物など、文字の入っていないものの写真も撮って送れば、携帯がサポートしていればEvernoteがジオタグを付けてくれる。Evernote上で画像やノートに手動でタグを付けることもできる。Libinが次のように話している。

私にとってカメラ付携帯の新しい使い方です。覚えておきたいと思ったら、いつでも写真を撮ります。とうとうレシートまで撮るようになってしまい、旅費精算に使っています。

これはまた、ほとんどの人にとって、自然に受け入れられる行動ではない。会う人ごとに、顔や名刺を携帯で撮らせてくれといったら、変な目で見られるかもしれない。もっとも、会議中にもっとおかしなことをしている人たちもいるが。Evernoteは、はじめはたまに使っていても、そのうちにクセになっていくものだと思う。

Evernoteは携帯だけのものではない。ウェブで見つけたものにも使える。デスクトップクライアントとウェブアプリには、ウェブクリッパーという、ブラウザーでウェブページの一部をハイライトさせてクリックするだけで、取り込むことのできるツールが入っている。ノートは全て時間順に保存され、それぞれにタグを付けたり、別々の「ノートブック」にまとめることもできる。ノートブックは標準では非公開で、要は自分が覚えておくためのものなのだが、どのノートブックもウェブサイトやRSSフィードの形で公開することが可能だ。ノートやノートブックをウェブ上で簡単に公開するための、サムネイルとイメージ検索付のウィジェットツールも近く公開される予定だ(Levchinが確認した)。FacebookとOpenSocial用アプリも準備中で、自分の選んだ友人とノートを共有したり、個人ページにウィジェットを埋め込めるようになる。

将来に向けてPachikovは、さまざまな種類の画像や、顔の表情を見分けるイメージ認識技術を研究している。理論的には、機嫌の良い息子の写真や、妻が怒っている写真を検索できるようになるわけだ。この技術は未だ研究開発段階だが、Evernoteの発展とともに、人間の記憶をたどる方法は益々増えていくだろう。ウェブベースの個人データ整理ツールはほかにも、KaboodleやTwineなどがあるが、Evernoteのようなアプローチで問題に取り組んでいるところはない。

Evernoteにとって最大の課題は、デスクトップのメモ取りツールを、ウェブベースの真の拡張人間記憶にまで飛躍させられるかどうかだ。ソフトウェアはまだ閉じている感じで、他のサービスのためのフックやAPIが十分ではない。同社ではこの検索技術を他のサイトから利用するためのAPIの開発や、ノートをブログで簡単に公開するためのブログプラットフォームとの統合を進めている。いずれもすばらしいことだ。が、もうひとつ要望がある。逆方向もできるべきだと思う。自分のパーソナルな記憶もバブリックな記憶も、一か所にまとめたい。ブログの記事とか、Flickrの写真とかTwitterとか。今のところ唯一の方法は、ブログの記事やTwitterやFlickの写真をひとつずつ手動でクリップすることだ。フィードも取り込めるようにするのも難しくないと思う。

evernote-screen-small.png
evenote-2a.pngevernote-1a.png
evernote-web.pngevernote-win.png

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)” への39件のフィードバック

  1. […] TechCrunch Japanese アーカイブ » Evernoteで自分の脳を拡張する(via Hetimaの日記) […]

  2. […] 8. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) […]

  3. […] 3. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2/22) […]

  4. […] 私が先月紹介した「記憶を拡張するするソフト」、 EvernoteがMac版をリリースした。(Windows版とウェブ版はすでに発表されている)。Mac版のダウンロードはこちらから。EvernoteではTechCrunch読者を先着順で2000人、プライベート・ベータに招待する。TechCrunch読者のサインアップはこちら。 […]

  5. […] TechCrunch Japanese アーカイブ » Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートヅ (tags: evarnote review) […]

  6. EvernoteのToDo管理機能…

    「なんでもキャプチャ」「画像中の文字も検索」などが話題になっているEvernoteの中では地味な存在だが、そこに全てを集約したい人にとっては「こんな地味さこそが心地よい!」と思え…

  7. […] 上のビデオを見ていただこう(なんとなく90年代初期ふうだが)。IBMがEvernoteのノートのようなものを提供するらしい。 […]

  8. […] 10. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2/22) […]

  9. […] 詳しくはTechCrunch JapaneseのEvernoteで自分の脳を拡張するをどうぞ。 app […]

  10. […] 9. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2/22) […]

  11. iPhone アプリ編:Evernote…

    これこそ、私がずっと求めていた PDA アプリケーションです!
    こういうメモ機能+情報整理機能のついたアプリケーションがほしかったのです!…

  12. […] エメリヤーエンコ・ヒョードル選手が大学を卒業したそうです.おめでとうございます.そしてこちらは彼が書いた絵だそうです.かわいい.(以上ニュースソース:S女史) ちなみにwikipediaによると彼の名前の表記にはこのようなエピソードがあって,人が彼を「ヒョードル」と呼ぶ時,知ってか知らずか親しみをこめて?ファーストネームで呼んでいることになるようです.そういえばwikipedia(ja)にも彼が大学で何を専攻していたかは載っていませんね. – Evernoteを試しに使い始めました.手書き文字とか,おいおい試してみようと思います. […]

  13. […] 10. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2/22) […]

  14. […] 原野を暫くさすらってやっと完璧な家に巡りあうアプリがある。「Evernote」にとって、その家はiPhoneだった。Evernoteはノート取り・写真撮影・音声録音・手書き認識ができるユニバーサルな記憶サービス。何年も前から開発が進められてきたもので、PC版はプライベートベータで今年2月にローンチした。だが、利用者急増は、iTunesストアで5月29日(米国時間)にiPhoneアプリをリリースしてからだ。 […]

  15. […] 同様の機能を提供するサイトにはGoogle Notebook、Evernote(TechCrunchでの記事はこちら)、SimplyBox、およびSnipdなど多数がひしめいている。また、それぞれのアイテムをサマンティック分類技術を用いて自動的にカテゴリ分けしてくれるウェブサービスのTwineもある。マイクロソフトのLabs TeamはFAQにて違いを説明している。 Thumbtackと同様の機能を持つアプリケーションは数多くありますが、いずれもリストを作ったり注釈を付けるためのものばかりです。Thumbtackはウェブ中から集めたコンテンツのリポジトリないし交差点として機能することを目指しています。つまり記録、リサーチ、共有や情報提供など、情報を集めた後に生ずるアクションに着目するものなのです。Thumbtackでは入力データを分析して自動的に分類したり、プログラムの学習機能を利用して構造を把握する面で非常に便利です… […]

  16. […] さらにはもう一歩踏み込んで、evernoteというサービスが登場しました。これは脳の外部化を明確に歌っています。 Evernoteで自分の脳を拡張する techcrunch […]

  17. […] 10.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2/22) […]

  18. […] EvernoteはわれわれのCrunchie賞にもノミネートされているスタートアップだが、ロシアの投資会社、Troika Dialogから$4.5M(450万ドル)の資金を調達したことが新年早々明らかになった。12月中旬のニュースでは、投資額は$5M(500万ドル)とされていたが、実際にはEvernoteはBラウンドを12月31日まで継続していた。 同社では依然としてさらに$3.5Mの投資を募集している。現在の資金でも2010年まで運営を続けることはできるそうだ。CEOのPhil Libinによると、12月の始めに流れた噂は大いに早まっている。われわれはまだ未解決の問題を抱えており、ラウンドの完了まだ保証されていない。Evernoteは写真やウェブ・ページを検索可能なノートに保存する。ユーザーは(少なくともキャッチフレーズによれば)、何事も絶対に忘れないようになる。昨年のローンチ以来、63万のユーザーが登録している。半分以上のユーザーはiPhoneからの利用だという。Libinは次のように新年の決意を述べている。2009年中に、200万ユーザーを獲得し、力のあるパートナーと提携し、ビジネスモデルを確立したい。最終目標は2010に黒字化を達成することだ。1年前に比べて、今後のインターネットでは「うまい話」の数は減るだろう。しかし長期的に見ればイノベーションは着実に進んでいくはずだ。調達された資金は、サポートする携帯の機種の拡大、多言語化、有料のプレミアサービスなどの開発に向けられるだろう。LibinがTechCrunchに投稿したElevator Pitchビデオ。 CrunchBase InformationEvernoteInformation provided by CrunchBase[原文へ](翻訳:Namekawa, U) ShowListings(“arc3”); ShowListings(“arc2”); AddClipsUrl = ‘http://jp.techcrunch.com/archives/evernote%e3%80%81%e6%ad%b3%e6%9c%ab%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%a7%e7%9b%ae%e5%87%ba%e3%81%9f%e3%81%8f45m%e8%aa%bf%e9%81%94/’; AddClipsTitle = ‘Evernote、歳末のラウンドで目出たく$4.5M調達’; AddClipsId = ‘2CBE02C952CFE’; AddClipsBcolor=’#78BE44′; AddClipsNcolor=’#D1E9C0′; AddClipsTcolor=’#666666′; AddClipsType=’1′; AddClipsVerticalAlign=’middle’; 前の投稿へ トラックバック […]

  19. […] techcrunch:Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) […]

  20. […] 私はTechCrunchさんの記事,Evernoteで自分の脳を拡張するを読んでちょっと使ってみたのが運の尽き.サイトやメニューは英語ですし,日本語完全対応でもないのですが,私の要望にぴったりだったために,使い始めてしばらくすると$45払ってPremiumのアカウントを獲ってしまいました. […]

  21. […] 10.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) (2008/2/22) […]

  22. […] EVERNOTEをよりよく知るための参考リンクEvernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) […]

  23. pligg.com より:

    Evernoteで自分の脳を拡張する…

    簡単にいえばバックアップアプリなんですが、外出先でとった写真の一部をタグ化したり録音した音声もタグ化して「脳を拡張」してくれます。もちろんPCと連携されいつでもどこでもそ…

  24. […] 10.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  25. […] 3.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  26. […] 登録ユーザー数が100万を超えるというのはどんなスタートアップにとっても重要なステップだ。少なくとも自分たちが正しい方向に向かっていることがわかる。Evernoteはウェブで発見した情報をメモのように簡単に記録したり、携帯で撮った写真をアップロードしたりできるサービスだが、数日前にユーザー数を100万の大台にのせた。2008年6月のローンチから約1年後、ユーザー数50万を記録してから半年後だった。Evernoteでは昨年末に$4.5M(450万ドル)の資金調達に成功している。 […]

  27. […] 登録ユーザー数が100万を超えるというのはどんなスタートアップにとっても重要なステップだ。少なくとも自分たちが正しい方向に向かっていることがわかる。Evernoteはウェブで発見した情報をメモのように簡単に記録したり、携帯で撮った写真をアップロードしたりできるサービスだが、数日前にユーザー数を100万の大台にのせた。2008年6月のローンチから約1年後、ユーザー数50万を記録してから半年後だった。Evernoteでは昨年末に$4.5M(450万ドル)の資金調達に成功している。 […]

  28. […] 7.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  29. […] 7.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  30. […] 俺も灼眼のシャナに一票。 【PC・ネット・デジモノ】 Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) […]

  31. […] 8.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  32. […] 7.Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)(2008/2/22) […]

  33. EvernoteとDropboxを使い分けるための3つのポイント…

    昨日待望のDropboxのiPhoneアプリがリリースされました。

    Dropbox機動画面です。

    今回iPhoneにDropboxをインストールするにあたり、DropboxとEvernoteの使い分けについてルールを決めました。ルールがないと2つのアプリの間を行ったり来たりしながらデータを探したりしそ…….

  34. リンク集:Evernoteを紹介している記事…

    Evernoteリンク集(3)
    Evernoteを紹介している記事をあつめてみました。Evernoteの機能概要や、世間の評判が分かるかと思います。

    たいてㅅ

  35. […] 6. Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) […]

  36. […] 誰もが何とかしたいと考えているものを挙げろと言われれば、いろいろな物事をしっかり記憶しておきたいということではなかろうか。この点で優れたアプリケーションを探してEvernoteに行き着く人が多い。iPhone、iPad、Android携帯、Blackberry、Windows PC、あるいはウェブベース等で動作する非常に優れたアプリケーションだ。そのEvernoteが、200万利用者までの100万利用者達成にかかった60%の時間で300万利用者獲得を達成した。最初の100万人獲得には447日かかり、100万から200万には222日、そして300万人到達の100万人獲得は134日で成し遂げた。 […]

  37. […] Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)ばevernoteがジオタグを付けてくれる。evernote上で画像やノートに手動でタグを付けることもできる。libinが次のように話している。 私にとってカメラ付携帯の新しい使い方です。覚えておきたいと思ったら、いつでも写真を撮ります。とうとうレシートまで撮…はてなブックマークより […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在396人フォロワーがいます。